リハビリテーション科

心臓リハビリテーションについて

~運動療法を行うことで、心疾患の改善をはかります~

診療内容

リハビリ風景

心臓リハビリテーションの目的は、循環器疾患をもつ患者さんの円滑な社会復帰、再発や悪化の予防を通して、生活の質を向上することです。
運動療法として、心電図や血圧などをチェックしながら、各人の身体能力に応じた運動をしていただきます。その他、冠危険因子の改善を目標とした食事指導や禁煙などの生活指導、服薬指導なども含まれます。

※ 医師、理学療法士、看護師、薬剤師、栄養管理士、臨床工学士が各々専門的立場から疾患について具体的な食事のとり方、服薬のしかた等を分かりやすくお話しする心臓病教室を開催しています。

さらに、実践を交えた救急蘇生についても講習を行っております。

心臓リハビリテーションには一般的に以下のような効果が証明されています。

  1. 心筋梗塞の再発や死亡率が減少します。(3年間で約25%の死亡率が低下)
  2. 運動能力向上により楽に動けるようになります。
  3. 狭心症、心不全の症状が軽減します。
  4. 動脈硬化の原因となる危険因子(高脂血症、糖尿病、肥満等)を是正します。
  5. 血管が自分で広がる能力(血管内皮機能)や自律神経の働きがよくなるとともに血栓ができにくくなります。
  6. 不安、うつ状態が改善し快適な社会生活を送ることができます。

主な対象疾患

急性心筋梗塞、狭心症、心不全、大血管疾患、開胸術(冠動脈バイパス術、弁膜症)後、閉塞性動脈硬化症など

当院で心臓リハビリテーションを希望される方へ

外来通院リハビリテーションを希望される方は、循環器内科心臓リハビリ外来(火曜日、担当:中島)を受診して下さい。
院外のかかりつけの先生経由で予約を取ることも可能です。

さぁ、私たちと一緒に頑張りましょう!

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス