医療関係者の方

新臨床研修制度のご案内

卒後研修プログラム研修医の処遇願書様式

京都医療センター卒後研修プログラム

1. 当院の研修プログラムの特色2. プログラムの内容3. 評価とフィードバック4. 研修医当直

2.プログラムの内容
12) ユニット 血液内科

期 間:

2ヶ月(選択科目として回るときは 1 ヶ月も可)

目 標:

血液疾患の診断、治療に関する基本的知識、手技を身につける。

方 略:

  1. 指導医のもとで、入院患者の主治医となり下記の血液疾患の診断、治療を行う。
    鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、骨髄異形性症候群、白血病、B悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、ITPなど
  2. 指導医のもとで、血液疾患の診断、治療に必要な下記の各種検査法について、自ら行い、その結果を解釈する。
    骨髄穿刺、骨髄生検、末梢血液像、骨髄像、細胞表面マーカー、染色体、遺伝子解析など
  3. 指導医のもとで、血液疾患の下記の治療を実施、習得する。
    各種抗癌剤による化学療法、各種輸血療法、免疫抑制療法、様々な感染症にする予防、治療法、幹細胞移植の適応の決定など。
研修医週間スケジュール (循環器内科週間スケジュール参照)
外来診療見学: 火・金午前
病棟回診: 月10:00am
カンファランス: 木 3:00pm

 

ページトップへ