医療関係者の方

新臨床研修制度のご案内

卒後研修プログラム研修医の処遇願書様式

京都医療センター卒後研修プログラム

1. 当院の研修プログラムの特色2. プログラムの内容3. 評価とフィードバック4. 研修医当直

2.プログラムの内容
16) ユニット 麻酔科

期 間:

2ヶ月 必修

目 標:

麻酔科における研修では、気道確保と静脈路の確保、基本的バイタルサインの測定と解析を徹底的に修練し、麻酔法のみならず救急医療と集学的医療の基礎となる知識、技術、および技能を修得する。

方 略:

  1. 指導医とともに手術症例の麻酔管理に携わる。
    1. 蘇生法および全身管理に必要な基本的知識と基本的手技に習熟する。
    2. 各種麻酔法の適応と限界、利点と欠点を正しく理解する。
    3. 麻酔科指導医を含む全ての医師、看護師、その他全ての医療者と協調・協力し、チーム医療を実践する習慣を身につける.
  2. 指導医と共に手術症例の術前診察と術前管理、 回復室における術後管理と術後回診に携わる。
    →SBO 2,9~10
    1. 周術期の全身状態の変化を理解し、麻酔や手術が各種疾患を有する患者の病態にあたえる影響を個々の患者ごとに理解する。
    2. 患者とその家族に医療の内容を正しく理解できるように伝え、信頼関係に基づく医療を実践する習慣を身につける。
  3. カンファレンス、文献抄読会等に参加する。
    1. 毎週金曜日に行われるカンファレンスに出席し、チーム医療遂行のための連絡、検討事項の議論に参加する。
    2. 随時行われる症例検討会、抄読会に参加し、症例の提示と検討や、文献紹介を積極的に行う。
研修医週間スケジュール
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午 前 術後回診
症例検討
麻酔管理
術後回診
症例検討
麻酔管理
術後回診
症例検討
麻酔管理
術後回診
症例検討
麻酔管理
術後回診
麻酔管理
症例検討
カンファレンス
抄読会
麻酔管理
午 後 麻酔管理
術前診察
麻酔管理
術前診察
麻酔管理
術前診察
麻酔管理
術前診察
麻酔管理
術前診察
※緊急手術の麻酔管理は、時間内時間外を問わず積極的に参加する

 

ページトップへ