腫瘍内科

腫瘍内科について

  1. 患者さんが納得し満足いただける医療を提供します
  2. 患者さんとご家族を徹底的に支援します
  3. エビデンスに基づいた最善の化学療法を行ないます
  4. 化学療法と並行して、緩和医療を提供します
  5. 患者さんと一緒に歩み、成長する姿勢を大切にします
  6. 地域の医療機関との連携を大切にします

特色・取り組み

化学療法のエキスパートとして安全安心な治療を提供しています

腫瘍内科での治療は、がんに対する化学療法(進行・再発がんに対する化学療法、術前・術後補助化学療法、化学放射線療法)が主体となります。
治癒が見込めるがんの場合、手術が選択されることが多いですが、再発したがんや、根治手術が出来ない進行がんの場合、多くは化学療法だけで治癒をめざすことが難しいのが現状です。
がんの種類によって抗がん剤の効果にはかなり差がありますが、化学療法の目標は、がんの進行を遅らせることで症状を和らげ、元気に生活できる時間をひきのばす(延命)ということになります。
化学療法は、がんとうまく付き合っていくための一つの方法とお考えください。
当科では、エビデンスやガイドラインに基づいた標準的な治療を行うのはもちろんですが、患者さんの病態に合わせて治療方針を立てていくことを重視しています。
最近では分子標的治療薬という新しい抗がん剤が数多く登場し、化学療法はますます専門的なものとなってきています。
当科は化学療法のエキスパートとして、安全で効果の高い治療を提供しています。

いつでも担当医にご相談できます

多くの抗がん剤は、がん細胞だけでなく、正常な細胞にも作用してしまうため、化学療法には副作用がつきものです。
嘔吐や脱毛をイメージされる方は多いでしょう。しかし、近年副作用を抑える治療は格段に進歩し、嘔吐で苦しむことはほとんどなくなってきています。
きちんと副作用をコントロールすれば、日常生活にあまり支障をきたさず治療を継続することができます。
多くの方が、仕事を続けながら化学療法を受けており、スポーツや旅行を楽しんでいます。
「副作用は我慢するもの」と考えるのは間違っています。担当医やスタッフ(看護師や薬剤師)に何でも相談し、その対処法を理解することが重要です。
日常生活をより快適に過ごすための工夫はたくさんあります。
当科では、何か困ったことがあった場合や急に体調が変化した場合に、いつでも担当医に連絡が取れる体制をとっており、治療に伴う不安を少しでも軽減していただけるよう配慮しています。

がんの苦痛よ、さようなら!

がんの進行に伴い、痛みや食欲低下など、さまざまな症状が出現します。苦痛を和らげる治療(緩和医療)は、化学療法と同じく、がん治療の大きな柱です。
化学療法と緩和医療は決して相反するものではなく、病気の進行に応じてその果たす役割が変化するだけです。
苦痛を出来るだけ和らげつつ治療を継続することで、有意義な生活が送れます。
当院には緩和ケア医、腫瘍内科医、精神科医、看護師、薬剤師、栄養士、心理カウンセラー、音楽療法士など多職種で構成する緩和ケアチームがあり、患者さんのあらゆる身体的・精神的苦痛に対するサポートを行っています。
がん性疼痛のほとんどは、モルヒネなどの医療用麻薬を適切に使用することでコントロールできます。
また、食欲不振などの消化器症状に対しても、有効な方法があります。
当院にはいわゆるホスピス病棟はありませんが、長い治療生活に、一貫して患者さんを支援する体制が整っています。

治療のことで悩む前に

私たちは治療にかかわるチーム全体で、最善の方法を一緒に考えながら患者さんをサポートします。
「地域医療連携室」では、在宅ケアやホスピスを含めた入院治療など、患者さん自身が希望される治療の場が提供できるよう、様々な相談をお受けしています。
また、患者さんや家族の方が、緩和ケアや痛みの治療を理解し、患者さん同士の交流を深めていただくことを目的に、月1回「ペインスクール」という勉強会を行っております。
病気のつらさや心配事は一人で抱え込まずに、周囲の医療スタッフやご家族に相談することがとても大切です。

よりよい治療法をめざしています

がんの治療は、臨床試験を通して進歩してきました。新しい治療法の安全性・有効性を確認するためには、臨床試験という形で科学的に効果を評価しなければいけません。
よりよい治療法を開発していくためには、患者さんの協力が不可欠です。
当科では、新薬や新しい治療法の治験など臨床試験を積極的に行い、がん治療の進歩に貢献していきます。

診療内容

現在、化学療法の多くは外来通院で行うことが可能です。
外来化学療法センターでは、看護師や薬剤師の専門スタッフがきめ細かいケアを行いながら、安心して治療を受けていただくことが出来ます。

  • 化学療法を行っている対象疾患
    消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、消化管間質腫瘍など)
    膵臓がん、胆道がん
    原発不明がん
    頭頚部がん
    乳がん
    肺がん
    その他の固形腫瘍
    緩和医療
  • 当院での治療を希望される場合、現在院外からの直接紹介は受け付けておりません。
    一旦外科あるいは消化器内科等を受診されてから、腫瘍内科をご紹介いただく形となります。
    ご了承ください。

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス