京都医療センター

整形外科

整形外科について

  • 骨折や靭帯損傷などのけが、関節や背骨の変形、痛み、手足のしびれなどをみます。
  • 背骨から手足の先まで対象です。
  • 赤ちゃんからご高齢の方まで、あらゆる年齢の方をみます。
  • 地域のかかりつけ医の先生方と協力します。

特色・取り組み

脊椎外科

  • くびや腰の変形、手足のしびれや動かしにくさ、歩行障害に対して専門的な診療を行っています。次世代型ハイブリッド手術室での脊椎手術では、リアルタイム3次元CTやナビゲーションシステムなど、最新鋭の機器を使います。(担当:宮田、坪内)

詳しくはこちら

人工股関節置換術

  • 股関節の障害で歩くのがつらくなった方に人工股関節の手術を行っています。(担当:山田)

詳しくはこちら

膝関節外科(脛骨骨切り術・人工膝関節置換術・軟骨移植術)

  • 膝の軟骨の障害に対して軟骨移植、脛骨骨切り術など、できる限り自分の骨を残す関節温存手術を行います。関節の破壊が強い場合は人工膝関節の手術を考えますが、関節の一部分だけを取り替える小さな人工関節手術も行います。(担当:向井、中山)

詳しくはこちら

肩関節鏡視下手術

  • 肩の障害に対しては、小さな切開による関節鏡手術や、特別な専門資格が必要な特殊な人工肩関節手術も行います。(担当:向井)

詳しくはこちら

スポーツ整形外科・野球健診

  • スポーツ関連では外傷後の競技復帰などアスリートや学生運動部員だけでなく、一般の方やご高齢の方でも日常生活レベル以上の運動能力を目指す方には、それぞれに応じた専門的治療を行います。(担当:向井、中山)

スポーツ外科

スポーツ医学センターについて

手の外科

  • (担当:山本)

難治性複合組織損傷に対する再建術

  • 骨だけではなく皮膚や筋肉なども損傷されているような複雑な外傷や、繊細な動きが求められる手指、手くびの障害、末梢神経の傷害などに対して、高度に専門的な治療を行います。(担当:山本)

詳しくはこちら

小児整形外科

  • 子供の成長過程の障害やけがについても、放射線を浴びず身体に害がない検査である超音波装置を使って専門的に診療しています。(担当:向井)

詳しくはこちら