看護部を知る

ABOUT

看護部長メッセージ

京都医療センターは、高度急性期総合医療施設として、三次救命救急センターをそなえ地域災害拠点病院として役割を担っています。 また、緩和ケア病棟をもち地域がん診療連携拠点病院としての機能を発揮しています。そして地域医療支援病院として、地域に根付いた病院として京都府南部地域の医療とみんなの健康を全力で守っていきます。

今年度、看護部は「基本の基 コミュニケーションと看護のエビデンス」をスローガンに患者さんとともに歩み、丁寧な看護の提供に努めています。
そのため、私たち看護職員は一人ひとりが、患者さんとともに歩むための「基本の基」を考え行動すること、そこには専門職としての知識・技術と高い倫理観を持っていることだと思っています。そして、実践することで丁寧な看護に繋がっていくよう取り組んでいます。

看護部長 福井 久美子