病棟紹介

ABOUT

各病棟での、看護部の状況をご紹介いたします。

一般病棟

1病棟4階

1病棟4階1病棟4階は耳鼻咽喉科、頭頚部外科、形成外科、歯科口腔外科、内分泌科、皮膚科の病棟です。

甲状腺や口腔~喉頭部の腫瘍に対し手術、放射線治療、化学療法を受けられる患者さん、内分泌疾患の精査や全身麻酔下での抜歯、熱傷や下肢潰瘍に対する手術・治療・処置が必要な患者さんが入院されています。

耳鼻咽喉科・頭頚部外科手術においては形成外科や脳神経外科との混合手術で広範囲な腫瘍摘出・再建術も行っています。頭頚部は「呼吸」や「食べる」行為を司る部位です。術後は食べることや声を出すことが困難になる患者さんが多く、手術によるボディイメージの変容もあります。

看護師は、術前から患者さんに寄り添い、機能障害やボディイメージの変容に対する不安を軽減できるように努めています。

患者さんが自立して退院後の生活が遅れるように、機能回復に向け、早期から計画的に嚥下訓練・発声訓練・リハビリを医師、言語療法士、栄養士等と連携し取り組んでいます。

このページのトップへ↑

1病棟5階

1病棟5階病床数44床で診療科は泌尿器科、眼科、総合内科、リウマチ内科です。

泌尿器科は前立腺、膀胱、腎臓に関わる疾患を主として、手術療法(ロボット支援腹腔鏡下など)や化学療法、放射線療法を行っています。眼科の主な疾患は白内障や網膜剥離、糖尿病性網膜症などがあり、手術療法などを行っています。総合内科やリウマチ内科の主な疾患は誤嚥性肺炎、強皮症、関節リウマチやリウマチ性間質性肺炎などがあり、内服・点滴など内科的治療を幅広く実施しています。看護体制は固定チームナーシングを行い、2チーム体制で患者の看護を行っています。

周手術期の看護、化学療法を安全・安楽に治療できるように援助して、視覚障害をもつ患者や高齢者への身体的特徴を考慮し支援しています。

退院支援カンファレンスを毎日行い、早期から退院調整し、不安無く退院出来るように介入しています。

このページのトップへ↑

1病棟6階

1病棟6階

1病棟6階は、消化器内科の病棟です。

食道がん・胃がん・肝がん・膵がん・大腸がんなど様々な消化器悪性腫瘍、肝硬変・総胆管結石・胆管炎・膵炎・胃潰瘍・大腸ポリープなどの患者さんが入院されています。

上・下部内視鏡検査、粘膜下層剥離術、結石除去術などの治療、肝生検・ラジオ波焼灼術、化学療法・放射線療法など様々な治療・検査が実施されています。検査を主とした診断期から治療期、また終末期とあらゆる病期の患者さんに安心して入院して頂けるように患者個々に応じた看護が実践できるように努めています。

内視鏡検査・治療後には異常の早期発見や、吐下血や重症膵炎による状態悪化など急変時に対応できるスキルが身につくように努力しています。終末期の患者さんには症状緩和に努め、緩和ケア認定看護師が中心となり患者さんが望む生活が送れるよう、緩和ケアチームなど多職種と連携して取り組んでいます。

このページのトップへ↑

1病棟7階

1病棟7階呼吸器内科、呼吸器外科の病棟です。

肺がんに対する手術治療、化学療法、放射線治療を受けられる方や、間質性肺炎、COPDなどの呼吸器疾患の方が多くおられます。

化学療法や放射線治療の副作用の早期発見や生活指導、症状緩和、術前・術後の看護、ターミナルケア、精神的苦痛の緩和など全人的な視点からアプローチを行い、ご家族への精神的・社会的支援も含め患者さん一人一人に寄り添った看護実践を行っています。

