当院のご案内

内分泌代謝高血圧研究部

メンバー                            

内分泌代謝高血圧研究部長 浅原 哲子(旧姓 佐藤) Noriko Satoh-Asahara
 (併任 高血圧研究室 研究室長)
研究室長(臨床内分泌代謝[専任]) 日下部 徹 Toru Kusakabe
流動研究員 井上 隆之 Takayuki Inoue
主任研究員 山陰 一 Hajime Yamakage
研究補助員 村中 和哉 Kazuya Muranaka
研究室長(分子内分泌代謝) 田上 哲也 Tetuya Tagami
 (併任 診療部長・診療科長)
研究室長(内分泌系腫瘍) 奥野 博 Hiroshi Okuno
 (併任 泌尿器科医長)
研究室長(臨床疫学情報) 小山 弘 Hiroshi Koyama
 (併任 教育研修部長)
研究員 山口 建 Ken Yamaguchi
 (併任 産科婦人科病棟医長)
研究員 和田 美智子 Michiko Wada
 (紀南病院 産婦人科医長)
研究員 橋本 有紀子 Yukiko Hashimoto
 (併任 小児科医師)
研究員 阿水 利沙 Risa Asui
 (併任 北野病院小児科 医師)
研究員 瀬田 公一 Koichi Seta
 (併任 腎臓内科医長)
研究員 小鳥 真司 Shinji Odori
 (併任 糖尿病内科医員)
研究員 黒田 昌志 Masashi Kuroda
 (併任 放射線科医師)
研究員 三品 睦輝 Mutuki Mishina
 (併任 泌尿器科医長)
研究員 馬越 洋宜 Hironobu Umakoshi
 (併任 九州大学第三内科)
研究員 江本 郁子 Ikuko Emoto
 (併任 産婦人科医師)
研究員 小笠原 辰樹 Tatsuki Ogasawara
 (京都大学大学院 医学研究科 腫瘍生物学講座)
研究員 中谷 理恵子 Rieko Nakatani
 (大阪大学大学院医学研究科 内分泌・代謝内科学)
研究員 岩下 寿子 Toshiko Iwashita
 (木下レディースクリニック 副院長)
研究員 山本 裕之 Hiroyuki Yamamoto
 (武庫川女子大学 薬学部)
研究員 垣田 真以子 Maiko Kakita
 (関西医科大学大学院医学研究科 産科学・婦人科学講座)
研究員 井上 真由美 Mayumi Inoue
 (京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学 特定教授)
研究員 姫野 亜紀裕 Akihiro Himeno
 (八女発心会姫野病院 院長)
客員部長 小川 佳宏 Yoshihiro Ogawa
 (院外 東京医科歯科大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・代謝内科 教授)
客員室長 臼井 健 Takeshi Usui
 (院外 静岡県立総合病院 遺伝子診療科 部長)
客員研究員 田中 将志 Masashi Tanaka
 (院外 健康科学大学 健康科学部 理学療法学科 講師)
客員研究員 北野 隆司 Ryuji Kitano
 (院外 東京農工大学 大学院農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室)
客員研究員 川崎 薫 Kaoru Kawasaki
客員研究員 森山 賢治 Kenji Moriyama
 (武庫川女子大学薬学部 教授)
研究補助員 池上 健太郎 Kentaro Ikeue
研究補助員 赤松 裕訓 Yasunori Akamatsu
研究補助員 白岩 千菜美 Chinami Shiraiwa
研究補助員 柏原 麻希 Maki Kashiwabara
秘書 永岡 雅子 Masako Nagaoka
秘書 亀井 依子 Yoriko Kamei
秘書 武田 由美子 Yumiko Takeda
     
   (お問い合わせは nsatoh@kuhp.kyoto-u.ac.jp まで)

 

最新情報                          

2019.12 武田薬品工業株式会社タケダ・リサーチレポートに採択されました!
(浅原哲子)

「炎症担当細胞(単球、マクロファージやミクログリア)を標的とした糖尿病・肥満に伴う認知機能低下の新規治療戦略の開発」

2019.12 持田製薬工業株式会社奨学寄附金に採択されました!
(浅原哲子)

「単球・ミクログリア機能改善を標的とした肥満・糖尿病合併症認知症の新規予知指標・治療戦略の開発に対する研究助成」

2019.12 帝人ファーマ株式会社医学・薬学に関する研究活動への支援に採択されました!
(浅原哲子)

「肥満症における心血管病、慢性腎臓病危険因子としての高尿酸血症の意義」

2019.12 日本イーライリリー株式会社研究助成に採択されました!
(浅原哲子)

「糖尿病・肥満に伴う認知機能低下におけるインクレチンシグナルの機能的意義の解明-ミクログリア細胞活性化抑制効果-」

2019.11 J Endocr Socに論文が掲載されました!

Tagami T, Hiroshima-Hamanaka K, Umakoshi H, Tsuiki-Naruse M, Kusakabe T, Satoh-Asahara N, Shimatsu A, Moriyama K. Experimental Reproduction of Dynamic Fluctuation of TSH Receptor-Binding Antibodies Between Stimulation and Inhibition. J Endocr Soc, 3(12):2361-2373, 2019.

2019.11 Clin Exp Nephrolに論文が受理されました!

Kasahara M, Kuwabara Y, Moriyama T, Tanabe K, Satoh-Asahara N, Katsuya T, Hiramitsu S, Shimada H, Sato T, Saito Y, Nakagawa T. Intensive uric acid-lowering therapy in CKD patients: the protocol for a randomized controlled trial. Clin Exp Nephrol, in press.

2019.11 J Diabetes Investigに論文が受理されました!

Yamakage H, Tanaka M, Inoue T, Odori S, Kusakabe T, Satoh-Asahara N. Effects of dapagliflozin on the serum levels of fibroblast growth factor 21 and myokines and muscle mass in Japanese patients with type 2 diabetes: a randomized, controlled trial. J Diabetes Investig, in press.

2019.11 Diabetes Resに論文が受理されました!

Funamoto M, Shimizu K, Sunagawa Y, Katanasaka Y, Miyazaki Y, Kakeya H, Yamakage H, Satoh-Asahara N, Wada H, Hasegawa K, Morimoto T. Effects of Highly Absorbable Curcumin in Patients with Impaired Glucose Tolerance and Non-Insulin Dependent Diabetes Mellitus, J Diabetes Res, in press.

2019.11 Diabetes Therに論文が受理されました!

Son C, Kasahara M, Tanaka T, Satoh-Asahara N, Kusakabe T, Nishimura K, Miyamoto Y, Kasama S, Hosoda K. Rationale, Design, and Methods of the Study of Comparison of Canagliflozin vs. Teneligliptin Against Basic Metabolic Risks in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus (CANTABILE study): Protocol for a Randomized, Parallel-Group Comparison Trial. Diabetes Ther, in press.

2019.11 Proc Natl Acad Sci U S Aに論文が掲載されました!

Miyamoto J, Ohue-Kitanoa R, Mukouyama H, Nishida A, Watanabe K, Igarashi M, Irie J, Tsujimoto G, Satoh-Asahara N, Itoh H, Kimuraa I. Ketone body receptor GPR43 regulates lipid metabolism under ketogenic conditions. Proc Natl Acad Sci U S A, 116(47):23813-23821, 2019.

2019.10 Circ Repに論文が受理されました!

Funamoto M, Shimizu K, Sunagawa Y, Katanasaka Y, Miyazaki Y, Komiyama, M, Yamakage H, Satoh-Asahara N, Takahashi Y, Wada H, Hasegawa K, Morimoto T. Serum Levels of Cystatin C, a Sensitive Marker of Renal Function and Cardiovascular Disease, Decrease after Smoking Cessation. Circ Rep, in press.

2019.10 Am J Cardiovasc Drugsに論文が受理されました!

Ono K, Wada H, Satoh-Asahara N, Inoue H, Uehara K, Funada J, Ogo A, Takahiro H, Fujita M, Shimatsu A, Hasegawa K. Effects of metformin on left ventricular size and function in hypertensive patients withtype 2 diabetes mellitus: results of a randomized, controlled, multicentre, Phase IV trial. Am J Cardiovasc Drugs, in press.

2019.10 日下部徹先生がKBS京都「news フェイス」に出演しました!

「news フェイス」 KBS京都、 2019年10月16日

2019.10 Clin Endocrinol (Oxf)に論文が掲載されました!

Kaneko H, Umakoshi H, Ishihara Y, Sugawa T, Nanba K, Tsuiki M, Kusakabe T, Satoh-Asahara N, Yasoda A, Tagami T. Seated Saline Infusion Test in Predicting Subtype Diagnosis of Primary Aldosteronism. Clin Endocrinol (Oxf), 91(6):737-742.

2019.9 J Neurosurgに論文が受理されました!

Fukuda M, Fukuda S, Ando J, Yamamoto K, Yonemoto N, Suzuki T, Niwa Y, Inoue T, Satoh-Asahara N, Hasegawa K, Shimatsu A, Tsukahara T. Disruption of P2X4 Purinoceptor Suppresses the Inflammation Associated with Cerebral Aneurysm Formation. J Neurosurg, in press.

2019.9 Intern Medに論文が受理されました!

Tanaka M, Yamakage H, Inoue T, Odori S, Kusakabe T, Shimatsu A, Satoh-Asahara N. Beneficial Effects of Ipragliflozin on the Renal Function and Serum Uric Acid Levels in Japanese Patients with Type 2 Diabetes: A Randomized, 12-Week, Open-Label, Active-Controlled Trial. Intern Med, in press.

2019.5 Cellsに論文が掲載されました!

Inoue T, Yamakage H, Tanaka M, Kusakabe T, Shimatsu A, Satoh-Asahara N. Oxytocin Suppresses Inflammatory Responses Induced by Lipopolysaccharide through Inhibition of the eIF-2-ATF4 Pathway in Mouse Microglia. Cells 8(6). pii: E527, 2019.

2019.4 Int J Mol Sciに論文が掲載されました!

Tanaka M, Saito S, Inoue T, Satoh-Asahara N, Ihara M. Novel Therapeutic Potentials of Taxifolin for Amyloid-β-associated Neurodegenerative Diseases and Other Diseases: Recent Advances and Future Perspectives. Int J Mol Sci 20(9). pii: E2139, 2019.

2019.4 Diabetes Metabに論文が掲載されました!

Tanaka M, Yamakage H, Masuda S, Inoue T, Ohue-Kitano R, Araki R, Matoba Y, Saito M, Nagaoka T, Yonezawa K, Tanaka T, Suzuki M, Sawamura M, Nishimura M, Odori S, Wada H, Kotani K, Kusakabe T, Shimatsu A, Hasegawa K, Satoh-Asahara N. Serum soluble TREM2 is a potential novel biomarker of cognitive impairment in Japanese non-obese patients with diabetes. Diabetes Metab 45(1):86-89, 2019.

2019.4 Proc Natl Acad Sci USAに論文が掲載されました!

Inoue T, Saito S, Tanaka M, Yamakage H, Kusakabe T, Shimatsu A, Ihara M, Satoh-Asahara N. Novel pleiotropic neuroprotective effects of taxifolin in cerebral amyloid angiopathy. Proc Natl Acad Sci U S A, 116(20):11031-11038, 2019.
・京都大学記者クラブでプレスリリースしました!

2019.4 共同研究者の橋本貢士先生が獨協医科大学埼玉医療センター 糖尿病内分泌・血液内科 主任教授に就任されました!
2019.4 文部科学省科研費 基盤研究Cに採択されました!
(井上隆之)

「単球・ミクログリア由来蛋白を標的とした生活習慣病に伴う認知症予防法の確立」

2019.4 文部科学省科研費 基盤研究Cに採択されました!
(田中将志)

「肥満・糖尿病合併認知症における脳-脂肪連携の分子基盤の解明:TREM2の病態意義」

2019.4 文部科学省科研費 基盤研究Cに採択されました!
(山陰一)

「単球・ミクログリア機能に着目した生活習慣病に伴う新規脳心腎連関進展予測指標の確立」

2019.2 2019年度 日本糖尿病学会 女性研究者賞を受賞しました!
2018.12 論文掲載について久山町と共同でプレスリリースを行いました!

