麻酔科

無痛分娩 Q&A

無痛分娩は安全ですか?
硬膜外鎮痛法は、正しく行えば、お母さんにとっても、赤ちゃんにとっても、安全に行うことができます。当院の無痛分娩は、硬膜外鎮痛に習熟した麻酔科医が行います。重篤な合併症が起こる可能性はゼロではありませんが、麻酔科医は合併症への対処にも精通しており、早期発見、早期治療によりその確率は非常に低いものとなります。
赤ちゃんに影響はありますか?
硬膜外鎮痛では、薬剤が胎盤を通らず直接神経に届くのでお薬の影響はありません。
どのくらい楽になりますか?
完全に痛みを取ってしまうと、麻酔の作用が強く出過ぎてしまい、足がしびれたり動かなくなったりします。また、子宮収縮の感覚もなくなるため、いきめなくなり分娩時間が伸びてしまいます。そのため。適正な無痛分娩とは「ちょっと痛みは感じるけど、大丈夫!」という状態です。
分娩時間に影響しますか?
分娩時間は長くなる傾向があります。そのため、陣痛促進剤の使用や鉗子分娩の、吸引分娩の率が増えるといわれています。
帝王切開になりませんか?
さまざまな研究結果から、無痛分娩を行ったからといって、帝王切開の率が増えることはないとされています。
授乳に影響はありませんか?
硬膜外鎮痛で使った薬剤が母乳に含まれる量はごくごく少量であり問題になりません。硬膜外無痛分娩が授乳に悪い影響を与えることはないと考えられています。
赤ちゃんに対する愛情に影響はありますか?
「お腹を痛めて産んだ子」という言葉がありますが、実際には分娩の痛みが赤ちゃんに対する愛情に影響するわけではありません。無痛分娩でも帝王切開でも赤ちゃんに対するお母さんの愛情に影響はありません。科学的な研究でも無痛分娩が母子関係に悪影響を及ぼすことはないとされています。
無痛分娩を受けるにはどうしたらいいですか?
まず当院の産婦人科の先生にご相談ください。その上で麻酔科医から詳しい説明をさせていただきます。
無痛分娩の費用はどのくらいですか?
諸費用(材料費、薬贅皮)込みで10万円(税別)です。

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス