令和元年度 学校関係者評価報告書

令和元年度 学校評価結果

学校評価の実施

 当校では、教育活動の質の向上をはかり、地域社会及び学生から寄せられる期待に応えるために、平成19年から自己点検・自己評価を実施しています。評価表は27年度に見直しを行い、13領域、110項目について、より客観性のあるフィードバックが得られるように改訂しました。
 令和元年度は国立病院機構近畿グループ5校の副学校長・教育主事・教員による学校相互評価を実施し、更なる教育の充実を目指しています。

看護師自己評価結果

評価項目
評価の視点
R1
年度
H30年度
教育理念・目的 学校の教育理念・教育目的は明文化され、教職員および学生に浸透し、卒業時点での学生像に反映されているかについて評価します。
2.7
2.7
教育目標 教育理念・目的・教育目標の一貫性および卒後教育との継続性を考慮した目標設定であり、教員・学生が共有できているかについて評価します。
3.0
3.0
教育課程 教育課程の編成について独自性、整合性、ニーズへの対応などの観点から科目が挙げられているか、講義・実習の内容に妥当性があり、教育の質向上のために工夫し、計画的に進められているかについて評価します。
3.0
2.9
教育課程評価 自己および学生による授業評価の実施と改善の取り組み状況について評価します。
3.0
2.8
学校組織 学校の組織体制について人員配置および意思決定システムが適正であるかと防災対策や個人情報保護について評価します。
2.9
2.9
入学生の受入れ 自校の教育理念に基づいた入学選抜試験の適正な運用と実施状況の分析、検証状況について評価します。
3.0
2.8
学校生活支援 学生の生活支援体制について、健康管理、プライバシー保持、自治会活動、関係者との調整の観点から整備されているかについて評価します。
3.0
3.0
卒業生の進路 卒業時の到達状況、進路、国家試験の合格状況を分析し、教育活動に生かしているかについて評価します。
3.0
2.5
教員の研究活動 教員の研究活動の実施状況および支援体制について評価します。
3.0
2.5
社会への貢献・公開講座 公開講座やボランティア等、地域社会のニーズをふまえた社会貢献、近隣関連施設との情報交換等、地域との交流状況、また、国際的視野をふまえた教育体制等について評価します。
2.9
3.0
ⅩⅠ
教育環境 施設設備などの学習環境の整備状況について評価します。
3.0
3.0
ⅩⅡ
学校経営・管理過程 教育活動について将来構想をもとに計画的に管理・運営しているかについて評価します。
2.9
2.6
ⅩⅢ
学校評価システム 自己点検・自己評価システムの整備状況や運用について評価します。
3.0
3.0
全   体   平    均
2.9
2.8

 

オープンキャンパス

卒業後の進路

卒業後の方へ

アクセス・お問い合わせ

MAP

● 京阪本線「藤森」駅下車
  徒歩8分
  >> 詳しくはこちら
● JR「京都」駅からJR奈良線
  「JR藤森」駅下車徒歩12分
  >> 詳しくはこちら
● JR東海道新幹線または
  東海道本線「京都駅」下車、
  近鉄電車に乗り換え
  近鉄京都線「丹波橋」駅下車
  京阪本線に乗り換え「藤森」
  駅下車徒歩8分

独立行政法人国立病院機構
京都医療センター附属
京都看護助産学校
〒612-8555
京都市伏見区深草向畑町1-1
TEL:075-641-9191(直通)

お問い合わせ

 

ページの先頭へ