呼吸困難感やがん性疼痛を訴える患者さんが多くおられ、医師、薬剤師、栄養士、リハビリとも連携し、苦痛緩和に向け、日々のカンファレンスを充実させ、根拠に基づいた看護を提供できるよう努めています。患者さんの状況に応じて、必要な意思決定支援を行い、患者さん・家族のQOL向上に向け関わっています。

また、在宅酸素や在宅での人工呼吸器を使用する患者さんには退院前訪問などを行い、地域とも連携を図り在宅支援を行っています。

このページのトップへ↑

2病棟3階

2病棟3階産科婦人科、小児科、総合内科などの混合病棟です。

対象となる人は、新生児から老年期まで幅広く、それぞれの発達段階に配慮した医療と看護を提供しています。

産科は、「地域周産期母子センター」の役割を担い、ローリスクからハイリスクの妊産褥婦さんがおられ、受け持ち助産師が妊娠中から継続的な関わりを持ち、産後も健診や母乳外来でお母さんと赤ちゃんをサポートできるよう取り組んでいます。幅広い経験を積みながら助産師として成長できます。

また、助産師のラダー教育を行っており、助産師の育成に力を入れています。

婦人科は悪性手術を受ける患者さまも多くおられ外来・専門看護師・認定看護師と連携をとり、外来から病棟、病棟から外来と継続的な看護をおこなっています。

このページのトップへ↑

2病棟4階

2病棟4階2病棟4階は神経内科・脳神経外科・腎臓病内科・糖尿病内科の混合病棟です。

神経内科ではパーキンソン病・筋萎縮性側索硬化症など神経筋難病患者の薬剤調整・人工呼吸器導入等の看護をおこなっています。

脳神経外科では脳腫瘍・内頚動脈狭窄症等の手術を受ける患者さんの術前後の看護や脳血管障害患者の急性期から慢性期の治療をサポートしています。 腎臓内科は腎不全患者の透析導入による全身状態の観察・腎臓病疾患の診断のための腎生検の介助・腹膜透析を受ける患者の手技の導入等に取り組んでいます。 糖尿病内科では、血糖コントロール・インスリン導入・インスリンポンプの管理に対する手技の確認や指導を糖尿病療養指導士と連携して行っています。

また、老人看護専門看護師とともに音楽療法に取り組んだり、医療処置が必要な患者さんに対し家族と一緒に退院指導も実践しています。多職種との協働による患者さんの療養環境の調整や、摂食嚥下認定看護師と患者の個別性に応じた誤嚥予防の計画を立案もしています。

今年度は新人を6人迎えました。新人看護師もチームの一員として日々奮闘しながらも頑張っています。

このページのトップへ↑

2病棟5階

2病棟5階整形外科の病棟です。

高齢者特有の転倒による大腿骨近位部骨折や上腕骨骨折、変形性関節症、脊椎疾患、また半月板損傷などのスポーツ外傷や交通外傷など、幼少期から老年期の幅広い年齢層の患者さんが入院しており年間約700件の手術を行っています。

また整形外科特有の器具や装具の取り扱い、包帯法などの技術を学ぶことができます。

手術後は全身麻酔を受ける患者さんの全身の観察を行いながら、合併症や廃用予防のためにリハビリテーション科と協働し早期離床の看護に努めています。また手術前から、患者さんとともに退院に向けてのゴールを共有し、医師、薬剤師、理学・作業療法士、医療ソーシャルワーカー、地域の医療機関と連携し、それぞれの専門性を活かしたカンファレンスを実施することで、患者さんの社会復帰や安心して退院後の生活に戻っていただけるよう最善の看護を提供しています。

このページのトップへ↑

2病棟6階

2病棟6階消化器外科・消化器内科の二科混合病棟です。

主に、食道・胃・腸・肝臓・膵臓・胆嚢に関連する臓器に病気を持つ患者さんが入院されています。

消化器外科では、年間600件を超える手術を行っており、術後せん妄の予防やドレーン管理を実施し、理学療法士と連携して早期離床を図り、合併症予防に努めています。また、退院に向けたストーマ管理、創部管理、食事指導、排便指導などに取り組んでいます。消化器内科では、治療による絶飲食中の患者さんへの関わりや内視鏡検査・治療を受ける患者さんの看護を行っています。

手術や内視鏡治療を受ける患者さんだけではなく、化学療法・放射線療法を受ける患者さんの看護、終末期の患者さんの看護・緩和ケアにおいても幅広く取り組んでいます。

患者さんや家族さんが、不安がなく退院後の生活が送れるように、入院支援センターや外来の看護師との情報交換や連携を密にし、入院前や退院後の継続看護の充実を図っています。

このページのトップへ↑

2病棟7階

2病棟7階2-7病棟は循環器内科・心臓血管外科・血管外科・血液内科の混合病棟になります。

看護師29名、看護補助者3名のメンバーで構成されています。

循環器内科では心臓カテーテル検査、治療をはじめ、心不全治療を行っています。最近では心不全の治療だけでなく、末期心不全に対する緩和ケアの介入も実施しております。心臓血管外科では心臓バイパス手術、心臓弁置換術、ステントグラフト術などを実施しております。

集中治療室と連携を取り、術後早期からリハビリテーションの介入を実施しております。血管外科ではバイパス術、腹部動脈瘤切除術、血管カテーテル治療、シャント形成術を実施しております。血管外科においても集中治療室との連携、術後の早期リハビリテーションに力を入れています。

血液内科では急性骨髄性白血病や悪性リンパ腫の抗がん剤治療を行っています。令和3年度よりクリーンルームも整備しより高度な血液内科疾患の治療ができるようになっています。

このページのトップへ↑

特殊病棟

特別室個室病棟

特別室個室病棟特別室個室病棟は全室特別室の病棟です。

全診療科に対応しているため、様々な疾患の患者さんが入院されます。

個室という静かな療養環境を提供しながら、急性期から終末期、産褥期まで、あらゆる病期の患者さんの看護を行っています。患者さんが安心して入院生活を送り、手術や検査を受けて元気に退院していただけるように、幅広い専門知識や技術の習得だけでなく、豊かな人間性・社会性を育みながら、個々の患者さんのニーズに対応した看護を目指しています。

各診療科の医師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語療法士、栄養士、臨床工学技士等、患者さんの療養を支える多職種とのコミュニケーションを大切にし、一緒にカンファレンスを行いながら、患者さんへのケア方法を考え、日々の看護に活かしています。

このページのトップへ↑

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟緩和ケア病棟は、がんの根治を目指す治療は行っていませんが、患者さんのあらゆる苦痛(身体的・精神的・社会的苦痛、等)を積極的に取り除いていく病棟です。

当院はがん治療拠点病院であることから、多種多様な医療スタッフ(医師、看護師、薬剤師、栄養士、音楽療法士等)が協力・連携し、患者さんの苦痛症状の緩和に最大限、取り組んでいます。

緩和ケア病棟の特徴としては、患者さんが思い思いの時間をご家族とゆっくり過ごしていただけるよう、病室はすべて個室となっています。お部屋に思い出の写真を飾ったり、ご家族と一緒に食事を摂っていただいたり、夜間にご家族が付き添うことや、ペットとの面会も可能となっています。また、患者さんが日々の生活を楽しんで頂けるよう、季節のイベント、音楽療法、アロママッサージ、ボランティアによる傾聴なども実施しています。

私たち緩和ケア病棟のスタッフは、患者さんとご家族がその人らしく、安心して過ごさせるよう日々ケアをさせていただいています。

このページのトップへ↑

手術室

手術室手術室では内視鏡支援ロボット手術や3D腹腔鏡・胸腔鏡システムなどの医療機器を取り扱っており、2021年12月からは手術室とX線撮影装置を組み合わせた「ハイブリッド手術室」が開始され、先進医療を取り入れた手術室となっております。

看護師の体制としては固定チームナーシングを導入しています。独自の手術看護ラダーがあり、新人看護師はもちろん既卒者にも合わせた教育体制を整えております。

周手術期にある患者さんが安全安心に手術に臨めるよう、手術前日から術前訪問を行い、手術に関して不安なことなど、患者さんの声を聞くことを大事にしています。手術中は外科医・麻酔科医・コメディカルとの連携を図り、円滑な手術進行のための外科医の介助、患者さんの安全安楽を第一とした医療・看護の提供にチーム全体で取り組んでいます。

手術直後は手術室内に配置しているリカバリールームで麻酔覚醒期の観察を行っています。そこで病棟看護師に自分たちの手術看護を申し送り、術前から術後までの継続した看護を提供しています。手術後は術後訪問を行い患者さんから手術室や術後経過についてのお話を聞き、自分たちが行った看護の評価を行い、その声を大切にして今後に向けての自分たちの手術看護に活かし日々看護しています。

このページのトップへ↑

集中治療室(ICU)

集中治療室(ICU)集中治療室では身体的侵襲の大きな手術後患者、呼吸・循環動態の悪化した急変患者が入室されています。

人工呼吸器やネーザルハイフロー、血液透析、動脈圧ライン、スワンガンツカテーテルなどを管理し、患者さんに必要な看護を提供しています。

急性期ではリハビリと栄養管理が重要と言われているため入室早期から実施しています。麻酔科医師、リハビリ医師、栄養士、薬剤師など多職種とカンファレンスし、患者さんの早期回復に向けて協働しています。また、看取りや家族看護も重要であり、患者さん・ご家族の精神的負担が軽減できるように関わっています。

集中治療領域の看護スキルアップのために麻酔科医師、集中治療認定看護師が中心となり、気管挿管介助やICLSのトレーニングを行っています。看護師の教育体制は各ラダーレベルに担当者を設置し、実践したことをフィードバックしています。

新人看護師は先輩看護師とともに患者さんを受け持ち一緒に学べる環境でフォローのもと安心して実践しています。

このページのトップへ↑

新生児集中治療室(NICU)

新生児集中治療室(NICU)NICU(Neonatal Intensive Care Unit)とは新生児集中治療室のことです。

予定日より早く生まれた赤ちゃん(早産児)や体重が小さく産まれた赤ちゃん(低出生体重児)、何らかの病気を持った赤ちゃんなど治療を必要とする赤ちゃんが入院している病棟です。

出生直後の急性期にある早産児や疾患を持った赤ちゃんは、全身状態が不安定で変化が生じやすいです。そのため赤ちゃんの細かなサインをみて、異常の早期発見に努めています。

またひとりひとりにあった看護を提供するため、赤ちゃんの反応を見ながらケアをするタイミングを考えたり、安静が保てるように環境を整えたりしています。 出生直後から離ればなれになられたご両親と赤ちゃんが早い時期にふれあえるようにしたり、カンガルーケアを通した親子の時間も大切にしています。赤ちゃんの状態に合わせて入院中から育児練習をしてもらい、退院後に不安なく育児ができるよう家族の思いに寄り添ったサポートをしています。

このページのトップへ↑

救命救急センターICU

救命救急センターICU第三次救急医療施設における救命救急センターICUとして、主に心肺停止患者や、重症外傷患者、急性呼吸不全・循環不全・腎不全などの入院受け入れを行っています。

その対象は、生命における危機的状態にある患者さんだけでなく、その家族に対しても「丁寧な看護」を心がけています。そして、患者さんが可能な限り快適な療養生活を送り、一日も早く最良の状態で社会復帰できるよう、ECMOなどを含めた生命維持装置の管理における知識や、患者急変時対応などの技術も有しています。

看護師教育に関しては、各年代において、担当する指導者を設けています。仕事面だけでなく、看護専門職として成長できるようサポートし、より良い看護へつなげています。救急外来との連携や心臓カテーテル検査介助業務にも従事しており、様々な場面で、患者の擁護者として活躍しています。「すべては患者および家族のために」をテーマに、これからもより良い看護提供を追及していきます。

このページのトップへ↑

救命救急センターHCU

救命救急センターHCUHCUは「High Care Unit」の頭文字をとったもので、ICUと一般病棟の中間に位置しています。
ICUほどの重症患者さんはいませんが、一般病棟では管理が難しい患者さんを対象としており、受け入れている患者さんの幅が広いことも特徴です。

循環器疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患を中心に、中には人工呼吸器が必要な重症患者さんもいれば、病棟に行けそうな落ち着いた患者さんが混在しています。

そのような患者さんたちに対し、モニター機器もICUよりは少ない状況の中で患者さんをアセスメントし、重症化しないためのケアや、リスクを伴うリハビリや清潔ケアなど、患者さんの容体に合わせて幅広くケアなどを行なっており、フィジカルアセスメントも含め、看護の力が強く試される部署だと考えています。

最近では救急外来とも連携し、救急外来に来る患者さんの対応も可能な看護師の育成にも力を入れていたり、COVID -19診療にも深く関わりながら社会情勢の変化にも対応した病床運用を行なっています。

このページのトップへ↑

救急外来

救急外来救急外来は生命に関わる重症疾患、重症多発外傷、熱傷などの傷病において24時間診療体制のもと365日対応しています。また、ウォークインから心肺停止まで一次~三次の全ての救急患者さんを受け入れています。

ウォークインであっても重症の場合もあり、看護師によるトリアージを行い緊急手術、緊急カテーテル治療(心筋梗塞・脳梗塞・脳出血・腹部外傷など)、脳梗塞のt-PA治療、緊急内視鏡治療など迅速かつ適切な治療につなげられるよう対応を行っています。

救急外来では医療における知識、技術だけではなくチームワーク・コミュニケーションも重視して、「all for patient!」(すべては患者さんのために! )の精神で他職種との連携、協力体制を構築し、患者さんとご家族の安心につながる医療、看護を提供しています。

このページのトップへ↑

外来

外来外来は診療部、化学療法室、内視鏡室、放射線科、透析室で構成されています。

診療部には30の診療科があり、患者さんとその家族が納得して検査・治療を進めていけるように支援しています。退院後患者さんが、住み慣れた地域でも安心して生活できるよう、病棟や地域医療機関と連携し、継続した看護を行っています。

当院には多くの専門看護師や認定看護師が在籍しており、皮膚・排泄ケア認定看護師によるストーマ外来や、リンパ浮腫外来など専門的な知識を持った看護師が質の高い看護を提供しています。化学療法室では、薬剤師と連携し抗がん剤治療を行っており、患者さんの身体面だけでなく精神面にも寄り添った看護を行なっています。

内視鏡室や放射線科では、分かりやすい説明を心がけ患者さんが安心・安全かつスムーズに検査・治療が行えるよう努めています。透析室では、入院中の患者さんの透析を行っていますが、腎代替療法選択外来や腹膜透析外来も行っています。

このページのトップへ↑

患者支援センター

患者支援センター患者支援センターは、病院と地域をつなぐ役割をしています。

入院支援では、入院予定患者さんの利用している社会資源や生活状況などの聞き取りを行い、入院前から退院後の生活に向けた支援をしています。また、受診や転院の受け入れ調整、外来患者さんの他医療機関等へ紹介、地域からの問い合わせの対応をしています。

退院支援では、入院患者さんの他医療機関等への転院調整や自宅に退院する患者さんの在宅調整など、退院後の生活向けた支援をしています。患者相談窓口を設置し、特定の研修を受けた看護師や医療ソーシャルワーカーが医療相談やがん相談を受けしています。看護師だけでなく、薬剤師や医療ソーシャルワーカー、事務職員など多職種で協働し、患者さんがいつまでも安心して生活を継続できるように関わっています。そして、院内だけでなく、他医療機関や地域(かかりつけ医や訪問看護師、ケアマネジャー)とも連携をとりながら患者さんを支援しています。

このページのトップへ↑