京都医療センター

院長あいさつ

10月を迎えて


院長 小池 薫

 空が澄み清々しい秋を感じる頃となりましたが、皆さまにおかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。食欲の秋、実りの秋、スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋など、秋は気候も過ごしやすく、食べ物もおいしい時期です。いろいろなことに打ち込める、挑戦できる絶好の季節の到来です。ところが秋は、気候変動や異常気象による急な気温の上昇・低下や、台風による気圧変化から体調を崩しやすい季節でもあります。

 このような秋を上手に過ごすには、
1)天気予報を確認して、気温や天候に合った衣服や布団を選ぶ
2)暑い日は水分摂取を怠らない、一方、冷たい物の取り過ぎにも注意する
3)栄養バランスを整えて、食べ過ぎやお酒の飲み過ぎには注意する
4)シャワーだけでなく、湯船につかって冷えを癒やす
5)睡眠時間をしっかり取って、グッスリ眠る
6)適度な運動で血行を良くする
ことなどが大切になります。健康に気を配り、この秋も元気に過ごしましょう。

 さて、新型コロナウイルスの第7波の流行はひとまず峠を越えました。しかし世界では今も至るところで悲しい出来事が起こっています。私たち京都医療センターの職員は、これからも日本と世界の平和を祈りながら、この街の医療をささえてまいります。今後とも本院に対して一層のご愛顧とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

令和4年10月1日

国立病院機構 京都医療センター
院長 小池 薫