リハビリテーション科

理学療法(Physical Therapy)について

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能(関節可動域や筋力、バランスなど)や基本的動作能力(寝返る、起き上がる、座る、立つ、歩く)が低下した状態にある人々に対し能力の維持、回復を目的に、運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて、自立した日常生活が送れるように支援していきます。

診療内容

リハビリテーション科医師の指示のもと、中枢神経疾患・運動器疾患・心疾患・呼吸器疾患・内科疾患・がんなどに対して、入院後早期より理学療法を開始し、立ち上がりや歩行能力の獲得を行うことによって、早期退院および社会復帰を目指します。救命病棟や集中治療室に入院されている重症な方であっても、早期離床を行うことによって、寝たきりや体力の低下を予防します。 中枢神経や運動器の疾患、がんなどで手術を受けられる場合、術後合併症を防ぐため、術前から呼吸法や動作指導を行います。術後は、翌日もしくは翌々日にベットサイドから開始し、状態に応じた理学療法を提供します。 呼吸器疾患の方に対しては、血圧や心拍数などのバイタルチェックを行いながら、筋力強化トレーニングや、歩行の指導、在宅酸素導入に向けたサポートなどを行います。 心疾患の方に対しては脈拍、血圧など身体の状態に注意しながら、医師・看護師と協同で、持久力の評価や、有酸素運動、生活指導を実施していきます。

主な理学療法対象疾患

  • 中枢神経疾患

    脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍、パーキンソン病など

  • 運動器疾患

    骨折、骨腫瘍、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、四肢切断など

  • 心疾患

    心不全、心筋梗塞、狭心症、開心術後など

  • 呼吸器疾患

    慢性閉塞性肺疾患、肺炎、肺がん、外科術後など

  • がん疾患

    頭頚部がん、乳がん、肝臓がん、膵臓がん、大腸がんなど

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス