当院のご案内

メタボ会

糖尿病センタートップメタボランチメタボ通信

京都医療センター メタボ会(メタボリックシンドローム会)

糖尿病センター・メタボリックシンドローム外来担当 浅原(佐藤)哲子
現在日本では、肥満人口が約3000万人以上と爆発的に増え、“内臓肥満”を基盤として生活習慣病が集積するメタボリックシンドロームが急増しています。
京都医療センター糖尿病センターでは約10年前に「肥満外来」が開設され、現在では「肥満・メタボリックシンドローム外来」として、多くの肥満・メタボに悩む患者さんを診てまいりました。当外来では、医師、看護師、栄養士によるチームワーク医療にて、独自の「ダイエットノート」を活用し減量指導しています。しかし、長年培ってきた過食や運動不足といった生活習慣は、外来指導だけではなかなか改善しにくいものです。そこで、個人指導では減量・維持できない患者さんを中心に2006年12月に「メタボリックシンドローム会」(通称メタボ会)という患者主体の会が結成し、5年間活動しています。つまり、「メタボ会」は糖尿病・メタボの患者会の一つです。
会員一同「全員でメタボリックシンドローム撲滅」を目標に仲間同士切磋琢磨してダイエットに奮闘中です。
メタボ会では、毎回身体測定を行い前回より減量できた
会員は上位から表彰されます。また、自宅でもできる 「メタボ会オリジナル体操」を皆で考案したり、外来では 聞けない食事・運動のアドバイス、合併症のお話しなど 皆で学び楽しくダイエットに取り組んでいます!!
第1回メタボ会参加者は25名でしたが、今では参加者は 100人近くに増えています。京都新聞や関西のテレビでも “メタボ対策”として紹介されました。

外来通院している方以外でも、一般の方、地域住民の方、メタボに関して勉強したいと言う方、これを利用してダイエットしようと言う方、どなたでも参加できますので、事務局(内線7339)にご連絡下さい。

メタボ会の内容

メディアの取材

★メタボリックシンドローム会は大変好評で新聞やテレビにも取り上げられました。
 ○新聞 :>平成18年12月京都新聞 
      平成21年4月京都新聞 
 ○テレビ:平成18年12月25日(木)
       関西テレビ「スーパーニュースアンカー」 
      平成23年2月
       テレビ東京・日経スペシャル「ガイアの夜明け」
       「ニッポンの食卓(1)~一日の計は朝食にあり~」
      平成23年4月
       読売TV「サンデードクター」

「あなたの知らないメタボリックの真実

次回メタボ会の予告 (第13回→「今日からどこでも実践できる運動療法」)

第13回メタボリックシンドローム会

過去12回までのメタボ会の思い出

第12回メタボリックシンドローム会を2011年9月17日に開催しました。
テーマ:メタボ外来10年の歩み・食と生活習慣の乱れ
参加者: 139例!
第12回メタボリックシンドローム会での講演の様子
●特別講演:「あなたの脂肪を希望に変えるヒント」
●表彰式 :表彰式 :前回より痩せられた上位5名の方より
            自身の体験談を話して頂きました。

       

★第11回以前の特別講演
●第11回 タイトル:「メタボ・糖尿病と脳卒中」 特別講演:「知っているようで知らないメタボ・糖尿病の検査」                           :「メタボ・糖尿病と脳卒中の恐ろしい関係」
●第10回 タイトル:「肥満は関節にもよくない!」 特別講演:「メタボリック症候群と骨関節疾患」
●第  9回 タイトル:「肥満は腎臓にもよくない!」 特別講演:「メタボリック症候群と腎臓」
●第  8回 タイトル:「心血管病について あなたのリスク、ご存知ですか?」
特別講演:「肥満・メタボリック症候群と心臓・血管の病気」「肥満・メタボリック症候群と脳卒中」
●第  7回 タイトル:「最近話題のはらすまダイエットって?」
特別講演:「忙しいあなたのためのはらすまダイエット」
●第  6回 タイトル:「合言葉は1,2,3」
特別講演:「ひざの痛いあなたに、魔法の1,2,3」「メタボとコレステロールの付き合い方1,2,3ダー!」
●第  5回 タイトル:「大豆でダイエット?耳寄りな話!」
特別講演:「イソフラボンだけじゃなかった!?大豆のひみつ♪」
●第  4回 タイトル:「肥満とうつ」
特別講演:「~うつを防ぐ3つの法則~」
●第  3回 特別講演:「きたろう体操!~メタボ会オリジナル体操も考えよう!!~」
●第  2回 特別講演:「すわろビクス☆」
●第  1回 特別講演:「寒くても運動! こたつエクササイズ」

メタボリックシンドローム会事務局

●事務局   京都医療センター メタボリックシンドローム会事務局 
     浅原 哲子  村中 和哉
●連絡先   電話 :075-641-9161(内線7339)
     FAX   :075-645-2781

ページトップへ