リハビリテーション科

作業療法(Occupational therapy)について

作業療法では、基本的な運動能力から、応用動作能力(食事やトイレ、家事など日常で必要となる能力)また社会適応能力(地域活動への参加、就労・就学)まで3つの能力を作業活動を用いて維持・改善し「その人らしい」生活の獲得を支援していきます。

診療内容

全身状態のリスク管理を行いながら発症早期より作業療法を実施しています。
主に急性期・亜急性期の中枢神経疾患や運動器疾患・呼吸器疾患、がんなどに対して、身体機能面・高次脳機能面・心理面や日常生活活動面・職業復帰に向けた作業療法を行います。
中枢神経疾患の方には発症後早期より、作業療法を開始し、食事動作・排泄動作などの獲得を目指していきます。
呼吸器疾患の方には、呼吸苦の出にくい日常生活動作の獲得、適した酸素流量の評価を実施しています。
運動器疾患の方には痛みの出にくい日常生活動作の獲得や、股関節の手術後には術式による脱臼リスクを考慮した、日常生活動作指導を実施しています。 スタッフ全員ががんのリハビリテーション研修を修了しており、作業療法を通して、日常生活動作や生活の質(QOL)の維持・向上に重点をおきながら在宅復帰をサポートしていきます。 みなさまの大切な趣味・余暇を取り入れた「活動」を通して、生活の質(QOL)の向上にも取り組んでいます。

主な作業療法対象疾患

  • 中枢神経疾患

    脳卒中・頭部外傷・脳腫瘍・高次脳機能障害・パーキンソン病など

  • 運動器疾患

    骨折・骨腫瘍・頸椎症・脊柱管狭窄症・四肢切断・人工股関節全置換術など

  • 呼吸器疾患

    慢性閉塞性肺疾患・間質性肺炎・誤嚥性肺炎など

  • がん

    頭頚部がん・乳がん・肝臓がん・膵臓がん・大腸がんなど

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス