循環器内科

循環器内科について

スタッフ紹介

診療部長(病棟管理担当)
循環器内科 診療科長
臨床研究センター
展開医療研究部 主任研究員
あかお まさはる
赤尾 昌治

◆経歴
平成3年 京都大学卒業
平成11年 京都大学大学院修了
静岡市立静岡病院循環器科にて研修を積み、京都大学大学院と米国Johns Hopkins大学で研究生活を送り、京都大学循環器内科にて7年間勤務したあと、平成21年に着任。

◆専門分野・得意疾患
心房細動、不整脈、臨床疫学

◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会認定循環器専門医、社員、近畿支部評議員、FJCS会員
日本内科学会認定内科医、指導医、近畿支部評議員
日本不整脈心電学会評議員
日本心血管脳卒中学会評議員
京都大学臨床教授、非常勤講師
欧州心臓学会(ESC)、FESC会員
米国心臓協会(AHA)、日本心臓病学会
京都大学医学博士
京都府医師会学術・生涯教育委員

-ひとこと-
京都医療センターに着任してから10年が経ちました。伏見区の患者さんや伏見医師会の先生方に多くのことを教えていただき、また人柄も実力も最高の同僚たちに囲まれて、ここで仕事をさせて頂けることの幸せを日々噛みしめながら、充実した日々を送っております。「Fushimi」の名前を冠した臨床研究が、図らずも全国区の知名度を得るまでに成長し、今年に発刊された日本循環器学会の診療ガイドラインにもその成果が多数引用されて、わが国の医療の進歩に微力ながら貢献できたと思っています。ここ伏見の地で、生涯を捧げるライフワークと出会えたことに感謝し、この地に一層の愛着を感じています。 自分が医師になった頃と比べると、医療の進歩は本当に目覚ましいものがあります。しかし、そのぶん医療の限界もまた明らかになってきているようにも思います。医療の本質は,人間関係にあります。この先生に出会えてよかった、この先生に診てもらえてよかった、そう思ってもらえるような医療を提供できるよう、日々研鑽を重ねる決意です。
新型コロナのせいで、あらゆる出張や会合がキャンセルになり、そのうえ行きつけのジムまで閉まってしまい、ひたすら犬の散歩で気分を紛らわせております。なんとか一日も早く感染拡大が終息し、皆様にも普段の日常が戻ることを祈ります。

循環器内科医長・カテ室チーフ
医療安全管理副部長
臨床研究センター
展開医療研究部 研究員
あべ みつる
阿部 充

◆経歴
平成7年 京都大学卒業
平成16年 京都大学大学院修了
京都医療センター(旧国立京都病院)と三菱京都病院にて研修を積み、京都大学大学院で研究生活を送りました。京都大学循環器内科や国立循環器病センターに勤務し、現職。

◆専門分野・得意疾患
心臓カテーテル検査・治療、造影剤腎症、医学統計

◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)専門医、指導医、代議員
米国心臓協会(AHA)、日本心臓病学会、日本動脈硬化学会、日本高血圧学会
京都大学医学博士

-ひとこと-
2009年7月から当院勤務となり、伏見医師会の先生方に支えられながら10年が経過しました。心臓カテーテル室のチーフとして、“日本一”安全かつ確実な検査及び治療を目指して、スタッフの助けを借りて日々頑張っております。
心臓のカテーテルというと、痛い、怖いという印象があると思いますが、実際の痛みは最初の管を入れるときくらいで、緊急を除けば大きな合併症が起こることも稀です。わからない点があれば、質問に丁寧に回答するように心がけております。今後も患者さんを通して学び、患者さんや他の医療機関の皆さんから信頼されるように努力します。
学生時代はバックパッカーでした。中国西域、インド、ネパール、トルコ、シリア、ヨルダン、エジプト、スペイン、モロッコ等を放浪しました。田舎育ちで小動物をずっと飼っていたので、今は鴨川で捕まえた”スッポン”を10年飼っていますが、食べる予定はありません。

循環器内科院内医長
病棟医長
リスクマネージャー
臨床研究センター
展開医療研究部 研究員
ますなが のぶとよ
益永 信豊

◆経歴
平成12年 京都大学医学部卒業

◆専門分野・得意疾患
冠動脈カテーテル治療、末梢動脈カテーテル治療、大動脈ステントグラフト治療

◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会循環器専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医
腹部大動脈ステントグラフト実施医
日本心臓病学会、日本糖尿病学会

-ひとこと-

2009年から当院でお世話になっています。冠動脈や下肢動脈に対するカテーテル治療、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療などの血管内治療を専門としております。日々進歩する医療をしっかり勉強して、患者さんの健康に還元できるように努力していきたいと考えていますのでよろしくお願いします。
患者さんの健康を守るためにはまず自分の健康からと考えてランニングをしていましたが、最近はあまりできておりません。少しずつ体を動かしてマラソンに出場できるような体力を整えていきたいと考えています。(写真は初めてマラソンに参加した赤穂義士マラソンの時のものです。)

循環器内科院内医長
不整脈チーフ
臨床研究センター
展開医療研究部 研究員
おがわ ひさし
小川 尚

◆経歴
平成11年 大阪医科大学医学部卒業
平成11年 京都大学医学部付属病院
平成12年 国立京都病院
平成28年University of Birmingham Institute of Cardiovascular Science

◆専門分野・得意疾患
不整脈、電気生理、カテーテルアブレーション治療、デバイス治療

◆認定医・専門医・所属学会など
日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
日本不整脈心電学会不整脈専門医
植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了
アメリカ心臓協会(AHA)
ヨーロッパ心臓病学会(ESC)
ヨーロッパ不整脈学会(EHRS)

-ひとこと-
医師免許を取得してちょうど20年が経ちました。研修医の頃20年目の先生をみていてすごいなあ、と思っていたのですが、自分がそうなるとはびっくりです。自分が医学生だった頃の常識が、今となっては非常識になっているのが、医学の世界ですのでこれからも引き続き日々努力して、新しいことを勉強して治療に取り入れたいと思っており、さらに学会や論文発表をしていき医学の進歩にお役にたてればと、決意をあらたにしたいと思います。
趣味は電気工作で簡単な電子機器からPCなどバラしたり、ハンダ付けして組み立てたり、たまに直したりするのが好きです。近年はもっぱらPCの調子が悪くなったらパーツを交換する程度で、ハードウェアをいじることが段々少なくなって寂しい日々を暮らしていますが、ソフトウェアができるようになりたいなと、プログラミングの本に目を通したりしています。

循環器内科医師
臨床研究センター
展開医療研究部  研究員
いぐち もりたけ
井口 守丈

◆経歴
平成13年 京都大学卒業、
平成22年 京都大学大学院修了
静岡市立静岡病院循環器科にて研修を積み、京都大学大学院で研究生活を送った後、現職。

◆専門分野・得意疾患
心不全、循環器領域の画像診断

◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会総合内科専門医、指導医
超音波専門医
京都大学医学博士
心臓リハビリテーション指導士
日本心不全学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本心エコー図学会、
SCCT研究会、アメリカ心臓協会(AHA)、ヨーロッパ心臓病学会(ESC)

-ひとこと-
心不全チーフとして、心不全チームの皆と協力して、心不全の診療をしています。心不全では入退院を繰り返すことが大きな問題となっていますが、”再入院を減らす”を合言葉に、チーム一丸となり、一人一人の患者さんに丁寧に対応していくことを常に心がけていきたいと思っております。
心不全はここ10年で大きく変わってきた気がします。多くの患者さんにご協力いただきました心不全の臨床研究もデータがそろってまいりましたので、成果を皆様に還元できるようにデータの解析・発表も充実させていきたいと思います。
心不全の診療では特に地域の支えが大事だと痛切に感じております。地域の皆様としっかり連携をとって、少しでも皆様のお役にたれるよう精進していきたいと思います。

循環器内科医師
臨床研究センター
展開医療研究部 研究員
いしい みつる
石井 充

◆経歴
平成16年 京都大学卒業、滋賀県立成人病センターで初期研修、循環器内科後期研修を行い、平成22年京都医療センター赴任
◆専門分野・得意疾患
狭心症・心筋梗塞・閉塞性動脈硬化症などのインターベンション、循環器全般
◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本心臓病学会
JMECC アシスタントインストラクター、ICLSインストラクター

-ひとこと-
今年で医師17年目になりました。良い上司と後輩に恵まれ、充実した環境で診療にあたっております。
わたくし自身は、特にカテーテル治療を専門として狭心症・心筋梗塞・下肢閉塞性動脈硬化症などを扱っておりますが、心不全や不整脈・肺塞栓など重症疾患も含め循環器診療全般を担当しております。また、来年度稼働予定のハイブリッド手術室での、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)の治療にも積極的に取り組む予定です。
少しでも多くの患者さんが元気になってもらえ、地域の先生方にも信頼頂けるように、日々診療に全力で励んでおります。同時に学会での発表や論文作成など、学術面にも力を入れ、医療の進歩に少しでも役に立ちたいと考えております。
臨床と研究に時間を取られ、運動不足になりがちですので、今年からジムに通い始めました。4月現在は世界的大流行に伴い休止中ですが、体力面も落とさないように注意しながら、いつでも救急に対応出来るように準備万端にしています。循環器疾患を疑う患者様がおられましたらいつでもご連絡下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。

循環器内科医師
臨床研究センター
展開医療研究部 研究員
あん よしもり
安 珍守

◆経歴
平成17年 京都大学医学部 卒業
神戸市立医療センター中央市民病院で、心エコー図を中心に循環器全般に関して研鑽を積む。その後、小倉記念病院にて多数の心臓カテーテル治療に携わり、特にカテーテルアブレーション治療、心臓デバイス手術を通じて不整脈診療を専門として勤務し、平成27年より現職。

◆専門分野・得意疾患
心臓カテーテル治療、不整脈、カテーテルアブレーション治療、心臓デバイス手術

◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)認定医
植え込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修修了
日本不整脈学会心電図学会 認定不整脈専門医
経皮的リード抜去術者認定
日本心エコー図学会
京都大学 医学博士

-ひとこと-
当院に赴任して6年目になりました。心房細動を含めた不整脈に対する治療、特に、カテーテルアブレーション治療を担当しております。治療を受けた患者さまが退院後の外来で、「動悸がウソみたいになくなって、楽になりました!」と言われるのを聞けると、この治療を担当させて頂いている幸せを感じます。心臓の脈の乱れでお困りの方は、私の火曜日の外来をご受診頂ければ、治療について提示させて頂きます。
最近は、引っ越しをして通勤方法が変わり、JR藤森駅から病院まで歩くことになりました。思っていたより、駅からの距離も遠くはないですし、京阪電車とJRの沿線に病院があって有難いな、と今更ながら思いました。通勤で毎日歩いていると、体型維持にも良さそうです。

循環器内科医師
臨床研究センター
展開医療研究部 研究員
ふじの あきこ
藤野 明子

◆経歴
平成19年 福井大学卒業
国立循環器病研究センター、東宝塚さとう病院、米国Columbia University Medical Center/Cardiovascular Research Foundationでの勤務を経て、平成31年より現職

◆専門分野・得意疾患
狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患(特に、血管内超音波や光干渉断層法を用いた冠動脈血管内イメージング)

◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
兵庫医科大学 医学博士

-ひとこと-
医師となってから10年間循環器診療に従事したのち米国留学の機会に恵まれ、2016年から3年間、冠動脈疾患の血管内イメージングに関する研究に取り組んでまいりました。血管内超音波や光干渉断層法等の血管内イメージングは、カテーテル治療を安全、確実に行ううえで欠かせない検査で、治療対象となる病変を血管の内側から詳細に観察することで、より正確な病態の把握やよりよい治療方針の決定に役立てられています。
昨年より当院へ赴任し、狭心症や心筋梗塞等の冠動脈疾患を中心に診療を行っております。患者様や地域の先生方のお役に立てるよう、いっそうの研鑽を積んでまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
昨年は産後ダイエットに取り組み、1年間で6㎏の減量に成功しました。ひきつづき食べ過ぎに気をつけながら、仕事に母親業に力を尽くしたいと思います。

循環器内科医師
いで ゆうや
井手 裕也

◆経歴
平成20年京都大学卒業。
平成20年~平成25年まで神戸市立医療センター中央市民病院で初期研修および循環器内科専攻医として循環器診療全般にわたり研鑽をつみました。
平成25年~平成29年まで京都大学大学院、平成29年~令和2年まで京都大学医学部附属病院・先制医療生活習慣病研究センターに所属し、主として虚血性心疾患に対する基礎研究および循環器内科検診業務に従事していました。
令和2年~現職。

◆専門分野・得意疾患
循環器内科一般

◆認定医・専門医・所属学会など
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本循環器学会
京都大学 医学博士

-ひとこと-
3年間の循環器内科研修ののちに大学では虚血性心疾患に対する研究を主として行い、今年度より当院で循環器内科医として赴任させていただくことになりました。すばらしいスタッフの方々に囲まれたすばらしい環境の中で新たな気持ちで診療に当たれることを大変うれしく思っております。
研究を行っていた虚血性心疾患をはじめ、循環器内科疾患に対して幅広く診療を行って参りたいと考えております。まだまだ不慣れなことも多いとは思いますが、受診される患者様の笑顔がみられるよう、日々循環器内科医として研鑽を積んで参ります。どうぞよろしくお願いします。

循環器内科医師
臨床研究センター
展開医療研究部 研究員
はまたに やすひろ
濱谷 康弘

◆経歴
平成22年京都大学卒業
京都医療センターで初期研修医、循環器内科後期研修医として研修を積み。その後国立循環器病研究センター心臓血管内科心不全科の専門修練医、スタッフとして修練し、令和元年より現職。

◆専門分野・得意疾患
心不全、心筋症、緩和ケア、心エコー(経食道心エコー・負荷エコー)

◆認定医・専門医・所属学会など
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心エコー図学会 SHD心エコー図認証医
ASD治療TEE認証医
日本心臓病学会、日本心不全学会、日本超音波学会、日本心血管インターベンション治療学会
京都大学 医学博士

-ひとこと-
今年で医師11年目になりました。京都医療センターでは、心不全診療を中心に、心筋症や心エコー、緩和ケアなどの部門を主体となって担当させて頂き、素晴らしいメンバーにも恵まれて、とても充実したやりがいのある毎日を過ごしています。趣味は休日にカフェで勉強することでしたが、今年は待望の第一子が誕生したので、最近の休日は育児に奮闘しています。論文を読む時間は減りましたが、それでも充実した毎日です。

医師になって10年以上経ちましたが、改めて患者さんや、ひいては医療全体に貢献できるように、何事にも真摯に取り組みたいと思っています。そして、「医療従事者は日々勉強が大切」をモットーに、臨床・研究・教育ともに精進し、一緒に働くスタッフとともに助け合いながら成長していきたいと考えています。

循環器内科医師
どい こうすけ
土井 康佑

◆経歴
平成26年 岡山大学卒
奈良の天理よろづ相談所病院で初期研修を送り、平成28年より現職

◆専門分野・得意疾患
心臓カテーテル検査・治療・循環器全般

◆認定医・専門医・所属学会など
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会 (CVIT)

-ひとこと-
当院に赴任して5年目となりました。循環器内科のスタッフとして、最新の知識・技術の勉強や研鑽に励み、先輩方から教わりつつも自分も後進を指導する立場としての自覚を持って日々働いております。臨床面では昨年度は基本に忠実に足場を固めるような印象でしたので、今年度は新たな領域へのチャレンジもと考えております。研究では当科の代名詞ともいえる臨床研究のFushimi-AF registryのサブ解析の論文を書き、無事に循環器学会誌に掲載していただくこととなり、嬉しい思いです。
昨今のコロナウイルス感染拡大の影響で、オリンピックやプロスポーツ、高校野球などが軒並み中止となり、旅行にも行けず悲しい思いをしております。我々も他人ごとではありませんが、一刻も早くこの事態が終息することを願っております。

循環器内科医師
いけだ しゅうへい
池田 周平

◆経歴
平成27年3月に大阪医科大学を卒業。
卒業後より当院で初期研修を行い、平成29年度より現職。

◆専門分野・得意疾患
循環器内科一般

◆認定医・専門医・所属学会など
日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)

-ひとこと-
初期研修医、循環器内科専修医として学ばせていただいた当院で、今年度より循環器内科スタッフとして働かせていただくこととなりました。嬉しく感じるとともに、初心を忘れずに、地域の皆様の健康の一助となれるよう、日々精進して参ります。
「病院に行く」というのは、決して気分の良いものではないかもしれません。しかし、そういった気持ちをすこしでも和らげることができるような、丁寧な対応を心がけています。循環器疾患に関する症状はもちろん、健康に関して不安に感じることなど、一緒に解決していきましょう。
個人的には、今年度は車の運転を練習したいなと考えています。大学生時代に取得してから、身分証明の時しか活躍できていない我がゴールド免許に、なんとか日の目を見せてあげられるようにしたいものです。

循環器内科専修医
いしがみ けんじろう
石上 健二郎

◆経歴
平成28年 大阪医科大学卒業
  同年 城山病院(大阪府羽曳野市)で初期研修
平成30年 京都医療センター
     三菱京都病院 院外研修 '19/10~'20/03

◆専門分野・得意疾患
循環器内科一般

◆認定医・専門医・所属学会など
日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)

-ひとこと-
平成30年より当院に赴任し、早いもので後期研修医は3年目となりました。医師5年目となりました。現在は内科専攻医という立場で、内科を研修しつつ、循環器内科に従事させていただいております。令和1年9月から半年間は桂にある三菱京都病院で半年間研修をさせていただき、4月より当院に戻ってまいりました。
入院されたり、救急で当院を受診されても「この先生に会えて良かった」と言っていただけるような、医師になれるように日々精進して参りますのでよろしくお願いいたします。
京都はようやく慣れてきまして、趣味の弓道や運動不足の解消もかねてランニング等も始めてみたいなと思っていますが、この時期は自粛で難しいと思います。
患者さん方も不安かと思いますが、みんなで頑張っていきましょう!

総合リハビリテーション科医長
なかじま やすよ
中島 康代

◆経歴
昭和60年 高知医科大学卒業
平成7年 京都大学大学院修了
高知医科大学付属病院、高知県立総合病院で研修後、国立京都病院循環器科レジデント、京都大学大学院終了後京都大学老年科、人工腎の医員を経て京都医療センター循環器科で循環器疾患、腎臓疾患、救急医療に携わる。
平成23年心臓リハビリテーション開始に伴い現職

◆専門分野・得意疾患
循環器一般、心臓リハビリテーション

◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科医、指導医
日本内科学会総合内科専門医
リハビビテーション学会認定医
心臓リハビリテーション指導士
京都大学医学博士

-ひとこと-
心臓リハビリテーションを通して退院後も以前と変わらない生活が維持できるように、お手伝いしています。また、心不全の再発・再入院を予防(二次予防)するために心臓リハビリチームも循環器内科の心不全チームに合流して一体となって活動しています。
リハビリテーション医学に携わるようになってつくづく感じていることは「栄養」の大切さです。毎日きちんと服薬をすることも大事ですがそれに劣らずバランスのとれた日々の食事が重要であると感じています。「医食同源」これを皆さんに具体的に伝えていくためにはどうしたらいいか?そんなことを考えている今日この頃です。

臨床研究センター
展開医療研究部長
(循環器内科外来・禁煙外来担当)
はせがわ こうじ
長谷川 浩二

◆経歴
昭和60年 京都大学卒業
平成5年 京都大学大学院修了
心臓カテーテルで有名な小倉記念病院循環器科にて研修を積み、京都大学大学院と米国Albert Einstein 大学で研究生活を送り、京都大学循環器内科にて7年間勤務したあと、平成15年より現職。

◆専門分野・得意疾患
心不全、虚血性心疾患、心血管危険因子管理・特に禁煙指導、心血管展開医療研究

◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科専門医、指導医、近畿支部評議員
米国心臓協会(AHA)専門医、米国心臓病学会専門医(FACC)
日本禁煙科学会認定上級禁煙支援医、日本禁煙科学会治療分科会長
国立病院機構ネットワーク臨床共同研究 循環器領域リーダー
国際心血管薬物療法学会(ISCP)元理事長
認定NPO法人日本心血管協会(JCVA)理事長
世界心臓連合(WHF)タバコ専門家グループ(TEG)委員
評議員:日本臨床分子医学会、日本心不全学会、日本心血管内分泌学会、国際心臓研究学会(ISHR)
京都大学医学博士
京都大学非常勤講師
静岡県立大学客員教授

-ひとこと-
これまで、心臓カテーテルのトレーニングに始まり、京都大学では心臓病理を勉強し、アメリカ留学中には心臓分子生物学の研究を、再度 京都大学に戻って心不全の研究を行ってきました。また当院に来てからは心血管危険因子、特に禁煙に力をいれています。いろいろなことを学んできましたので、循環器疾患を360度 様々な角度から視ることができるようになりました。患者さんの生活の質、予後、将来を第一に考えた医療ができるようになったのではと自負しています。またこれまで行ってきた研究成果を患者の皆さんのためになるように還元して、国民の健康と福祉に寄与して行きたいと考えています。

臨床研究センター
展開医療研究部 研究室長
(先端医療技術開発)
わだ ひろみち
和田 啓道

◆経歴
平成6年 京都大学卒業
平成14年 京都大学大学院修了
京大病院、日赤和歌山医療センターで内科、循環器の臨床研修後、京都大学大学院で学位取得。平成14年からベルギー王国、ルーヴァン大学に留学(日本学術振興会海外特別研究員)。平成17年から京都医療センター臨床研究センター研究員、平成18年から現職。

◆専門分野・得意疾患
予防医学、危険因子、臨床研究、バイオマーカー

◆認定医・専門医・所属学会など
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科医、指導医
米国心臓協会(AHA)、ヨーロッパ心臓学会 (ESC)、日本動脈硬化学会
京都大学医学博士

-ひとこと-
ベルギー留学から帰国して京都医療センターに赴任してから早いもので15年がたちました。臨床研究センターでは、心臓カテーテル検査を受けられた冠動脈疾患(疑)患者を対象とした2つの全国規模の多施設共同コホート研究を行い、冠動脈疾患の方の死亡リスクを血液検査で簡単に予測する方法の開発に取り組んできました。2500名以上を登録したひとつめのコホート研究については、昨年、6年間の追跡調査を完了しました。これまでに2報の論文が国際誌に採択されています。さらに大きな3300人以上を登録した2つめのコホート研究も順調に追跡調査を続けており、今年度中に3年間の短期追跡結果を学会報告する予定です。
外来診療では、上記の研究成果を生かしながら、病診連携を重視して、心筋梗塞や脳卒中の予防に努めています。これからも診療と研究の両面から医療の進歩に貢献できるように精進していきたいと思います。

研究の詳細は下記をご参照ください
https://kyoto.hosp.go.jp/
html/guide/medicalinfo/
clinicalresearch/expand/
translational.html

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス