国立病院総合医学会





臨床栄養科

診療のモットー

  1. 患者さんの栄養管理に努めます
  2. 衛生管理に十分配慮した安全・安心な食事の提供に努めます
  3. 栄養状態に合った精度管理された食事を提供します
  4. 食欲増進に繋がる食事提供に努め、行事食の提供に努めます
  5. 患者さんの栄養状態の維持・改善に努め退院前の食事指導の推進に努めます
  6. チーム医療に積極的に参加し、栄養管理に関する研究を推進します

当科の特色




その他の取り組み
  • 入院患者さんが、満足して喫食していただくために嗜好調査、残食調査を実施しており、その結果をもとに検討会を実施し献立に反映させています
  • 大量調理施設衛生管理マニュアルに準じて安全に食事を提供しています
  • また大規模災害などに備えた非常食を常備しています

栄養食事指導を受けてみませんか

糖尿病、脂質異常症、腎臓病、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病に対する食事療法、がん、手術後の食事についてなどあらゆる疾患に対して栄養食事指導を行っています。ご希望の方は、主治医にご相談ください

栄養指導風景
集団の指導も実施しています
  • 糖尿病、妊産婦の方を対象にした集団教室もそれぞれ実施しています
  • くわしくは、診療科でお尋ねください

診療内容



スタッフ紹介



臨床栄養科長
おおたに てつし
大谷 哲之

◆専門分野・得意疾患
上部消化管(食道・胃)腹腔鏡手術、食道がん・胃がん
◆認定・専門医等  
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本病態栄養学会評議員



その他 管理栄養士7名、調理師12名、非常勤栄養士4名、非常勤調理師1名、非常勤事務助手1名、派遣調理師4名、派遣調理員12名、委託職員


実績/教育・研究活動

【栄養指導】 
29年度 30年度
個人指導 3287件 3284件
集団指導 210名 113名
透析予防指導 66名 124名

【チーム活動状況】
29年度 30年度
NSTカンファ 142件 164件
NST加算数 800名 1183名

【教育活動】
29年度 30年度
臨地実習受け入れ 6大学 23名 26名

地域活動(30年度)
イベント名 講演内容/活動内容
第36回サマーキャンプ 低学年勉強会 スタッフ派遣
第21回伏見栄養療法・在宅医療研究会講演 在宅に向けての当院管理栄養士の関わり
第11回医療連携フォーラム講演 糖尿病“手こずり症例”生活習慣の改善が困難な肥満症例、認知機能生涯により事故管理が困難な症例
第9回腎臓病教室 フレイル・サルコペニアを防ぐ食事
伏見内分泌代謝ネットワーク第30回連携の会 骨粗鬆症とダイエット
第16回脳卒中市民公開講座 食事から防ぐ!~脳卒中のいろは~
第18回メタボ会 もう一度振り返ろう~食事療法から当院レシピ本の活用
京都市社会福祉協議会 食べることがこれからの身体をつくる
第12回医療連携フォーラム 糖尿病性腎症の重症化予防への介入~透析予防外来の効果~

【研究活動】
第36回日本肥満症治療学会学術集会
やせるレシピ本で減量に成功し、糖尿病、脂肪肝、うつ状態が劇的に改善した若年症例
○西田 博樹
第18回日本先進糖尿病治療研究会/第16回1型糖尿病研究会(合同開催)
管理栄養士が1型糖尿病患者に関わる上で最も大切なこと
○大谷 弥里
第72回国立病院総合医学会
1型糖尿病外来及びCSⅠⅠ外来における栄養士の関わり
○鳥山 明子
第72回国立病院総合医学会
がん治療における口腔ケア、外科医の立場からの口腔ケア
○大谷 哲之