医療関係者の方

新臨床研修制度のご案内

卒後研修プログラム研修医の処遇願書様式

京都医療センター卒後研修プログラム

1. 当院の研修プログラムの特色2. プログラムの内容3. 評価とフィードバック4. 研修医当直

2.プログラムの内容
5) ユニット 消化器内科

期 間:

2 ヶ月(選択科目として回るときは 1 ヶ月も可)

目 標:

  1. 腹痛、消化管出血、下痢・便秘、嚥下困難、悪心・嘔吐、胸やけ、イレウス、黄疸、腹水などの症状を惹起しうる疾患を列挙し、その病態・鑑別の要点と、各々の疾患の治療法を正しく述べることができる。
  2. 腹部を適切に診察し、その結果を正確に記録することができる。
  3. 状況の緊急度・重症度を認識し、正しく判断することができる。
  4. 患者および家族とのコミュニケーションをはかり、十分な IC と適切な指導をすることができる。
  5. 目的の達成のために必要な人の協力を得ることができる。
  6. 紹介医を中心とした地域の医療関係者とうまくコミュニケーションをとり、紹介元への返事や診療情報提供書を書くことができる。
  7. 以下に挙げる各種検査法の実際を理解し、それらを適切にオーダーし、その結果を判断できる。
    • 胸・腹部単純X線、上部消化管造影、低緊張性十二指腸造影、小腸造影、注腸X線検査、経口胆嚢造影・ DIC 、腹部 US,CT 、 MR 、 MRCP 血管造影、各種シンチグラフィー、上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、内視鏡的逆行性膵胆管造影、膵・胆管内視鏡、超音波内視鏡、管腔内超音波検査、経皮経肝胆道造影、経皮経肝胆道鏡検査、肝生検
  8. 以下の処置・治療を適切に行うことができる。
    • IVH 、輸血、化学療法、 NG tube留置、腹腔穿刺、浣腸、洗腸、注腸療法、経腸栄養
  9. 以下の処置・治療については、その適応・禁忌や実際的な方法について述べることができる。
    • イレウスチューブ挿入、食道静脈瘤 S-B tube による止血、食道静脈瘤結紮術・硬化療法、各種内視鏡的止血術、内視鏡的ポリープ切除術、内視鏡的粘膜切除術、 EMR 切開剥離法、胃瘻造設術、経皮的エタノール注入療法・経皮的ラジオ波焼灼療法、消化管バルーン拡張術、消化管ステント留置術、消化管異物除去術、内視鏡的逆行性胆道ドレナージ、内視鏡的経鼻的胆道ドレナージ、胆石除去術、胆管狭窄拡張術、胆道ステント留置術、経皮的胆道ドレナージ、経皮的嚢胞(膿瘍)ドレナージ、肝動脈塞栓療法、肝動脈動注化学療法、血漿交換、血液浄化療法

方 略:

  1. 消化器疾患の入院患者を担当医として指導医(上級医)のもとに診療する。
    • よく遭遇する疾患: 食道癌、 GERD 、食道静脈瘤、胃・十二指腸潰瘍、胃炎、胃ポリープ、胃癌、大腸ポリープ、大腸癌、炎症性腸疾患、感染性腸炎、虚血性腸炎、憩室炎、イレウス、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、膵炎、膵癌、胆石、胆道炎、胆嚢ポリープ、胆道癌
  2. 新患紹介・問題症例検討会・消化器カンファレンスに参加する。
  3. 病棟勉強会に参加する。
  4. 消化管造影読影検討会、内視鏡検討会、放射線科・外科・消化器科合同カンファレンスに参加する。
  5. 上部消化管モデルを用いた上部消化管内視鏡検査の実習を行う。
  6. 担当医として患者を受け持ち、上級医の指導を受ける。
  7. 検査・治療には可能な限り参加し、診断法の実際、適切な治療法の選択等について学ぶ。
  8. 静止画・動画・実際の機材を用いてその適応・方法・禁忌・偶発症について実習し講義を受ける。
  9. 研究会・学会等に参加し、機会があれば発表する。
研修医週間スケジュール
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午 前 病棟診療
上部内視鏡治療

病棟診療
消化管透視
上部内視鏡
超音波内視鏡

病棟診療
腹部超音波検査
上部内視鏡
病棟診療
上部内視鏡
下部内視鏡
胃瘻増設術
病棟診療
上部内視鏡
午 後

下部内視鏡
RFA ・ PEIT
病棟診療

内視鏡検討会
・トレーニング
病棟診療

下部内視鏡
PEIT ・ RFA
病棟診療
消化器合同カンファレンス

ERCP ・ ESD ・ PTCD ・ステント
ERCP 関連治療
病棟診療

PEIT ・ RFA
病棟診療
新患紹介・消化器カンファレンス

ページトップへ