国立病院総合医学会





最新医療

ロボット支援手術

今日さまざまな領域の外科手術手技において、従来の開腹手術は内視鏡を用いる低侵襲手術へと変換されつつあります。内視鏡を用いる低侵襲手術の利点は、より早い術後の回復および経口摂取、より短い入院期間、術後疼痛の軽減、美容上の美しさ、そして医療費用の削減などが挙げられます。
手術支援ロボット ダ・ヴィンチ(da Vinci surgical system)は米国で開発された手術支援ロボットです。欧米を中心に早くから医療機器として認可され、1997年より臨床応用され、日本でも2009年11月に国内薬事承認されました。そして2012年4月「前立腺がんに対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘」 さらに2016年4月「腎臓がんに対するロボット支援腎部分切除術」が保険適用になり、2018年度診療報酬改定 (ロボット支援)では、以下の術式が保険適応となり、適応が拡大されました

本術式の利点は以下の通りです。


当院では2014年8月に京都府下で5施設目、京都市内で4施設目にロボット支援手術を導入し、この度2019年7月には最新機種の第4世代のXシステムに機器更新を行いました。これにより更なる高画質の視野が得られ、手術のア-ムがより小さくより細くなり可能域が拡大し干渉を最小化することができるようになりました。その他にも様々なアドバンスがあり、現在 外科、婦人科 呼吸器外科 泌尿器科において手術適応が拡大され、患者様により安全で確実な手術の実施に役立てています。また当院では早くからロボット支援手術を開始していますので、ほとんどの術式は「保険診療でロボット手術を受けられる施設」でもあります。



【ロボット支援手術の場面】
左からサ-ジョンコンソ-ルで操作する術者 中央で手術介助を行う看護師 3-D画面のモニタ- 右に患者さん横で助手を行う医師及びペ-シェントカ-ト


当院で施行されるロボット支援手術は以下のようなものです。

外科領域

婦人科領域

呼吸器外科領域

泌尿器科領域


詳しくは各診療科の主な担当者にお尋ねください。


外科

外科医長
やまぐち たかし
山口 高史

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・指導医
日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医・技術認定審査員・評議員


京都大学医学部 臨床准教授
京都大学 非常勤講師


はた ひろあき
畑 啓昭

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医・評議員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本外科感染症学会 周術期管理認定医・教育医、評議員


まつすえ りょう
松末 亮

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医
日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

婦人科

産科婦人科医長
あびこ かおる
安彦 郁

日本産科婦人科学会 専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 専門医 代議員
日本産婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本ロボット外科学会専門医(国内B級)

呼吸器外科

はしもと まさゆき
橋本 雅之

日本外科学会 外科専門医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・評議員
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
肺がんCT検診認定機構 肺がんCT検診認定医
滋賀医科大学呼吸器外科 非常勤講師(診療)

泌尿器科

診療部長 泌尿器科科長
おくの ひろし
奥野 博

日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本泌尿器科内視鏡学会 代議員 腹腔鏡技術認定医 ロボット支援手術プロクタ-認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医


京都大学医学部 臨床教授
関西医科大学 臨床教授