医療関係者の方

新臨床研修制度のご案内

卒後研修プログラム研修医の処遇願書様式

京都医療センター卒後研修プログラム

1. 当院の研修プログラムの特色2. プログラムの内容3. 評価とフィードバック4. 研修医当直

2.プログラムの内容
7) ユニット 呼吸器科

期 間:

2 ヶ月(選択科目として回るときは 1 ヶ月も可)

目 標:

  1. 胸部聴診をはじめとする理学所見がとれ,呼吸器疾患の診断につなぐことができる。
  2. 呼吸器科的検査を理解し施行できる。
    (1) 胸部x線写真, CT ,MR の読影ができる
    (2) 気管支鏡の適応を理解し基本的操作ができる。
    (3) 超音波診断が行え,胸腔穿刺、胸膜生検、トロッカーカテーテル挿入ができる。
    (4) 肺機能検査結果が解釈でき,気道過敏性テストなどの理解ができる。
    (5) グラム染色,パパニコロウ染色ができ診断につなぐことができる。
  3. 人工呼吸器につき,装着の適応を判断でき、基本的な操作ができる。

方 略:

  1. 下記の各グループに相当する入院患者数例を受け持ち、指導医のもとで研修目標の達成をはかる。
    (1)急性呼吸不全及び慢性呼吸不全の急性増悪
       (病態の把握、診断、呼吸管理; ICU での研修を含む)
    (2)慢性呼吸不全(病態の把握、診断、管理;在宅酸素療法を含む)
    (3)呼吸器感染症(診断、細菌学的診断並びに臨床検査、抗生物質の使用法、患者管理)
    (4)肺癌およびその他の胸部悪性腫瘍
       (診断、病理組織診断、 Staging 、臨床検査、化学療法、患者管理)
    (5)び慢性肺疾患(鑑別診断、画像診断、治療、患者管理)
    (6)気管支喘息(診断、治療、自己管理教育)
    (7)胸膜疾患その他(縦隔疾患)(診断、治療、患者管理)
  2. 外来患者診断を指導医のもとで行う。
  3. 気管支鏡検査を指導医のもとに行う。
  4. 症例検討会及び他科合同カンファレンスに参加する。

研修医週間スケジュール

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午 前 病棟 脳神経内科回診
・症例検討
病棟 病棟 脳神経内科回診
・症例検討
脳神経内科or
呼吸器科外来
脳神経内科外来 脳神経内科外来
午 後 呼吸器入院 気管支鏡 気管支鏡 呼吸器抄読会 呼吸器外来
症例カンファ 病棟 病棟 病棟 症例カンファ
病棟 - - - 病棟

ページトップへ