歯科口腔外科・小児歯科

治験・臨床研究

学会発表など

2017年

  • 吉田和也. 舌ジストニアに対するボツリヌス療法とMAB(Muscle afferent block)療法. 第4回日本ボツリヌス治療学会. 2017.9.29-2017.9.30 (東京)
  • 下郷麻衣子. 終末期がん患者の口腔トラブルとケア~緩和ケア病棟スタッフと 共に歩んだ2年~. 第22回日本緩和医療学会学術大会. 2017.6.23-2017.6.24 (横浜)
  • Yoshida K, Yamaguchi T, Miyamoto E, Shimosato M, Ono J, Hyo Y. Task-specific lingual dystonia is induced by occupation. 第62回日本口腔外科学会. 2017.10.20-2017.10.22 (京都)
  • 大野 純,吉田 和也,山口 隆子,宮本 絵里加,下郷 麻衣子,兵 行忠. 初診時に顎関節強直症と思われた二次性閉口ジストニアによる重度開口障害の1例. 第62回日本口腔外科学会. 2017.10.20-2017.10.22 (京都)
  • 福原 紫津子,大野 純,吉田 和也,兵 行忠. 舌に発生した筋肉内脂肪腫の1例. 第62回日本口腔外科学会. 2017.10.20-2017.10.22 (京都)
  • 宮本 絵里加,吉田 和也,山口 隆子,下郷 麻衣子,大野 純,兵 行忠. 下顎頭の中頭蓋内陥入を生じた関節窩骨折の1例. 第62回日本口腔外科学会. 2017.10.20-2017.10 (京都)
  • 吉田 和也,宮本 絵里加,山口 隆子,下郷 麻衣子,大野 純,兵 行忠. 顎口腔領域の不随意運動に対する歯科口腔外科的治療. 第71回国立病院総合医学会. 2017.11.10-2017.11.11 (高松)

2016年

  • 吉田和也. ジストニアによる顎関節脱臼とボツリヌス治療. 第29回日本顎関節学会総会・学術大会. 2016.7.18 (箱根)
  • 吉田和也. Coronoidotomy for oromandibular dystonia-related limited mouth opening: long-term follow-up. 第29回日本顎関節学会総会・学術大会. 2016.7.18 (箱根)
  • 吉田和也. 歯科インプラント埋入用装置を応用した外側翼突筋へのボツリヌス毒素注射法. 第3回日本ボツリヌス治療学会学術大会. 2016.9.30 (東京)
  • 吉田和也. 閉口ジストニアに伴う開口制限に対する筋突起切離術の効果と予後. 第3回日本ボツリヌス治療学会学術大会. 2016.9.30 (東京)
  • 吉田和也、大野 純、宮本絵里加、山口隆子、下郷麻衣子、兵 行忠. サージカルテンプレートを応用した外側翼突筋へのボツリヌス毒素注射方法. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会. 2016.11.25~2016.11.27 (千葉)
  • 宮本絵里加、福原紫津子、山口隆子、大野 純、吉田和也、兵 行忠. 上顎犬歯に発生したCombined epithelial odontogenic tumourの1例. 第47回日本口腔外科学会近畿支部学術集会. 2016.7.2 (大阪)
  • 吉田和也. 顎口腔領域の筋緊張異常に起因する疾患の診断と治療 ー睡眠時無呼吸症候群と不随意運動についてー. 三木市三師会学術講演会. 2016.7.14 (兵庫)
  • 下郷麻衣子. 終末期患者の口腔トラブルと医科歯科連携. 京都府伏見区歯科医師会地域連携講演会. 2016.7.22 (京都)

論文

2018年

  • Yoshida K. Sensory trick splint as a multimodal therapy for oromandibular dystonia. Journal of Prosthodontic Research 62, 239-244, 2018. doi:10.1016/j.jpor.2017.09.004
  • Yoshida K. Computer-aided design/computer-assisted manufacture-derived needle guide for injection of botulinum toxin into the lateral pterygoid muscle in patients with oromandibular dystonia. Journal of Oral & Facial Pain and Headache 32, e13-e21, 2018. doi: 10.11607/ofph.1955
  • Yoshida K. Multilingual website and cyberconsultations for oromandibular dystonia. Neurology International 10, 7536, 2018. doi: 10.4081/ni.2018.7536
  • Yoshida K. Botulinum neurotoxin injection for the treatment of recurrent temporomandibular joint dislocation with and without neurogenic muscular hypertrophy. Toxins 10, 174, 2018. doi: 10.3390/toxins10050174
  • Yoshida K. Oromandibular dystonia screening questionnaire for differential diagnosis. Clinical Oral Investigations 22, 2018. doi: 10.1007/s00784-018-2449-3
  • 吉田和也.綿井がボツリヌス治療を始めた頃.日本ボツリヌス治療学会雑誌 4, 29-30, 2018.
  • 坂本 崇,吉田和也.顎・舌・舌ジストニアの症状にはどのようなものがありますか?「ジストニア診療ガイドライン」作成委員会編,ジストニア診療ガイドライン2018.南江堂,東京,p69-70,2018.
  • 坂本 崇,吉田和也.顎・舌・舌ジストニアはどのように治療しますか?「ジストニア診療ガイドライン」作成委員会編,ジストニア診療ガイドライン2018.南江堂,東京,p71-72,2018.

2017年

  • Yoshida K. Surgical intervention for oromandibular dystonia-related limited mouth opening: long-term follow-up. Journal of Cranio Maxillofacial Surgery 45, 56-62, 2017. doi: 10.1016/j.jcms.2016.10.009
  • Yoshida K. How do I inject botulinum toxin into the lateral and medial pterygoid muscles? Movment Disorders Clinical Practice 4, 285, 2017. doi:10.1002/mdc3.12460
  • Yoshida K. Clinical and phenomelogical characteristics of patients with task-specific lingual dystonia: possible association with occupation. Frontiers in Neurology 8, 649, 2017. doi:10.3389/fneur.2017.00649
  • 吉田 和也.歯ぎしりにボツリヌス治療は有効か?アンチ・エイジング医学一日本抗加齢医学会雑誌13, 393-398, 2017.

2016年

  • Maezawa H, Tojyo I, Yoshida K, Fujita S. Recovery of impaired somatosensory evoked fields induced by tongue stimulation after improvement of tongue sensory deficits. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 74, 1473-1482, 2016.

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス