リハビリテーション科

言語聴覚療法(Speech therapy)について

言語聴覚療法とは医療・介護・福祉・学校教育の分野において発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食嚥下機能など主としてコミュニケーション機能に障害のある方に対して言語聴覚士が検査・訓練および助言、指導、その他の援助等の専門的関わりにより対象者の機能の獲得や維持・向上を図り、生活の質の向上を支援しています。

診療内容

言葉の障害、飲み込み(嚥下)の障害に対して専門サービスを提供し、対象の方にあわせた生活が構築できるように支援しています。
言葉によるコミュニケーションの問題は、脳卒中後の失語症、高次脳機能障害(自分の意思で顔や手足を上手く動かせなくなる失行・目は見えるが空間を認識できない空間失認・手順を考えて行うことが難しくなる遂行機能障害・記憶障害等)、構音障害、聴覚障害、神経疾患などによる声や発音の障害など多岐に渡り、小児から高齢者まで幅広く現れます。また、嚥下の問題は脳卒中などの原因疾患によるもののみではなく、加齢に伴う摂食嚥下機能の低下(固形物を噛む、舌で送り込む、飲み込むなど「食べる力」の衰え)によるものがあります。
言語聴覚療法では、失語症に対しては絵カード等を使用し、日常会話理解力の改善や意思表出手段の再獲得、発音の障害に対しては、口の動きの向上や、発音訓練を通じてはっきり話せるように訓練を行います。
高次脳機能障害の方に対しては、症状に合わせた訓練を実施し日常生活が円滑に送れるように支援します。
嚥下障害の方に対しては口腔の動き・喉の動きの改善、食事形態の調整をし安全に食べられる事を目標にリハビリを実施しています。嚥下機能に何らかの問題が疑われる方に対し必要に応じて嚥下造影検査や内視鏡検査を実施しています。

主な言語聴覚療法対象疾患

  • 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷など等の脳血管障害
  • 脳膿瘍、脊髄損傷等の中枢神経疾患
  • 末梢神経疾患および慢性の神経筋疾患
  • 舌がん、口腔底がん、中咽頭がんなどのがん疾患

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス