婦人科

低侵襲手術

腹腔鏡手術
腹腔鏡手術は従来の開腹手術にくらべて、術後の痛みの軽減、短い入院期間と早期の社会復帰、傷が小さくて目立たない、といったよい点がたくさんあります。良性卵巣腫瘍のほとんどと、子宮腫瘍の多く(子宮筋腫など)が腹腔鏡で手術可能です。当院では内視鏡技術認定医の指導のもと、多くの種類の手術を腹腔鏡で行っています。新しくLSC(腹腔鏡下仙骨腟固定術)という子宮脱の手術が保険診療で受けられるようになりました。まずは外来でご相談ください。
ロボット支援手術
手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ システム」を用いた腹腔鏡手術です。ロボット支援手術では、通常の腹腔鏡手術に比べて繊細で複雑な操作を簡単に行うことができます。当院産婦人科では、子宮良性腫瘍に対する子宮全摘出術と、初期子宮体がんに対する子宮悪性腫瘍手術をロボット支援手術として保険診療で受けることが可能です。詳しくは外来で担当医にご相談ください。
子宮悪性腫瘍の低侵襲手術
腹腔鏡手術やロボット支援手術を合わせて低侵襲手術といいます。当院では、子宮体がんや子宮頸がんの手術の一部を低侵襲手術で受けることができます。婦人科腫瘍専門医と腹腔鏡技術認定医が協力して安全に手術を行います。
1) 子宮体がん:
初期の子宮体がんの手術を腹腔鏡手術またはロボット支援手術で行っています。当院では初期子宮体がんの骨盤リンパ節郭清を含む手術を保険診療として受けることができます。また、一部の高リスクの子宮体がんの傍大動脈リンパ節郭清を含む手術を保険外診療として開始しています。
2) 子宮頸がん:
当院ではごく初期の子宮頸がんの「腹腔鏡下広汎子宮全摘出術」を保険診療として受けることができます。この手術は学会に登録された一部の施設でしか受けることができません。どういった病状の方が対象になるかについては外来担当医より説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス