国立病院総合医学会





スポーツ医学センター

日常生活レベル以上の身体能力の獲得を目指します

対象

様々なレベルのスポーツ選手
仕事や趣味で身体を使わなければならない方

スポーツ医学センターでのリハビリテーション

当院のスポーツ医学センターでは、スポーツや仕事などで日常生活レベル以上の身体能力の再獲得を望まれ、かつそれが整形外科医により可能であると判断された患者さんを対象にリハビリテーションを行ないます。
当院で下記の疾患に対する手術を受けられる場合は、入院直後に術前の状態をチェックし、術後早期から身体を動かすことの必要性を十分に説明した上で、術後早期から全身トレーニングを含めて積極的に身体を動かしていただきます。
退院後は外来通院しながら回復時期に応じた術後リハビリテーションを行ない、スポーツ復帰・職場復帰を目標としたフォローを継続いたします。


また、手術の対象とはならない患者様についても、保存療法により改善が見込める方については外来通院でのリハビリテーションを実施しています。


アスレチックリハビリテーションとは

アスレチックリハビリテーションとは競技復帰と再発予防を目的として、ベースとなる体力要素(筋力・持久力・柔軟性・瞬発力・バランス能力など)を回復・向上させることはもちろん、選手個々のスポーツ種目やポジションなどに合わせて必要とされる動作的な要素などを分析し、それぞれに応じたプログラムに沿ってリハビリテーションを行なうものです。当院ではリハビリテーションが効率よく進められるよう、さまざまな機器を用いて行ないます。

対象疾患

ACL損傷・それに伴う再建術
半月板損傷・それに伴う切除術・縫合術
変形性股関節症
変形性膝関節症
反復性肩関節脱臼
肩腱板断裂
投球障害肩
投球障害肘
そのほかスポーツにともなう障害 など

当センターでリハビリテーションに使用している機器の紹介

 

トレッドミル
当院では、歩行訓練やランニングに使用します

 

低周波電気刺激治療器
術後の筋力低下に対して、積極的なトレーニングが行えない状況でも筋肉に電気刺激を与え、筋収縮を促し、筋力強化を行なうために使用します

     
 

歩行解析用フォースプレート
左右の下肢への荷重量を確認するためや、歩行訓練に使用します

 

エルゴメーター
心肺機能の改善や、術後の体力維持などに使用します

     
 

パワーマックスVⅢ
無酸素パワーとスピード持久力の向上をはかるためのトレーニング機器です

 

ストレングスエルゴ
筋力トレーニングや心肺機能向上トレーニングなど様々なトレーニングに対応できる機器です

     
 

Free motion
アームの設定次第で様々な筋力訓練が可能なトレーニング機器です

 

Cybex(筋力トレーニング・テスト)
コンピューター制御により様々な負荷で効率的な筋力トレーニングを行なうことができるトレーニング機器です