医療関係者の方

新臨床研修制度のご案内

卒後研修プログラム研修医の処遇願書様式

京都医療センター卒後研修プログラム

1. 当院の研修プログラムの特色2. プログラムの内容3. 評価とフィードバック4. 研修医当直

2.プログラムの内容
24) ユニット 泌尿器科

はじめに (GIO):
泌尿器科学は、腎、尿路・男性生殖器・後腹膜に関与する病態を対象とする。その診療上の特性は患者の生命に関与する腎、尿排泄機能や生殖機能などの患者の問題を対象としているため、医学的のみならず、心理的・社会的にも問題点をとらえ、その問題解決をおこなう力が要望される。


期 間:

 1ヶ月(2ヶ月まで延長可能) 選択 (一時期に受け入れられる最大研修医数:2)

目 標:

  1. 泌尿器科疾患に対する必要な検査の選択とその結果の解析・解決法の習得。
  2. 泌尿器科外科手術の基本手技(切開、縫合、結紮、内視鏡的操作)の習得。
  3. 泌尿器科外科手術の周術期管理の習得。
  4. 前立腺疾患のスクリ-ニングと経直腸的超音波下前立腺針生検の習得。
  5. 尿路性器感染症に対するガイドラインに準じた診断・治療の習得。

方 略:

  1. 指導体制は、指導医とのマンツ-マン体制で行う。
  2. 最初の2週間で基本的考え方、診断法を習得し、残りの2週間で基本的手技を実践する。
  3. 手術は、第1あるいは第2助手として参加。
  4. 指導医とともに受け持ち患者を主治医として担当する。
  5. 主治医として術前・症例カンファレンスで症例提示および関連疾患全般の知識の整理を行う。
  6. カルテ・手術記録の記載、周術期管理を指導医の管理のもと行う。
  7. 外来にて指導医とともに新患患者の診療にあたる。
  8. レントゲンカンファレンスに参加し、読影力を習得する。
  9. 京都大学大学院器官外科学泌尿器病態学講座主催のマンスリ-ミ-テイングに参加する。
研修医週間スケジュール
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
8:00-8:30 術前
カンファレンス
レントゲン
カンファレンス
-9:00
術前
カンファレンス
- 術前
カンファレンス
抄読
8:30-12:00 手術 病棟・外来 手術 病棟・外来 手術
9:30-10:30 医長回診 回診 医長回診 回診 医長回診
13:00-17:00 手術 - 手術 - 手術
13:30-16:00 - 内視鏡検査
・処置
- 内視鏡検査
・処置
-
16:00-18:00 - - - 症例
カンファレンス
-

 

ページトップへ