内分泌・代謝内科

内分泌・代謝内科について

  1. 内分泌代謝疾患に関する良質で高水準の医療を提供します
  2. 満足のいく十分な説明を行い、安心できる医療を提供します
  3. 十分な診療情報提供と逆紹介により、病診連携を促進しています

特色・取り組み

内分泌代謝疾患とは「ホルモンの乱れに起因する病気」を総称するものです。
下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性ホルモンの異常をきたす疾患の他、内分泌疾患を疑う必要のある、高血圧、糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病、電解質異常、骨粗鬆症なども対象としており、糖尿病センターと連携して治療にあたっています。
地域における内分泌代謝疾患の専門診療を担っており、 1999年には内分泌代謝性疾患に関する高度専門医療施設(準ナショナルセンター)として国の指定を受けています。
全国の内分泌・代謝疾患の「専門医療施設」と内分泌・代謝疾患ネットワークを構築しています。
また、日本内分泌学会認定教育施設および日本甲状腺学会認定専門医施設に認定されています。

診療内容

外来では、血液検査、画像検査(レントゲン、CT、MRI、アイソトープ検査や甲状腺エコー)、甲状腺の細胞診などをおこなっています。
また、セカンドオピニオン外来も可能です。

主に以下の疾患について取り扱っています。

※病気の詳しい解説をご覧になりたい場合は、病名のリンク(青の文字)をクリックしてください。

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス