形成外科

眼瞼下垂について

眼瞼下垂とは

概要・症状

眼瞼下垂とはその名前の通り、まぶたが垂れ下がってきて見にくくなる病気です。
まぶたが重い、見にくい、特に上方の視野がせまいという症状が主なものになります。
さらにまぶたを挙上できないためにおでこの筋肉を使って無理やりあげようとすることによる眉毛挙上や、首を後ろに倒して見ようとする頸部後屈によって、頭痛や肩こりの原因となることもあります。また眠たそうな見た目になるため整容面の問題が生じます。
見にくさや視野の改善のため、また副次的に頭痛や肩こり、整容面の改善を得るために手術を行います。
単なる整容面の改善のための手術は保険適応になりませんので、当院では扱っておりません。

分類・原因

主なものは腱膜性眼瞼下垂・上眼瞼皮膚弛緩症が混在した退行性(加齢性)眼瞼下垂になります。

腱膜性眼瞼下垂(筋肉が緩んでいる)

右腱膜性眼瞼下垂

眼瞼挙筋という筋肉が、瞼のキワにある瞼板を持ち上げることで、まぶたを持ち上げていますが、この眼瞼挙筋と瞼板を繋いでいるのが挙筋腱膜とミュラー筋という組織です。
腱膜性眼瞼下垂ではこの挙筋腱膜とミュラー筋にゆるみが生じ、眼瞼挙筋の力をうまく瞼板に伝えられないことで起きてしまう眼瞼下垂です。

原因としては加齢に伴い徐々に進行していくものですが、その程度には個人差があり、一生問題にならない方もいらっしゃいます。
また、ハードコンタクトレンズの長期使用者や白内障手術後にも生じる可能性があることが知られています。
このタイプの眼瞼下垂の場合は挙筋腱膜やミュラー筋のゆるみをとる、挙筋前転術や挙筋短縮術を行うのが一般的な治療法となります。

上眼瞼皮膚弛緩症(皮膚が被さる)

まぶたの皮膚にたるみが生じ、まぶたは開いているのに、皮膚が覆いかぶさってしまい瞳孔にかかることで、見にくさやまぶたの重さが生じるものです。こちらも主に加齢に伴って進行するものです。
眉毛の下や重瞼線の所で皮膚を切除するのが主な治療法となります。軽度のものであれば二重の線をしっかり作ることで治療できる場合もあります。

先天性眼瞼下垂

生まれつき眼瞼挙筋の働きが弱い、または眼瞼挙筋の欠損があるものです。両側性の場合も片側性の場合もあります。
重症のものでは、片眼で見る癖がついてしまい、下垂のある眼を使わないことによる弱視が生じてしまうので、眼科の先生と連携しながら幼いうちから治療が必要なものがあります。
軽度のものであれば挙筋前転術や挙筋短縮術、中等症から重症では筋膜吊り上げ術が一般的な治療法となります。

その他のもの
顔面神経麻痺、動眼神経麻痺、horner症候群、murcus gunn現象、重症筋無力症、筋ジストロフィー、ミトコンドリア脳筋症、眼瞼・眼窩腫瘍、眼球陥凹、眼瞼痙攣など

治療方法

手術

上記の見辛さや視野障害の改善のため、また副次的な頭痛・肩こりの改善のためには手術による治療が基本となります。
日帰り手術も可能ですが、特に両目手術の場合は術後の腫れにより日常生活に支障をきたすことがあるため、短期入院をお勧めしています。

挙筋前転術・挙筋短縮術

腱膜性眼瞼下垂の治療法となります。挙筋前転術では二重の線で(一重の方では二重を作成する予定部で)皮膚切開して前述した挙筋腱膜を見つけて、緩みを取るように瞼板に縫合固定します。重症の場合はミュラー筋も同時に短縮・縫合固定する挙筋短縮術を行います。

術前

術後3ヶ月
まぶたの開きが良くなるのとともにまぶたのくぼみも改善した。

重瞼部・眉毛下皮膚切除術
上眼瞼皮膚弛緩症の治療法となります。腱膜性眼瞼下垂も多くの方で皮膚弛緩症も合併していますので、同時に行うことが多いです。

重瞼部

眉毛下

重瞼部皮膚切除 眉毛下皮膚切除
長所 挙筋前転術と同時にできる
重瞼線に隠れて傷は目立たない
重瞼が作成できるため皮膚挙上効果が高い
厚い皮膚が切除できる
術前と眼瞼のイメージの変化が少ない
傷跡もほとんど目立たない
腫れは少ない
短所 皮膚が厚い方では二重の線が丸くなり、美しくない事がある
見た目の変化が大きい
傷跡が重瞼部よりは目立つ
挙筋前転と同時にできない
重瞼作成しないため皮膚切除が不足すると見づらさの原因となる
筋膜吊り上げ術

重度の先天性眼瞼下垂・腱膜性眼瞼下垂、神経・筋疾患が原因のもので、眼瞼挙筋の機能が十分には見込めない場合は筋膜吊り上げ術を行います。
大腿部から採取した筋膜や人口材料を用いて、眉毛の上のところで前頭筋という筋肉と前述の瞼板に筋膜を固定することで、前頭筋を収縮する(おでこにシワをつくる・眉毛を持ち上げる)と、まぶたを持ち上げることができるようになります。

合併症

内出血・腫れ
個人差はありますが、ほぼ全員の方に生じ、強い方では前も見辛いほど腫れることがあります。1週間程度でかなりひきますが、通常3週間程度で許容範囲内となることが多いですが、長い方では数ヶ月腫れが持続します。治癒を早めるために漢方薬を処方する場合があります。
左右差
大なり小なりありますが、手術は人の手ですることですので左右差が起こります。できるだけ左右差が生じないよう術中の確認を行いますが、左右差が生じてしまった場合は希望があれば修正を行います。
重瞼の乱れ・予定外重瞼線など整容的な問題
意図しない部分が癒着(くっつく)して、重瞼線が綺麗にできない場合があります。希望があれば、状態によって修正の手術を行います。
低矯正
挙筋の状態が悪くうまくまぶたが上がらなかった、術後後戻りしたなどの原因で生じます。再手術や筋膜吊り上げ術を検討します。
過矯正・閉瞼不全
逆に上げ過ぎてしまい、まぶたが閉まりづらくなることがあり、術中に問題ないか十分に確認します。それでも閉瞼不全が強く角膜に傷ができてしまうような場合には、早めの修正手術が必要となる場合があります。
ドライアイ
術前より眼球の露出面積が大きくなりますので、ドライアイが生じます。特に術前からドライアイがある場合には注意が必要です。
眼球損傷などその他予期せぬもの
当院ではこれまでに経験はありませんが、眼球近くの手術ですので全く起こらないとは言えません。

通常の初診〜術後の流れ

初診
かかりつけの先生にご紹介いただくか、待ち時間は長くなりますが、予約なしでの受診も対応しております。既往歴などの問診や診察を行って、眼瞼下垂の原因を診断し、治療法を決定し、手術の予約を行います。通常予約日の2〜3週間後程度となります。術前の採血、手術・入院の場合は入院のオリエンテーションを行います。
入院
入院を希望される場合は、手術前日に入院します。手術当日の入院も対応可能ですが、手続きなどでややせわしなくなります。入院期間は3〜4日間となります。
手術
手術を受けていただきます。挙筋前転術でしたら両眼で1〜2時間程度となります。
まぶたの上にガーゼを貼ってお帰りいただきます。
術後当日
術後は腫れ、疼痛、出血予防のため、まぶたをクーリングして頂いています。術後の出血を起こさないために、できるだけ安静にして頂くのが望ましいです。また体温が上がるのも出血を促すため、当日の入浴シャワーは控えてください。
抜糸まで
抜糸までの期間は傷口に軟膏を塗ります。傷口が落ち着いてくれば(術後1〜2日程度)、ガーゼを外して、洗顔・シャワーを許可します。
抜糸、抜糸後
術後6〜10日程度で受診していただき、抜糸を行います。抜糸後は化粧も可能です。術後半年までは後戻りの可能性があるため、数ヶ月おきに再診して頂くのが望ましいです。

料金の目安・手術給付金

3割負担の方 1割負担の方
眼瞼挙筋前転術 21,600円 7,200円
上眼瞼皮膚切除術のみ 18,210円 6,070円
筋膜吊り上げ術 55,590円 18,530円

いずれも片側の場合の料金となります。
これに加えて、入院の費用や薬剤の費用がプラスとなります。

眼瞼下垂症の手術はほとんどの保険会社で給付対象になるようです。
加入されている保険会社に確認をおすすめします。

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス