小児科

ご家族の方へ

ご案内

赤ちゃんが入院されているところは、総合周産期母子医療センター
新生児集中治療室(NICU)・新生児治療回復室(GCU)があります。
医師5~6名、看護師・助産師 約25名が24時間態勢で担当しています。

入院の手続き

1階の入院受付窓口(7番)で、入院の手続きをしてください。
受付時間: 平日 9:00 ~ 17:00

その他の手続き

  1. 出生届
    "出生証明書"を出生された病院で記入してもらい、生後14日以内に名前を付けて、母子手帳と印鑑を持参のうえ、出生届を市役所(町役場)に提出してください。
  2. 健康保険加入
    出生届の手続きが済みましたら、健康保険への加入手続きをしてください。
    • ・"国民健康保険"の場合は、出生届を行った役所で…
    • ・"社会保険"等の場合は、職場で…

    ※加入後ただちに、保険証を入院受付窓口(7番)へ提出してください。

  3. 保健所への出生連絡
    母子健康手帳に綴じ込みのハガキを、退院時にポストに投函して下さい。
  4. 医療制度について

    ➀. 養育医療
    原則、"低出生体重児"が適応になります。
    住居地の保健所で養育医療の「意見書」を受け取り、1階の診断書受付カウンター(10番)にご提出下さい。
    医師が記載した後、「意見書」をお返ししますので、再度保健所で他の書類とともに申請して下さい。

    ②. 育成医療(小児慢性疾患)
    養育医療と手続きは同様です。
    適応疾患が定められていますので、該当の保護者の方へご説明いたします。

    ③. 乳児医療
    出生届けの手続きと共に、市役所(町役場)で必要な手続きをしてください。
    ※生後14日以内に名前を付けて、出生届けを市役所(町役場)に提出してください。

    その他、ご不明な点は、医事課窓口までご相談下さい。

入院時にご負担いただく費用

  1. ミルク(人工乳)を飲んでいる場合
    母乳添加剤を使用している場合
    1日につき 780 円
  2. オムツ・衣類代
    1日につき 500 円  ※保険は効きません。
  3. ガスリー検査 及び 採血料: 3500 円
    ※再検査や精密検査が必要な場合は別途
  4. 医療費等: 都道府県によって異なります。又、手続きを済まされた方が対象です。
    ※料金は入院費と共に請求になりますので、ご了承ください。

面会について

ご家族と離れて過ごす赤ちゃんのこと、ご心配だと思います。 お父さん・お母さんができる限り赤ちゃんにお会いできるよう、面会を勧めています。

  1. ご両親の面会時間は14:00 ~ 20:00です。
    • ・保育器の位置で赤ちゃんがあまり見えないことがあります。ご了承ください。
    • ・赤ちゃんの状態や、検査・処置などの都合で、予定していた時間に面会できないことがあります。
    • ・やむを得ない事情で規定の面会時間に来院できない場合は、予めスタッフにご相談下さい。
  2. 原則として、ご両親以外の方は面会できません。
    ご両親以外のご家族は、窓越し面会となります。(※GCUの場合。NICUは面会不可)
  3. 面会の際は、盗難防止のため、分娩棟ナースステーション前のロッカー(無料)に貴重品を入れ施錠してください。
    ※上着や大きな荷物も、ロッカーにお入れ下さい。
  4. 入り口横のインターフォンを押し、お名前をお知らせ下さい。
  5. 手洗い、アルコール消毒、うがいをしっかりして、マスクをご着用の上、ご入室ください。
    ※髪が長い人は束ねて下さい。
  6. カメラ・ビデオ等の持ち込みは可能ですが、予め以下の内容についてご了承ください。
    (お守りいただけない場合、カメラ等の持ち込みを制限・中止させていただきます。)
    • ・携帯電話での撮影はできません。
    • ・カメラ等の撮影はお子さまとご家族のみです。 他の患者様やスタッフ、フロア内の撮影はご遠慮ください。
    • ・退室時には必ずお持ち帰りください。 また、カメラの破損、紛失および撮影上のトラブル等につきまして、当院は責任を持ちません。
    • ・フロアおよび患者様の状況により、撮影をお断りする場合があります。
  7. 面会者の健康状態によって、面会を控えてもらうことがあります。

病状経過について

病状経過については、原則として赤ちゃんのご両親にのみ、主治医から説明いたします。
夜間・土・日曜日は当直制となりますので、なるべく昼間に来て説明を受けてください。
なお、電話による問い合わせはご遠慮ください。

その他

赤ちゃんの先天性代謝異常の検査(ガスリー検査)は退院までに済ませています。
異常があればお知らせしますが、なければお知らせしていません。

退院について

  1. 低出生体重児の場合、出生体重や赤ちゃんの状態によっても異なりますが、およそ分娩予定日の前後、もしくは、体重が2300g ~ 2500g 以上になる頃を、退院時期の目安としています。
  2. 病気で入院された場合は、病気の治癒、検査の結果、赤ちゃんの経過によって退院時期が決まります。
  3. 主治医より退院許可の話があった後、お迎えの日時等をご家族と相談して決定します。
  4. 育児に慣れていただくため、赤ちゃんの退院前に母児同室にて育児練習をする事ができます。
  5. 入院費用に関するお問い合わせは、直接、入退院受付へお願いします。
  6. 退院前に主治医から経過や保育について説明いたします。疑問な点は遠慮なくお聞きください。

退院日の手続き

● 退院の日は、約束の時間にNICU・GCUへお越し下さい。

退院日にご持参いただくもの

  • ・赤ちゃんの衣類、オムツ
  • ・母子健康手帳
  • ・ネームバンド
  • ・入院費用
● 入院費の支払いを、1階の会計窓口にて(9:30以降に)お済ませ下さい。

※お支払い後に"支払い通知書"をスタッフに手渡して下さい。

連絡先

京都医療センター 2-3病棟 NICU・GCU
Tel: (075) 641 – 9161

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス