医療関係者の方

新臨床研修制度のご案内

卒後研修プログラム研修医の処遇願書様式

京都医療センター卒後研修プログラム

1. 当院の研修プログラムの特色2. プログラムの内容3. 評価とフィードバック4. 研修医当直

2.プログラムの内容
28) ユニット 精神科外来診療

期 間:

 1ヶ月 選択

目 標:

  1. 精神保健法に基づく、入退院の適応と人権問題について学ぶ。
    精神障害者の社会復帰についても、学習する。
  2. 精神医学的面接(Alertness in interviewing, Participant observation)、
    精神症状の把握と記載、
    精神医学的診断、
    精神療法的診察態度
    薬物治療の基本を学ぶ。

方 略:

  1. 本院で精神科外来及びコンサルテーション・リエゾン精神医学を研修したい者は、1ヶ月間本人精神科外来診療に従事する。
  2. 本人での精神科研修を希望する者は、指導医とともに、その日の初診外来患者(本院精神科新患は一日平均2名)の診察・診断・治療に従事する。
  3. 各科の病棟入院患者に対して、他科の依頼に応じて、リエゾン精神科診療にも従事する。
  4. 必要に応じて、指導医・心理療法士・言語療法士のもとで、脳波判読、心理テスト、神経心理学的検査を学ぶ。
    【対象疾患】
       器質性精神障害、うつ病、精神分裂病、不安障害(パニック障害その他)
       身体表現性障害、ストレス関連障害、等々
研修医週間スケジュール
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
09:00~12:30 外来初診患者の予診を行い、指導医の診察に同伴する
13:30~16:00 他科の入院患者に対するリエゾン精神科診療に従事する
16:00~17:00 症例検討

ページトップへ