重要なお知らせ

京都医療センター職員における
新型コロナウイルス感染者の発生について(第4報)

令和2年8月3日
京都医療センター院長 小 池 薫

7月29日に当センターの医師2名が新型コロナウイルスに感染していることが判明したことに伴い、院内での両医師の行動を調査し、両医師の診察した患者さん33名をはじめ、接触機会のあった院内職員65名についてPCR検査を実施しておりますが、新たな陽性者は認められていません。この間、両医師が診察した外来患者さんについても全員に電話にて連絡を行いましたが、現時点で新たな感染の拡大は認められていません。

今後もPCR検査などの必要な対応を行いながら、感染拡大防止に万全を期してまいります。

以上


京都医療センター職員における
新型コロナウイルス感染者の発生について(第3報)

令和2年7月31日
京都医療センター院長 小 池 薫

7月29日に当センターの医師2名が新型コロナウイルスに感染していることが判明したことに伴い、濃厚接触者の定義に該当しないケースも含め、当該医師と接触のあった当院職員58名と患者さん18名に対しPCR検査を実施しておりますが、新たな陽性者は確認されていません。

本日現在、当該医師2名はそれぞれ入院中ですが、容態は安定しています。

今後もPCR検査などの必要な対応を行いながら、感染拡大防止に万全を期してまいります。

以上


京都医療センター職員における
新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

令和2年7月30日
京都医療センター院長 小 池 薫

7月29日に当センター職員1名(60代の男性医師)が新型コロナウイルスに感染していることが判明したことに伴い、濃厚接触者の定義に該当しないケースも含め、当該医師と接触のあった当院職員25名に対しPCR検査を実施した結果、新たに職員1名(50代の男性医師)が陽性であることが確認されました。現在、当該職員2名はそれぞれ入院及び自宅療養中で、容態は安定しています。

所轄保健所へも連絡を行い、現在、当該職員2名と接触のあった濃厚接触者の特定を慎重に行い、PCR検査などの必要な対応を順次行っております。

また、陽性が判明した職員の勤務した場所の消毒も既に実施しております。

診療面でのご不便をおかけする場合がございますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

引き続き、感染拡大防止に全力で努めてまいります。

以上


京都医療センター職員における
新型コロナウイルス感染者の発生について(第1報)

令和2年7月29日
京都医療センター院長 小 池 薫

本日、当センター職員1名が、新型コロナウイルスに感染していることを確認しました。現在、当該職員は自宅療養中で、容態は安定しています。

今後、所轄保健所などの指示に基づき、濃厚接触者の特定など必要な対応を行ってまいります。詳細は、追って、後日このホームページにてご報告いたします。

診療面でご不便をおかけすることになりますが、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

当センターは、引き続き、感染拡大防止に全力で努めてまいります。

以上

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス