strengths学校の魅力

1
国立病院機構京都医療センターの 医師・看護師による講義

 

 

 1年次は人体の構造や疾病・治療および基礎看護学を中心に学びます。看護技術では、清潔援助や排泄援助などの日常生活に関する援助と採血や点滴などの診療の補助技術を学びます。2・3年次は専門的な看護領域である、成人・老年・小児・母性・精神看護学及び地域・在宅看護論などの科目を学びます。母体病院である京都医療センターは高度急性期総合医療施設として医療、看護を行っています。第一線で活躍する各分野の医師や、特定の看護分野において高度な知識と技術を用いて看護実践をしている専門看護師や認定看護師による講義を受けることができます。実習では、講師をしていたスペシャリストの看護師達が丁寧に実習指導をしてくれます。