「血清sTREM2値が認知症発症のバイオマーカーとなることを発見:久山町研究」
(京都医療センター 内分泌代謝高血圧研究部 浅原哲子、九州大学医学研究院 二宮利治教授)の論文が、 Ann Neurol:Annals of Neurologyに採択・公表され、九州大学と京都医療センターにてプレスリリースを行いました。
    ■概要
     ・TREM2高値で認知症発症リスク上昇
       血管性認知症 約3倍
       アルツハイマー型 約2倍
    ■論文掲載URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ana.25385
    ■プレスリリース記事はこちら

2018.11 Ann Neurolに論文が掲載されました!

Ohara T, Hata J, Tanaka M, Honda T, Yamakage H, Yoshida D, Inoue T, Hirakawa Y, Kusakabe T, Shibata M, Teraoka T, Kitazono T, Kanba S, Satoh-Asahara N, Ninomiya T. Serum soluble TREM2 as a biomarker for incident dementia: the Hisayama Study. Ann Neurol. doi: 10.1002/ana.25385. [Epub ahead of print] 2018.

2018.11 Diabetes Rec Clin Practに論文が掲載されました!

Tanaka M, Honda T, Yamakage H, Hata J, Yoshida D, Hirakawa Y, Shibata M, Inoue T, Kusakabe T, Satoh-Asahara N, Ninomiya T. A potential novel pathological implication of serum soluble triggering receptor expressed on myeloid cell 2 in insulin resistance in a general Japanese population: The Hisayama study. Diabetes Res Clin Pract. 146:225-232, 2018.

2018.11 J Am Heart Assocに論文が掲載されました!

Wada H, Suzuki M, Matsuda M, Ajiro Y, Shinozaki T, Sakagami S, Yonezawa K, Shimizu M, Funada J, Takenaka T, Morita Y, Nakamura T, Fujimoto K, Matsubara H, Kato T, Unoki T, Takagi D, Ura S, Wada K, Iguchi M, Masunaga N, Ishii M, Yamakage H, Shimatsu A, Kotani K, Satoh-Asahara N, Abe M, Akao M, Hasegawa K; ANOX Study Investigators. VEGF-C and mortality in patients with suspected or known coronary artery disease. J Am Heart Assoc. 7(21): e010355, 2018.

2018.10 第29回日本肥満学会 市民公開講座で講演を行いました!
(浅原哲子)

「楽しく美味しくやせる食事療法から健康長寿を目指して~」

2018.10 第84回伏見医師学術集談会 特別講演で講演を行いました!
(日下部徹)

「骨粗鬆症治療薬とサルコペニアにおける最近の話題」

2018.10 第一三共株式会社 2018年度第一三共奨学寄付プログラムに採択されました!
(浅原哲子)

「糖尿病など生活習慣病の合併症として注目される認知症(脳血管性、アルツハイマー型)において、発症要因として示唆される血管障害・脳内炎症に関わる単球・ミクログリア機能(TREM2・炎症性M1/抗炎症性M2比)に焦点を当て、糖尿病・肥満症コホートを基盤に、糖尿病や肥満に伴う認知機能低下におけるTREM2・単球M1/M2比の病態意義の解明により、糖尿病合併認知症の新規予知指標・治療戦略を開発する為の研究」

2018.9 大和証券ヘルス 平成30年度(第45回)調査研究助成に採択されました!
(日下部徹)

「サルコペニア合併骨粗鬆症患者における新規治療法の開発-筋・骨関連の検討-」

2018.9 Trialsに論文が掲載されました!

Komiyama M, Ozaki Y, Wada H, Yamakage H, Satoh-Asahara N, Morimoto T, Shimatsu A, Takahashi Y, Hasegawa H. The effects of dietary instruction on cardiovascular risk markers after smoking cessation: Study protocol for a multicenter randomized controlled trial in Japan. Trials, accepted.

2018.9 Psychiatry Resに論文が掲載されました!

Komiyama M, Wada H, Yamakage H, Satoh-Asahara N, Sunagawa Y, Morimoto T, Ozaki Y, Shimatsu A, Takahashi Y, Hasegawa K. Analysis of Changes on Adiponectin Levels and Abdominal Obesity after Smoking Cessation. PloS One, 13(8) :e0201244

2018.8 文部科学省科研費 挑戦的研究(萌芽)に採択されました!
(浅原哲子)

「単球・ミクログリアを介した腸-脳-筋連関による認知症・サルコペニア進展機序の解明」

2018.8 PLoS Oneに論文が掲載されました!

Komiyama M, Wada H, Yamakage H, Satoh-Asahara N, Sunagawa Y, Morimoto T, Ozaki Y, Shimatsu A, Takahashi Y, Hasegawa K. Analysis of Changes on Adiponectin Levels and Abdominal Obesity after Smoking Cessation. PloS One, 13(8) :e0201244, 2018.

2018.8 Diabetes Res Clin Practに論文が掲載されました!

Tanaka M, Masuda S, Yamakage H, Inoue T, Ohue-Kitano R, Yokota S, Kusakabe T, Wada H, Sanada K, Ishii K, Hasegawa K, Shimatsu A, Satoh-Asahara N. Role of serum myostatin in the association between hyperinsulinemia and muscle atrophy in Japanese obese patients. Diabetes Res Clin Pract. 42:195-202,2018.

2018.6 FM845 カラダ元気コーナーに出演しました!
(浅原哲子)

ご存知ですか?遺伝診療

2018.5 平成30年度 NHOネットワーク共同研究に採択されました!
(日下部徹)

「2型糖尿病患者における全死亡および脳心血管病発症リスクとしてのサルコペニアの意義」

2018.5 Diabetes Res Clin Practに論文が掲載されました!
(田中客員研究員)

Tanaka M, Masuda S, Yamakage H, Inoue T, Ohue-Kitano R, Yokota S, Kusakabe T, Wada H, Sanada K, Ishii K, Hasegawa K, Shimatsu A, Satoh-Asahara N. Role of serum myostatin in the association between hyperinsulinemia and muscle atrophy in Japanese obese patients. Diabetes Res Clin Pract. 42:195-202,2018.

2018.5 平成30年度 ノバルティスファーマ研究助成に採択されました!

「2型糖尿病・肥満におけるTREM2・単球機能を標的とした認知症予知指標・治療戦略の開発」
(浅原哲子)
「異所性脂肪蓄積モデル動物の開発とその病態生理的意義の解明 ~膵臓における脂質蓄積(Nonalcoholic Fatty Pancreas Disease)を中心に~」
(日下部徹)

2018.5 京都滋賀体育学研究に論文が受理されました!

Nakayama Y, Ido A, Ishii K, Iemitsu M, Sato K, Fujimoto M, Kurihara T, Satoh-Asahara N, Sanada K. Relationship between visceral fat areas at the different levels and metabolic syndrome risk factors in middle-aged and older Japanese women. 京都滋賀体育学研究 accepted, 2018.

2018.5 NHK放送「あさイチ」に出演しました!
(浅原哲子)

特集「あなたの知らない怖~い脂肪」

研究・活動内容

●研究内容    
  • 糖尿病・肥満症・メタボリックシンドロームの発症・進展メカニズムに関する臨床分子医学的研究
  • 脂肪細胞由来ホルモンや摂食調節神経ペプチドの作用メカニズムと臨床的意義に関する研究
  • 糖尿病・肥満症及びその合併症の進展メカニズムと予防・治療に関する研究
  • 糖尿病・肥満症・メタボリックシンドロームに伴う動脈硬化症や脳卒中・心血管合併症の病態解明と早期診断・治療法に関する臨床・分子医学的研究
  • 肥満症・メタボリック症候群における減量指導・薬物治療効果に関する多施設共同研究
●研究課題 
  1. 国立病院機構 EBM共同研究
    • A GWAS for the Obesity onset, obesity treatment efficacy, and Resistance to obesity treatment in Japanese subjects 国立病院機構 EBM推進のための大規模臨床研究(代表研究者) (G-FORCE Study)平成28年度~ 「日本人の肥満症の発症と治療効果・抵抗性に関連する遺伝素因の探索 -オーダーメイド医療の確立-」

      リンクはこちら

  2. 国立病院機構 ネットワーク共同臨床研究
    • 「2型糖尿病患者における全死亡および脳心血管病発症リスクとしてのサルコペニアの意義に関する研究」平成30年度~
    • Japan Obesity & Metabolic Syndrome Study/ Japan Diabetes & Obesity Study2 (JOMS/J-DOS2)平成29年度~
      「大規模糖尿病・肥満症コホートを生かした認知機能低下・認知症発症の予知因子の解明-長期追跡調査-」
    • Japan Obesity & Metabolic Syndrome Study/ Japan Diabetes & Obesity Study2
      (JOMS/J-DOS2)平成26年度~ 平成28年度
      「大規模糖尿病・肥満症コホートを生かした認知機能低下・認知症発症の予知因子の解明」

      リンクはこちら

    • Japan Diabetes & Obesity Study(J-DOS)平成22年度~
      「糖尿病・肥満における心腎連関進展因子としての脂質炎症関連分子の意義とその効果的治療法の検討」

      リンクはこちら

    • Japan Obesity & Metabolic Syndrome Study(JOMS)平成17年度~
      「我が国のメタボリックシンドロームにおける減量効果に関する多施設共同研究」

      リンクはこちら

  3. 文部科学省
    • 基盤研究C平成31-33年度
      「単球・ミクログリア由来蛋白を標的とした生活習慣病に伴う認知症予防法の確立」
    • 基盤研究C平成31-33年度
      「肥満・糖尿病合併認知症における脳-脂肪連携の分子基盤の解明:TREM2の病態意義」
    • 基盤研究C平成31-33年度
      「単球・ミクログリア機能に着目した生活習慣病に伴う新規脳心腎連関進展予測指標の確立」
    • 挑戦的研究(萌芽)(浅原哲子)平成30-32年度
      「単球・ミクログリアを介した腸-脳-筋連関による認知症・サルコペニア進展機序の解明」
    • 基盤研究B(浅原哲子)平成30-32年度
      「TREM2・単球機能を標的とした糖尿病・肥満に伴う認知症予知指標・治療戦略の開発」
    • 基盤研究C(山陰一)平成28-30年度
      「単球機能を標的とした肥満・糖尿病合併CKD進展予防の為の新規バイオマーカーの確立」
    • 基盤研究C(田中将志)平成28-30年度
      「TREM2に着目した肥満・糖尿病合併認知症予防の為の新規評価系・治療戦略の開発」
    • 基盤研究C(浅原哲子)平成27-29年度
      「骨髄・単球由来分子を標的にした肥満・糖尿病合併症の新規診断指標と治療戦略の確立」
    • 基盤研究C(増田慎也)平成27-29年度
      「骨格筋の恒常性維持にかかるNotch2シグナルの役割の解明」
    • 若手研究B(佐々木洋介)平成26-27年度
      「心血管病予防に向けた摂取栄養素とアディポサイトカインに基づく効果的栄養指導の確立」
    • 研究活動スタート支援(松尾禎之)平成26年度
      「低アディポネクチン血症克服のための新規分泌調節機構の解明-レドックス制御の関与」
    • 基盤研究C(佐藤哲子)平成24~26年度
      「マクロファージ機能・炎症を標的とした肥満・糖尿病血管合併症の早期診断と治療戦略」
      若手研究B(山陰一)平成25~26年度
      「心腎連関進展予防の為の至適脂質指標と効果的脂質管理法に関するコホート研究」
    • 若手研究B(姫野亜紀裕)平成25~26年度
      「肥満治療におけるうつ状態に基づいたリバウンド防止と心血管病予防法の確立」
    • 基盤研究C(佐藤哲子)平成21~23年度
      「肥満代謝症候群の単球機能を標的とした動脈硬化早期診断パネルの構築と心腎疾患予防法」
    • 若手研究B(佐々木洋介)平成22~23年度
      「肥満代謝症候群の脂肪酸分画と単球機能に着目した動脈硬化早期診断法の確立」
  4. 厚生労働科学研究委託費(AMED)
    • 〔代表〕
    • 認知症研究開発事業 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業
      (浅原哲子) 平成29年度
      「認知症進行の抑制を目的とした糖尿病管理の指針等の開発に関する研究 ―系統的レビューに基づく提言」
    • 厚生労働省循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業
      (浅原哲子)平成26~28年度
      「日本人糖尿病の合併症重症度評価パネルの確立と重症化予防の為の効果的医療連携体制の構築 Japan Diabetes Mellitus Effective Network System(J-DEFENS Study)」
      【オプトアウトについて】

    • 〔分担〕
    • 認知症研究開発事業 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用研究事業
      (代表研究者:櫻井 孝)平成29~33年度
      「高齢者2型糖尿病における認知症予防のための多因子介入研究 ?パイロット研究- J-MIND」
    • 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用研究事業
      (代表研究者:横手 幸太郎)平成29~33年度
      「肥満に対する効果的な治療戦略と健康障害の改善に資する減量数値目標を見出すための介入研究」
    • IoT等生活習慣病行動変容研究事業
      (代表研究者:植木 浩二)平成29~33年度
      「2型糖尿病におけるIoT活用の行動変容を介する血糖改善効果の検証 PRISM-J」
    • AMED循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業
      (代表研究者:林登志雄)平成27~29年度
      「糖尿病の標準的治療の開発と均てん化に関する研究」
    • 厚生労働省循環器疾患 糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業
      (代表研究者:大平哲也)平成25~27年度
      「笑い等のポジティブな心理介入が生活習慣病発症・重症化予防に及ぼす影響についての疫学研究(H-25循環器等(生慣) 一般-008)」
    • 厚生労働省循環器疾患 糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業
      (代表研究者:和田啓道)平成25~27年度
      「簡便な新規心疾患イベント予知マーカーによる効率的なハイリスク患者抽出方法の確立(H25-循環器等(生慣) 一般-017)」
●活動内容 
  1. 外来(肥満・メタボリックシンドローム外来)・入院(減量入院)
                                  肥満外来のページはこちら→詳細表示 
  2. 生活習慣病改善を目指す患者会(メタボリックシンドローム会)
                                入会希望・興味ある方はこちら→詳細表示
  3. メタボ通信
    食事や運動、最近の肥満やダイエットに関する話題などを 2週間に1回、 金曜日午前10時にメール配信中。
                            メタボ通信を配信ご希望のかたはこちら→詳細表示
  4.       
  5. スマートランチ
    当院2Fにあるレストラン『B’EASE』では、毎週水曜日に750円のメタボリックシンドローム対策ランチを提供しています。
                    歴代スマートランチ第1-38弾のメニュー・レシピはこちら→詳細表示
  6.  

 

共同研究者                         

国立病院機構共同研究 JOMS・J-DOS関連施設(以下敬称略)
  ・名古屋医療センター 山田 努
  ・三重病院 荒木 里香
  ・長崎病院 吉田 和朗
  ・九州医療センター 渡邉 哲博
  ・小倉医療センター 的場 ゆか
  ・徳島病院 斎藤 美穂
  ・金沢医療センター 栗田 征一郎
  ・熊本医療センター 小野 恵子
  ・函館病院 米澤 一也
  ・三重中央医療センター 田中 剛史
  ・埼玉病院 鈴木 雅裕
  ・広島西医療センター 太田 逸朗
  ・大石内科クリニック 大石 まり子
  ・自治医科大学 臨床検査医学 小谷 和彦
  ・西別府病院 財前 行宏
  ・渋川医療センター 澤村 守夫
  ・千葉東病院 西村 元伸
     
国立病院機構共同EBM研究 G-FORCE Study関連施設(以下敬称略)
  ・まつもと医療センター 中村 昭則
  ・宮城病院 伊藤 博明
  ・金沢医療センター 栗田 征一郎
  ・九州医療センター 渡邉 哲博
  ・三重病院 荒木 里香
  ・鹿児島医療センター 郡山 暢之
  ・渋川医療センター 澤村 守夫
  ・仙台医療センター 桜井 華奈子
  ・千葉医療センター 島田 典生
  ・千葉東病院 関  直人
  ・長崎病院 吉田 和朗
  ・都城医療センター 阿南 隆一郎
  ・徳島病院 齋藤 美穂
  ・南岡山医療センター 富田 純子
  ・函館病院 米澤 一也
  ・姫路医療センター 畑尾 満佐子
  ・福山医療センター 畑中 崇志
  ・米子医療センター 土橋 優子
  ・名古屋医療センター 山田 努
     
国際医療福祉大学 市川病院
    教授 野田 光彦
     
国立循環器病研究センター
    予防医学・疫学情報部 部長 宮本 恵宏
    動脈硬化・糖尿病内科 部長 細田 公則
     
九州大学大学院  
  医学研究院病態制御内科(第三内科) 教授 小川 佳宏
     
獨協医科大学  
  埼玉医療センター  
    糖尿病内分泌・血液内科 教授 橋本 貢士
       
     
名古屋大学  
    環境医学研究所 分子代謝医学分野
教授
菅波 孝祥
   
琉球大学 第二内科 教授 益崎 裕章
     
同志社大学 スポーツ健康科学部 教授 石井 好二郎
     
立命館大学 スポーツ健康科学部 教授 真田 樹義
     
など多数  

 

最近の発表論文                          

全122件中 8件表示   

全件表示   

   2019年
  1. Kasahara M, Kuwabara Y, Moriyama T, Tanabe K, Satoh-Asahara N, Katsuya T, Hiramitsu S, Shimada H, Sato T, Saito Y, Nakagawa T. Intensive uric acid-lowering therapy in CKD patients: the protocol for a randomized controlled trial. Clin Exp Nephrol, in press.
  2. Yamakage H, Tanaka M, Inoue T, Odori S, Kusakabe T, Satoh-Asahara N. Effects of dapagliflozin on the serum levels of fibroblast growth factor 21 and myokines and muscle mass in Japanese patients with type 2 diabetes: a randomized, controlled trial. J Diabetes Investig, in press.
  3. Funamoto M, Shimizu K, Sunagawa Y, Katanasaka Y, Miyazaki Y, Kakeya H, Yamakage H, Satoh-Asahara N, Wada H, Hasegawa K, Morimoto T. Effects of Highly Absorbable Curcumin in Patients with Impaired Glucose Tolerance and Non-Insulin Dependent Diabetes Mellitus, J Diabetes Res, in press.
  4. Son C, Kasahara M, Tanaka T, Satoh-Asahara N, Kusakabe T, Nishimura K, Miyamoto Y, Kasama S, Hosoda K. Rationale, Design, and Methods of the Study of Comparison of Canagliflozin vs. Teneligliptin Against Basic Metabolic Risks in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus (CANTABILE study): Protocol for a Randomized, Parallel-Group Comparison Trial. Diabetes Ther, in press.
  5. Funamoto M, Shimizu K, Sunagawa Y, Katanasaka Y, Miyazaki Y, Komiyama, M, Yamakage H, Satoh-Asahara N, Takahashi Y, Wada H, Hasegawa K, Morimoto T. Serum Levels of Cystatin C, a Sensitive Marker of Renal Function and Cardiovascular Disease, Decrease after Smoking Cessation. Circ Rep, in press.
  6. Miyamoto J, Ohue-Kitanoa R, Mukouyama H, Nishida A, Watanabe K, Igarashi M, Irie J, Tsujimoto G, Satoh-Asahara N, Itoh H, Kimura I. Ketone body receptor GPR43 regulates lipid metabolism under ketogenic conditions. Proc Natl Acad Sci U S A, in press.
  7. Ono K, Wada H, Satoh-Asahara N, Inoue H, Uehara K, Funada J, Ogo A, Takahiro H, Fujita M, Shimatsu A, Hasegawa K. Effects of Metformin on Left Ventricular Size and Function in Hypertensive Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: Results of a Randomized, Controlled, Multicenter, Phase IV Trial. Am J Cardiovasc Drugs, in press.
  8. Kaneko H, Umakoshi H, Ishihara Y, Sugawa T, Nanba K, Tsuiki M, Kusakabe T, Satoh-Asahara N, Yasoda A, Tagami T. Seated Saline Infusion Test in Predicting Subtype Diagnosis of Primary Aldosteronism. Clin Endocrinol (Oxf), 91(6):737-742.

2018年以前はこちらから→全件表示   

 

招待講演・受賞講演・シンポジウム                 

全59件中 10件表示   

全件表示   

  1. 浅原哲子:女性医師ワークショップ 女性糖尿病医としてのキャリアを考える-輝けるSpecialistを目指して- 日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会(2019年12月6~7日、高知)
  2. 浅原哲子:会長企画2 いま栄養の質と量を考える 2.脂質の質を考える 第29回臨床内分泌代謝Update(2019年11月29~30日、高知) 第29回臨床内分泌代謝Update抄録集 P.648 会長企画2.
  3. 日下部徹、荒井宏司、山本祐二、中尾一和、赤松裕訓、石原裕己、田上哲也、八十田明宏、浅原哲子:大学生の体組成、筋力、食習慣、身体活動に関する実態調査-若年者におけるサルコペニアの検討- 第6回日本サルコペニア・フレイル学会大会(2019年11月9~10日 新潟)
  4. 日下部徹、浅原哲子:女性の肥満と痩せにおけるサルコペニアの実態 第40回日本肥満学会(2019年11月2日~11月3日、東京)第40回日本肥満学会 (2019年11月2日~11月3日、東京)第40回日本肥満学会プログラム・抄録集 P.41 S5-2.
  5. 横尾英孝、横手幸太郎、越坂理也、武田健治、前田祐香里、石川耕、小野啓、佐藤泰憲、浅原哲子、下村伊一郎、龍野一郎、津下一代、山内敏正、門脇孝:肥満症に対する多施設共同減量介入研究(SLIM-TARGET 研究)の展開 第40回日本肥満学会 (2019年11月2日~11月3日、東京)第40回日本肥満学会プログラム・抄録集 P.41 S4-3.
  6. 日下部徹、浅原哲子:国立病院機構ネットワーク共同研究による2型糖尿病とサルコペニア 第74回日本体力医学会大会(2019年9月19日~21日、 茨城)第74回日本体力医学会大会プログラム P.33 シンポジウム11.
  7. 浅原哲子:糖尿病と認知症 第21回応用薬理シンポジウム(2019年9月20~21日、静岡)第21回応用薬理シンポジウム要旨集P.25 S1-3.
  8. 浅原哲子:肥満・糖尿病における効果的な動脈硬化予防 第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会市民公開講座(2019年7月11~12日、京都)第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラムP.53 PF-3.
  9. 浅原哲子:単球-マクロファージ-ミクログリアを介した脳-腸-筋連関による認知症・サルコペニア進展機序の解明 第37回内分泌代謝学サマーセミナー(2019年7月4~6日、岐阜) 
  10. 浅原哲子:大規模コホートを基盤とした糖尿病・肥満症における心腎脳合併症の早期評価系と治療戦略の構築に関する研究 第62回日本糖尿病学会年次学術集会 受賞講演(女性研究者賞)Award Lecture(2019年5月23~25日、宮城) 第62回日本糖尿病学会年次学術集会プログラム・抄録集 P.44 AL4

全件表示   

最近の学会活動                          

全413件中 8件表示   
全件表示   

国内外の学会発表

  1. 兼子大輝、須川琢、石原裕己、廣嶋佳歩、難波多挙、立木美香、日下部徹、浅原哲子、八十田明宏、田上哲也:肺癌精査中に増大が判明し診断に苦慮した出血性副腎偽嚢胞の1例 第29回臨床内分泌代謝Update(2019年11月29~30日、高知)第29回臨床内分泌代謝Update抄録集P.742 P-X1-3.
  2. 渡辺秀明、阿萬貴史、赤木香菜、髙濱瞳、田端恵美、日高由貴、下野尚子、築城聖二、松本恵美子、宮内孝浩、浅原哲子、阿南隆一郎:アディポサイトカインと肥満指標との関係~G-FORCE研究のデータより~ 第73回国立病院総合医学会(2019年11月8~9日、名古屋)
  3. 井上隆之、田中将志、山陰一、村中和哉、日下部徹、浅原哲子:脂肪組織における認知症発症予知因子・TREM2 の病態生理学的意義の解明 第40回日本肥満学会 (2019年11月2日~11月3日、東京) 第40回日本肥満学会プログラム・抄録集 P.103 P-092.
  4. 池上健太郎、日下部徹、村中和哉、赤松裕訓、山陰一、井上隆之、石井好二郎、浅原哲子:肥満・メタボ外来通院患者におけるサルコペニアの実態調査 第40回日本肥満学会 (2019年11月2日~11月3日、東京)第40回日本肥満学会プログラム・抄録集 P.91 P-012.
  5. 日下部徹、横田繁史、清水美佳、井上隆之、田中将志、北野隆司、山陰一、浅原哲子:肥満糖尿病モデル動物において低炭水化物食とSGLT2 阻害薬が体組成および糖脂質代謝に及ぼす影響 第40回日本肥満学会 (2019年11月2日~11月3日、東京) 第40回日本肥満学会プログラム・抄録集 P.72 O-066.
  6. 山陰一、田中将志、井上隆之、村中和哉、和田啓道、長谷川浩二、日下部徹、浅原哲子:生活習慣病における新規認知症予知バイオマーカー候補・sTREM2 の臨床的意義の検討 第40回日本肥満学会 (2019年11月2日~11月3日、東京) 第40回日本肥満学会プログラム・抄録集 P.72 O-065.
  7. 北野(大植)隆司、後藤剛、高橋信之、浅原哲子、河田照雄、木村郁夫:肥満症・代謝性疾患における食由来代謝物と脂肪酸受容体の役割 第40回日本肥満学会 (2019年11月2日~11月3日、東京) 第40回日本肥満学会プログラム・抄録集 P.56 YIA-3.
  8. 日下部徹、横本真希、石原裕己、兼子大輝、須川琢、難波多挙、立木美香、浅原哲子、八十田明宏、田上哲也:骨粗鬆症・サルコペニア外来における筋・骨連関の検討 第21回日本骨粗鬆症学会(2019年10月11日~13日、神戸)

全件表示   

主な受賞                             

2019年 5月 2019年度 日本糖尿病学会 女性研究者賞(浅原哲子)
2013年 7月 第5回抗加齢研究奨励賞(佐藤哲子)
2013年 6月 第13回日本抗加齢医学会総会 優秀演題口演(佐藤哲子)
2011年 12月 平成23年度 第8回財団法人成人血管病研究振興財団
井村臨床研究奨励賞(佐藤哲子)
2011年 9月 第32回日本肥満学会学術奨励賞(佐藤哲子)
2010年 12月 第5回高血圧と冠動脈疾患研究会助成金 優秀賞(佐々木洋介)
2009年 5月 第52回日本糖尿病学会 プレジデントポスター(佐藤哲子)
2009年 12月 第4回高血圧と冠動脈疾患研究会助成金 優秀賞(佐藤哲子)
2009年 5月 日本腎臓財団平成21年度若手研究助成 優秀賞(佐藤哲子)
2008年 6月 90th Annual Meeting of The Endocrine Society Travel Grant Award(佐藤哲子)
2005年 7月 日本心臓財団・ファイザー「高血圧・高脂血症と血管代謝」
研究助成最優秀賞(佐藤哲子)
2005年 4月 日本心臓財団・ファイザー「高血圧・高脂血症と血管代謝」
研究助成優秀賞(佐藤哲子)
1998年 11月 American Diabetes Association (ADA) Travel Grant Award(佐藤哲子)
1998年 10月 第4回国際神経内分泌学会 優秀賞(佐藤哲子)
1997年 6月 79th Annual Meeting of The Endocrine Society Travel Grant Award (佐藤哲子)

最近の主な競争的研究費の獲得状況            

全85件中 9件表示   
全件表示   

平成31年度

  • 平成31年度 持田製薬株式会社奨学寄附金(研究者:浅原哲子)
    「単球・ミクログリア機能改善を標的とした肥満・糖尿病合併症認知症の新規予知指標・治療戦略の開発立」
  • 平成31年度 帝人ファーマ株式会社医学・薬学に関する研究活動への支援(研究者:浅原哲子)
    「単球・ミクログリア機能に着目した生活習慣病に伴う新規脳心腎連関進展予測指標の確立」
  • 平成31年度 武田薬品工業株式会社タケダ・リサーチレポート(研究者:浅原哲子)
    「炎症担当細胞(単球、マクロファージやミクログリア)を標的とした糖尿病・肥満に伴う認知機能低下の新規治療戦略の開発」
  • 平成31年度 日本イーライリリー株式会社研究助成(研究者:浅原哲子)
    「糖尿病・肥満に伴う認知機能低下におけるインクレチンシグナルの機能的意義の解明-ミクログリア細胞活性化抑制効果-」
  • 平成31年度 文部科学省科研費 基盤研究C(研究者:山陰一)
    「単球・ミクログリア機能に着目した生活習慣病に伴う新規脳心腎連関進展予測指標の確立」
  • 平成31年度 文部科学省科研費 基盤研究C(研究者:田中将志)
    「肥満・糖尿病合併認知症における脳-脂肪連携の分子基盤の解明:TREM2の病態意義」
  • 平成31年度 文部科学省科研費 基盤研究C(研究者:井上隆之)
    「単球・ミクログリア由来蛋白を標的とした生活習慣病に伴う認知症予防法の確立」

 

平成30年度

  • 平成30年度 MSD株式会社 平成30年度奨学寄附(研究者:浅原哲子)
    「ミクログリア機能を標的とした糖尿病・肥満に伴う認知機能低下の新規治療戦略の開発」
  • 平成30年度 公益信託タニタ健康体重基金 平成30年度研究助成(研究者:浅原哲子)
    「日本人の肥満症発症と減量治療効果・抵抗性に関連する遺伝素因の探索-レプチン抵抗性の関与-」

 

全件表示   

出版物                           

  • 独立行政法人国立病院機構京都医療センター著:
    「京都医療センターメタボ外来のやせる弁当と作りおき」
    株式会社セブン&アイ出版,2016年2月18日

    発行部数2万3千部(8月30日現在)
    アマゾン売上げランキング(肥満・メタボリックシンドローム)28位(8月30日現在)
 
  • 独立行政法人国立病院機構京都医療センター著:
    「京都医療センターメタボ外来の3ヵ月でやせるレシピ」
    株式会社セブン&アイ出版,2014年11月19日

    累計発行部数4万7千部(8月30日現在)
    アマゾン売上げランキング(肥満・メタボリックシンドローム)6位(8月30日現在)
 
  • 浅原哲子著:「読むだけでやせる女医の言葉」
    株式会社セブン&アイ出版,2015年1月1日
 
  • 佐藤哲子著、島津章編:「チームで撲滅!メタボリックシンドローム」
    診断と治療社, 2009年6月発刊

   

メディア関連                               

全70件中 15件表示   
全件表示   

  • 「news フェイス」KBS京都、2019年10月16日
  • 「筋力と認知症 関連探る:精華町・同大など、町民対象に調査」 京都新聞、2019年9月13日
  • 「ポリフェノール認知症対策に効果 機能低下抑制、予防へ光」 山梨日日新聞、2019年5月29日
  • 「ポリフェノール摂取でアルツハイマー予防?」 朝日新聞「医療」、2019年5月22日
  • 「認知症発症原因タンパク質抑制 予防可能性物質作用の仕方解明」 京都新聞、2019年4月30日
  • 「sTREM2-血中の物質が認知症と関連」 京都新聞、2019年3月19日
  • 「メタボだと筋肉が減少 ホルモン関与を発見」 北海道新聞、2019年1月5日
  • 「メタボだと筋肉減少?筋生成抑えるホルモン増」 山陰中央新報、2018年12月16日
  • 「メタボだと筋肉が減る可能性 ホルモンの関与発見」 岐阜新聞、2018年12月15日
  • 「メタボだと筋肉が減少?ホルモンの関与を発見」 埼玉新聞、2018年11月19日
  • 「メタボだと筋肉減少?ホルモンの関与発見」 下野新聞、2018年11月16日
  • 「メタボだと筋肉が減少?ホルモンの関与発見」 茨城新聞、2018年11月15日
  • 「メタボだと筋肉が減少?ホルモン関与の可能性発見」 中部経済新聞、2018年11月6日
  • 「骨格筋を減らす作用のある骨格筋由来タンパク質「マイオスタチン」の臨床的意義-インスリンの血中濃度の関係について-」 宮崎日日新聞朝刊、2018年11月6日
  • 「ご存知ですか?遺伝診療」FM845カラダ元気コ-ナ-、2018年6月26日



全件表示   

総説関連                        

全123件中 17件表示   
全件表示   

  1. 難波多挙、田上哲也、浅原哲子:特集:循環器疾患とアルドステロン 「原発性アルドステロン症と糖代謝異常」 循環器内科86巻2号 p.204-208, 2019
  2. 浅原哲子:特集1 「体重をマネジメントするコツ」 月間糖尿病ライフさかえ59巻8号 p.5-10, 2019
  3. 浅原哲子:ステロイド糖尿病・膵性糖尿病・腎性糖尿病 今日の疾患辞典~検査処方例つき~エイド出版
  4. 浅原哲子:特集 心不全と糖尿病:基礎と臨床-膨らむ知見と大きな期待- 「糖尿病薬の種類と心血管疾患予防を目指した治療戦略」 循環器内科85巻3号 p.1-9,2019
  5. 浅原哲子:特集 肥満と消化器「1.肥満の基礎 (2)肥満の発症機序」 臨床消化器内科 Vol.34,No.4
  6. 浅原哲子:Ⅳ-その他の内分泌疾患を含めて-「Ⅸ.ホルモン異常による先天性肥満症 3.プロホルモン変換酵素(PC1)遺伝子異常症」 内分泌症候群(第3版)
  7. 浅原哲子:第5章 各種動脈硬化危険因子とCAVI:治療効果も含む 「5.メタボリックシンドロームとCAVI」 動脈弾性指標CAVIのすべて
  8. 浅原哲子:肥満症の病態と治療の最前線 「肥満症の行動療法を軸としたチーム医療」 最新医学74巻1号
  9. 浅原哲子:肥満症 医学書院 今日の治療指針2019年版 私はこう治療している
  10. 浅原哲子:肥満症治療における食事療法の実際 診断と治療2017年105巻3号,2017
  11. 浅原(佐藤)哲子、北野隆司:特集腸内細菌と生活習慣病「腸内細菌と食事療法」月刊糖尿病2017年5月Vol.9, No.5,2017
  12. 浅原哲子:総説企画テーマ「肥満症治療へのアプローチ」チームで取り組む効果的な肥満症の食事療法 日本肥満学会雑誌「肥満研究」2016年8月号(Vol.22,No.2),2016
  13. 浅原哲子:特集:「糖尿病における大血管症」 プラクティス(Journal of practical diabetes)2016年7・8月号(33巻4号),2016
  14. 浅原哲子:特集:慢性腎臓病(CKD)を極める 診断と病因の分類 11.脂質異常症、メタボリックシンドローム 臨床雑誌「内科」2016年7月号(118巻1号),2016
  15. 村田敬、浅原哲子:「実地医科が診る内分泌疾患」セミナー11低血糖その原因と予防 Medical Practice(33巻11号),2016
  16. 浅原哲子:ヒトの単球あるいはマクロファージの解析:脂肪組織慢性炎症とリピドミクス 医学のあゆみ2016年5月号(257巻6号),2016
  17. 浅原哲子:実地医科が診る内分泌疾患 E 検査各論 「最新内分泌検査マニュアル第3版」(33巻11号),2016

全件表示   

ページトップへ