医療関係者の方

新臨床研修制度のご案内

卒後研修プログラム研修医の処遇願書様式

京都医療センター卒後研修プログラム

1. 当院の研修プログラムの特色2. プログラムの内容3. 評価とフィードバック4. 研修医当直

2.プログラムの内容
11) ユニット 循環器内科

期 間:

2ヶ月   (選択科目として回るときは 1 ヶ月も可)

目 標:

内科医として最低限習得すべき循環系の知識及び技能を取得する。
  1. 患者と家族への対応の仕方、特に、病状の急激な変化に際しての対応の仕方を学ぶ。
  2. 循環器疾患に特有の病歴(胸痛、呼吸困難、動悸、浮腫など)と身体所見(視診、聴診)の取り方を修得する。
  3. 循環器の基礎知識に立脚して病態を考える習慣を身につける。

方 略:

  1. 原則として マン ツー マン方式で指導を行う。
  2. どの専門科においても遭遇する可能性の高い循環器疾患(うっ血性心不全、虚血性心疾患、不整脈など)を重点的に受け持つこととする。
  3. 循環器系の、身につけなければならない知識と技術を修得する。
    例:心電図の取り方と読み方、胸部レントゲン画像の読み方、心エコーの取り方と読み方、昇圧剤と抗不整脈剤の使用方法、心肺蘇生法( BCLS 、 ACLS )の実際、中心静脈ラインの確保方法、心臓カテーテル検査の適応の理解など
  4. 積極的に学会発表ができるようにする。
研修医週間スケジュール
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午 前 患者割当 心エコー 心エコー 心エコー 心エコー
血液内科 ペースメーカー 心カテ 心カテ ペースメーカー
病棟 病棟 病棟 病棟 病棟
午 後 心カテ カンファレンス 心カテ 心カテ ペースメーカー外来
病棟 回診 病棟 病棟 病棟

ページトップへ