医療関係者の方

新臨床研修制度のご案内

卒後研修プログラム研修医の処遇願書様式

京都医療センター卒後研修プログラム

1. 当院の研修プログラムの特色2. プログラムの内容3. 評価とフィードバック4. 研修医当直

2.プログラムの内容
17) ユニット 救命救急センター

期 間:

 2ヶ月(なるべく麻酔科のあとにローテート予定)必修

目 標:

  1. 心肺停止、外傷、熱傷、急性中毒、臓器機能障害ならびに多臓器障害、急性心不全、急性呼吸不全、脳卒中急性期への対応を経験する。
  2. 1)を通じて救命初期診療(Life supportとしてBLS、ACLS、外傷初期診療としてJPTEC、JATEC)を経験し、侵襲時のモニタリング・ベンチレーター管理、血液透析・血液ろ過・血漿交換などの各種血液浄化法、PCPS、IABP等の概略を知る。
  3. 救急外来(ER)において、内科系・外科系を問わず、1次・2次救急への初期処置と入院・帰宅の適応を学ぶ。

方 略:

  1. 日勤帯:救命センター専任医あるいは各科(循環器内科、脳外科等)の専門医の指導の下に、ICUの入院患者の管理に参加する。
  2. ERへ救急患者が搬送された際は3次救急患者の初期診療はもとより、1次・2次救急患者の診療にも総合内科、整形外科等の担当医指導のもと、可能な限り診療に参加する。
  3. 当直帯:4・5日に1度の割合で救命センターの夜間業務を経験する。ICU入院患者管理に加え、3次救急対応患者が搬送された際は初期診療ならびに緊急手術やICUでの患者管理に参加する。(この期間は年間を通じて課せられる研修医当直は免除される。)
研修医週間スケジュール
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
7:00-8:00
- - 脳外カンファ - -
9:00-12:00 ICU回診 ICU回診 ICU回診 ICU回診 ICU回診
13:00-17:00 - 循環器回診 - 脳外回診 -
16:00-17:00 ICU回診 ICU回診 ICU回診 ICU回診 ICU回診
17:00-    救命カンファ - 救命カンファ - -

 

ページトップへ