独立行政法人 国立病院機構 京都医療センター看護部
ホーム>>看護部の活動状況>>研究発表
各部署の活動
♪♪♪学会で研究発表をしました♪♪♪

がん看護専門看護師
坂井みさき

【 ICCN2018 (International Conference on Cancer Nursing)】

2018年9月23日-26日
会場:Auckland, New Zealand
Skycity Auckland Convention Centre

ICCN2018

2018年9月23日-26日にニュージーランドのオークランドで開催された、ICCN2018 (International Conference on Cancer Nursing)に参加し、Efficacy of the experience-based philosophical dialogue education program for staff to support cancer survivorsをテーマに共同研究者としてポスター発表させていただきました。
今回、海外の学会参加は初めてであることに加え、日本よりも開催日数が長く参加前から不安と緊張を抱えながらの出発でした。
実際は、Workshopだけではなく、初日の夜はお酒を飲みながらの歓迎レセプション、その後も毎日Morning Tea〜Lunch,そしてAfternoon Teaと参加者との交流の場が多くある中、日本人の参加も多く徐々に緊張も和らぎました。
また「ニュージーランドの文化を学ぶ」と題して、学会の合間に観光も楽しみあっという間の4日間で、大変貴重な経験をさせていただきました。

ICCN2018

【 第33回日本がん看護学会学術集会 】

2019年2月23日-24日
会場:福岡国際会議場

<口演発表>
緩和ケア病棟看護師の専門的緩和ケア実践能力の実態とその関連要因
−看護師の対処能力の側面から

第33回日本がん看護学会学術集会

2019年2月23日-24日に福岡国際会議場で開催された、第33回日本がん看護学会学術集会に参加しました。
口演発表は大変緊張しましたが、会場に来られていた緩和ケア病棟で働く方々から「興味深い内容」などの声をいただきました。また、今後の教育への示唆について有意義なディスカッションの時間となり、大変多くの学びを得ることができました。

第33回日本がん看護学会学術集会





日本老年看護学会に行ってきました!

老人看護専門看護師  落合 恵

伊丹からポケモンジェットに乗って、令和元年6月6日〜8日と仙台で開催された第31回日本老年総合医療学会に行ってきました。この学会は、日本老年看護学会をはじめ、日本老年医学会など7つの学会からなる総合学会です。
私は、2日目に、「在看護宅移行期の高齢者世帯利用者を看護する訪問看護師の困難と対処」というテーマでドキドキしながらポスター発表を行いました。訪問看護師の方や、外来看護師の方から質問があり、短い時間ではありましたがディスカッションができ情報共有の場となりました。また、身体拘束0を実現した金沢大学の元看護部長さんの講演など、学び多い学会でした。
夜は、15年前に一緒に学んだ仙台のがん性疼痛認定看護師の友達と雰囲気の素敵なお店で牛たんとビールで盛り上がり、その後は老人看護専門看護師の全国にいる同期13人でワイン片手に語り合いました。発表した達成感と同じ目標を持つ仲間と語りあう楽しさで気がつくと日が変わっていました(笑)
臨床で働いていると、日々の仕事に追われ自分のやりたい看護が見えなくなることもあります。しかし、学会に参加すると毎回たくさんの勇気や、元気がもらえます。
研究というと苦手意識があるかもしれませんが(私もそうでした)、是非看護研究に一緒に取り組んでみませんか?そして、がんばったご褒美に、学会の後は一緒に飲みに行きましょー!


日本老年看護学会に行ってきました




第72回国立病院総合医学会
平成30年11月9日(金)〜10日(土)
会場:神戸国際展示場・神戸国際会議場

「多様性の中に個が輝く」のテーマのように、それぞれの専門性の中に看護が輝く発表内容で、会場は大変盛り上がり、活気にあふれ、盛会に終わりました。看護部からは3題ベストポスター賞が選ばれました!

・「出生前診断で胎児異常を示唆された妊婦への妊娠期からの関わり 〜Drotarの危機回復過程を用いて〜」 塩川 紗衣

・「急性期病棟における保育士の活動報告」 江戸川 志帆

・「CT画像診断の見落とし対策」 塩 早苗


第72回国立病院総合医学会




近畿地区国立病院 第60回 看護学会が平成30年10月13日(土)大阪国際交流センターで行われました
〜学会テーマ「進化」〜
 

京都医療センター 演題

・「嘔吐を繰り返すがん患者に対する口腔内保清の介入〜ROAG評価を用いて〜」

1-6病棟 神崎 菜都実

・「転倒転落防止対策への取り組み〜ピクトグラム導入後の現状と効果〜

北野朋子 塩早苗 松原努 柿本由美子(現近畿グループ)
白神幸太郎(医療安全管理部長)





近畿地区国立病院
第59回看護学会 看護のイノベーション 〜原点回帰〜

10/14(土)大阪で開催された近畿地区国立病院第59回看護学会に参加しました。当院看護部からは3題発表致しました。看護のイノベーションというテーマのもと、認定・専門看護師の講義、看護学生や様々な専門分野からの発表、ポスター展示を見ることができました。
発表を行い、今一度原点にもどり、看護の本質、これからの看護に求められている物、変わらなければならないことは何か、ブレてはいけないこと、変わらなければいけないことを皆さんとディスカッションし探ってまいりました。

<口述発表>
・救命救急センターICUにおける個別性を考慮したせん妄予防

<ポスターセッション>
・ICU患者の早期離床のための関わり
・耳鼻咽喉科病棟における術前オリエンテーションの評価

 




国立病院総合医学会

11/10、11/11香川県高松市で開催された第71回国立病院総合医学会に参加しました。
当院看護部からは6題発表致しました。eポスター発表では、他職種も参加する方式でよい情報交換となりました。初めての学会発表で緊張もしましたが、他施設の取組みを知る機会となりました。おいしい讃岐うどんも食べて満足です。

インターンシップの様子


Copyright (C) 2009 NATIONAL HOSPITAL ORGANIZATION KYOTO MEDICAL CENTER