小児科

新生児集中治療室(NICU)について

概要

当センターは、国の政策医療である成育医療の近畿地区基幹医療施設として、新生児・未熟児の医療に力を注いでいます。
また、京都南部における周産期母子医療の中核施設として、他院で生まれた赤ちゃんの受け入れも行っております。
糖尿病・甲状腺疾患等の合併妊娠、切迫早産、胎児異常等リスクの高い妊娠に対する医療及び高度な新生児医療や、ハイリスク新生児の長期フォローアップを行っています。
また周産期医療従事者への教育や研修も行っています。

特徴

  1. ハイリスクな分娩には小児科医が立ち会います
    当センターでは、年間約 500 件の分娩のうち、リスクの高い分娩すべてに、赤ちゃんのことを熟知した小児科医が立ち会います。
  2. 「赤ちゃんにやさしい病院」'Baby Friendly Hospital'(BFH)を目指しています
    母と子の絆を育むことを大切にし、「赤ちゃんにやさしい病院=BFH」として、 母乳育児の推進に取り組んでいます。
    赤ちゃんのお母さんとの交換日記なども活用し、母子愛着形成にも、熱心な看護スタッフが付き添います。
    ご両親の面会時間は、14:00~20:00 です。 できるだけ、赤ちゃんと一緒にお過ごし下さい。
  3. 'カンガルー・ケア' & 抱っこ
    小さく生まれた赤ちゃんも、状態が良くなれば、一時的に保育器の外に出して抱っこができます。
    お母さんだけでなく、お父さんにも抱っこして頂けます。
    スキンシップや語りかけなど、早期からのコミュニケーションによって親子の絆が強まるだけでなく、
    授乳やおむつの交換、沐浴、着せ替えなどに、ご両親とも積極的に慣れていただくことができます。

NICUの紹介

どんな人が働いているのですか?

医師や看護師・助産師が、みんなで赤ちゃんを看ています。
詳しくはスタッフ紹介をご覧下さい。

NICUの中はどんな感じですか?

*ご家族のご了承を得て掲載しています。

  • 赤ちゃんの状態をみるために、オムツだけで保育器に入ります。
  • 赤ちゃんの状態によって、点滴や色々なチューブやコードがついています。
  • 退院前には保育器からでることができます。

見ることしかできないのですか?

*ご家族のご了承を得て掲載しています。

  • 生まれてすぐの赤ちゃんにも、手を洗うと触れることができます。
  • 赤ちゃんの写真やビデオを撮ったりできます。
  • 赤ちゃんの状態がよくなれば、抱っこをしたり、おっぱいをあげたりもできます。

※面会時間を利用して授乳の練習をしていきましょう。

双子の授乳はどうやるのですか?

  • 初めは一人ずつ授乳をします。
  • 退院前には二人同時に授乳の練習をします。

どれくらいで退院できますか?

赤ちゃんの状態にもよりますが、 分娩予定日以降で 体重が 2300g 以上になれば 退院できます。

スタッフからのお願い

  • 赤ちゃんにとっては、お母さんの母乳が一番の栄養です。お母さんの体調が良くなれば母乳を搾って届けてください。
    *母乳の持参方法については入院時に説明します。
  • 赤ちゃんの成長には、ご両親の愛情が大切です。できるだけ面会に来てください。

ご両親へ

わからないことや聞きたいことが ありましたら、いつでも お尋ねください。

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス