膠原病・リウマチ内科

膠原病・リウマチ内科について

「病を診ずして病人を診よ」
病気のみを診るのではなく、一人ひとりの患者さんの社会的背景や精神・心理的側面にも配慮した診療を行い、 最善の医療を提供します。

特色・取り組み

膠原病・リウマチ性疾患は多くの場合、慢性疾患であり、長期にわたる治療が必要です。
様々な治療の選択肢を提示し、ご納得のいただける医療を提供します。
従来の治療に抵抗する難治性関節リウマチに対しては新規の抗リウマチ薬や生物製剤を用いて治療をおこなうことも可能です。
膠原病・リウマチ性疾患においては、肺、関節、皮膚、神経、腎臓、心臓、消化管など多彩な臓器の障害を合併することが多いため、他科との連携をとりながら治療をおこなっていきます。より高度な治療が必要になれば、大学病院に紹介させていただきます。

診療内容

  • 関節リウマチ
  • 悪性関節リウマチ*
  • 全身性エリテマトーデス*
  • 強皮症(全身性硬化症)*
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎*
  • 混合性結合織病*
  • 血管炎症候群*
  • シェーグレン症候群*
  • リウマチ性多発筋痛症
  • 痛風、偽痛風
  • ベーチェット病*
  • 抗リン脂質抗体症候群*
  • 成人スティル病*

など
*は、厚生労働省の定める指定難病です。

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス