外科

外科について

専門性が高く、高度で安全な外科治療を行います

特色・取り組み

  1. 消化器がんや乳がんなど悪性腫瘍の外科治療を中心に行っています。臓器別(上部消化管・下部消化管・肝胆膵・乳腺)に専門医がおり、高度で安全な外科手術を行っています。
  2. 腹腔鏡手術を始めとした低侵襲な手術(体への負担が少ない手術)を積極的に行なっている一方、高度進行がんに対しては、必要に応じて拡大手術を行い、抗がん剤や放射線を併用した集学的治療を行っています。
  3. 外科医、消化器内科医、放射線科医、腫瘍内科医、病理医が協議して治療方針を検討しています。

診療内容

消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、胆嚢がん、胆管がん、膵臓がん)や乳がんを中心とし、腹部良性疾患、肛門疾患や腹部救急疾患の外科治療を行っております。
個々の疾患につきましては、以下のリンクをご参照ください。

● 取り扱い疾患

  1. 食道がん
  2. 胃がん
  3. 大腸がん
  4. 肝臓がん
  5. 胆道がん(胆嚢がん、胆管がん)
  6. 膵臓がん
  7. 乳がん
  8. 胆嚢良性疾患(胆石ほか)
  9. 鼠径ヘルニア
  10. 古くて新しい!「メッシュをいれない」鼠経(そけい)ヘルニア(脱腸)手術
  11. 鼠径ヘルニア術後慢性疼痛
  12. 肛門疾患
  13. 腹部救急疾患

※ 各疾患についての詳しい情報は、疾患名のリンクをクリックしてください。

»»低侵襲手術(腹腔鏡手術)のご案内

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス