国立病院総合医学会





栄養サポートチーム(NST)


NSTとは?

人は口から食べ物をとってそれを栄養として生きています。しかしその当たり前のことがなんらかの原因で出来ないあるいは食べる量が減ってきたときはどうしたら良いのでしょうか。入院中の患者さんにこういったことが起きた場合に、その原因や栄養状態を把握し適切な栄養投与(経口栄養の支援、経腸栄養、静脈栄養)によって全身状態の改善を行います。
NSTは、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師などの専門職や事務職員のメンバーがそれぞれの知識を出し合い、低栄養など栄養管理が必要な患者さんに適切な栄養支援を行うチームのことです。栄養状態が悪いと病気が悪化したり、手術後の回復が遅れたり、日常生活の動作やQOL(生活の質)が低下するだけでなく、手術後の合併症や感染症、褥瘡などの発生にもつながります。

NSTの役割

1.栄養管理が必要か否かの判定(栄養アセスメントの施行)
2.適切な栄養管理が行われているかのチェック
3.最もふさわしい栄養管理の提言(適切な栄養ルートの選択)
4.栄養管理に伴う合併症の予防、早期発見、治療
5.栄養管理上の疑問に答える
6.新しい知識、技術の紹介・啓発

NSTメンバー

●医 師  7名
(消化器科、糖尿病科、外科、救命救急科、腎臓内科、
内分泌科)
●看護師  6名(専任2名)
(各病棟にリンクナースを配置しています 18名)
●栄養士  8名(専従1名)
●薬剤師  2名(専任2名

NSTの活動内容

●NST回診  各病棟を担当チームが回診しております
●NST委員会  毎月第4金曜日の16時から全体会議を行っています
●NSTカンファレンス  毎週金曜日13時30分からNST対応中の症例についてカンファレンスを
実施しています
●NST勉強会  定期的に全職員を対象とした勉強会を開催しています(6回/年)

【平成24年度 NST勉強会内容】

日程 内容
4/17  これからの病棟業務に役立つ栄養の基本
5/10  嚥下について
7/10  PEGの基本とケア
9/19  肝疾患の栄養療法
12/9  急性期の栄養管理
2/21  NST症例報告3題