脳神経内科

脳神経内科について

  1. 納得できる医療を目指します
  2. 紹介医との密な連絡(病診連携)および大学や機関病院との連携に努めます
  3. 看護師、薬剤師、理学療法士など他の医療従事者とのチーム医療を推進します
  4. 若手医師の教育に尽力します

特色・取り組み

  1. 日本神経学会:学会認定教育施設、日本脳卒中学会:認定研修教育病院、日本認知症学会:専門医教育施設に指定されています。
    EBMに基づいた診療を、研修医・レジデントの教育も十分に考慮して行っています。
  2. 脳血管障害(脳卒中,認知症,パーキンソン病)に関して、全国規模の臨床研究に参加し、積極的に取り組んでいます。
  3. 24時間体制で、脳外科,救命救急科とともにあらゆる急性脳神経疾患に対応しています。
    頸部血管・心臓超音波検査など生理機能検査、MRI・脳血管造影など放射線学的検査、脳SPECTなど核医学検査も充実しており、急性期診断および慢性期管理・脳卒中予防に十分な対応が可能です。
  4. 認知症を対象に、外来で音楽療法を行っています。

診療内容

脳神経内科は、ヒトの脳・脊髄・末梢神経・筋肉に生じるさまざまな器質的障害を診る専門診療科で、欧米ではNeurology(神経科)と呼ばれ、100年以上の歴史を有しています。
21世紀は脳・神経科学の時代と云われ、日本でも、脳神経疾患への重要性への認識は高まっており、脳神経内科はその成果を医療に生かす専門分野と云えます。
脳神経内科を受診される方の訴えは、頭痛やめまい、手足のしびれ、脱力、ふるえ、ふらつき、物忘れなど、日常ありふれた症状が多いです。
病気としては、脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)、認知症(アルツハイマー病など)、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などの数多の神経難病、多発性硬化症、重症筋無力症などの免疫神経疾患、脳炎、髄膜炎など神経感染症、頭痛、てんかんなどの発作性疾患、ギランバレー症候群、種々のニューロパチーなどの末梢神経疾患、筋炎、筋ジストロフィーなどの筋疾患など、その範囲は多岐に渡ります。
また、 当センターのような総合病院では 全身疾患の部分症状としての神経傷害や他臓器疾患に併発した神経傷害などを診療する機会も多く、当科の日常業務の中で重要な部分を占めています。
高血圧・糖尿病・内分泌疾患・免疫疾患(膠原病など)の合併症としての脳血管障害、末梢神経障害や筋症状のため内科系診療科より紹介を受けたり、脊椎症に伴う脊髄神経根傷害、また眼瞼下垂や複視などで外科系診療科より依頼を受けることも少なくありません。 他診療科との連携と協力により、迅速に適切な診断と治療を行うことが可能となっています。

神経疾患の急性期診療

以下の急性期疾患を取り扱っています。

脳血管障害(脳梗塞・脳出血など)
脳外科と救命救急科と連携をとり、的確な診断、最善の治療を行っています。24時間体制で、脳神経疾患専門当直を置き、対応しています。
脳血管障害急性期対応
  • 経静脈的血栓溶解療法(rt-PA静注療法)
    →詳しくは診療科からのお知らせ(経静脈的血栓溶解療法(rt-PA静注療法)について)をご覧ください。
  • 脳卒中集中治療室(Stroke Care Unit(SCU))
免疫疾患を含めた炎症性疾患
末梢神経炎(ギランバレー症候群、慢性炎症性多発根神経炎)、 脳炎、髄膜炎、多発性硬化症・急性播種性脳脊髄炎など
てんかん・頭痛など発作性疾患
病状が安定して慢性期に至った時点で外来通院へ移って頂くか、後遺障害の程度によっては療養型施設やリハビリ病院を紹介させて頂いて慢性期治療を継続します。
とくに脳血管障害に関しては、京都府脳卒中地域連携パスの枠組みでスムースな対応をしています。

神経難病や慢性疾患

以下の疾患の診断確定と病初期の入院加療、その後の通院加療、及び併発症(感染症など)治療目的の短期入院加療を行っています。

変性疾患
認知症を主とするもの:アルツハイマー病、レビー小体型認知症など
筋力低下を主とするもの:筋委縮性側索硬化症、球脊髄性筋委縮症など
パーキンソン症状を主とするもの:パーキンソン病、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症など
失調を主とするもの:オリーブ橋小脳萎縮症、多系統委縮症など
>>>こちらのページをご覧下さい。
筋疾患
筋ジストロフィー、重症筋無力症など
診断と治療評価に必要な画像検査・電気生理検査・病理検査などの機器は充分に備わっており、京都大学附属病院、国立病院機構宇多野病院をはじめとする他施設の専門医との連携・協力も充実しています。 病状の進行のために通院困難になった方や自宅での生活動作が自立できなくなった場合、地域医療連携室を介して自宅療養への支援や療養型施設の紹介などの援助を行っています。 また、若年性認知症に対して、外来で音楽療法を行っています。

専門外来

脳血管障害外来

毎週水曜日 (担当:大谷良 神経内科医長)
脳血管障害で入院された患者様のフォロー(予防)、脳血管障害の臨床試験に参加されている患者様が対象になります。

ボツリヌス外来

顔面痙攣、眼瞼痙攣に対するボツリヌス治療を随時、行っています。
(担当:大谷良 診療科長)
>>>こちらのページをご覧下さい。

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス