京都医療センター

院長あいさつ

7月を迎えて


院長 小池 薫

 いよいよ夏の到来を迎えましたが、皆さまにおかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。気象庁によりますと、今年の暑さは厳重警戒レベルとのことですので、熱中症に対する十分な対策が必要です。
 「水分を」こまめに摂ろう、「塩分を」ほどよく摂ろう、「睡眠環境を」快適に保とう、「気温と湿度を」いつも気にしよう、「室内を」涼しくしよう、「衣服を」工夫しよう、「日ざしを」よけよう、「冷却グッズを」身につけよう、「飲み物を」持ち歩こう、「休憩を」こまめに取ろう、「熱中症指数を」気にしよう、などが大切なキーワードになります。上手に熱中症対策を取り入れ、この夏を乗り切りましょう。
 世界では現在、至るところで悲しい出来事が起こっています。そして国内ではまだまだ新型コロナウイルスに対する注意を怠ることができません。私たち京都医療センターの職員は、これからも世界平和を祈りながら、この街の医療をささえるために頑張ってまいります。今後とも本院に対して一層のご愛顧とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

令和4年7月1日

国立病院機構 京都医療センター
院長 小池 薫