放射線科

検査紹介

CT検査

CT検査とはガントリと呼ばれる箱の中でX線管とX線の検出器を回転させ、中心部の空間を通過した被写体にX線を照射し、得られた膨大なデータを演算することにより、連続的な断面像を得る検査です。10秒程度で全身を1mm以下の薄い間隔で撮影することが可能で、それらを利用した三次元画像作成も可能であることから非常に有用です。しかし、CT検査には被ばくの問題があり、その低減が課題となっております。

当センターのPhilips社製Brilliance iCT(256slice MDCT)とBrilliance 64(64 slice MDCT)は、被ばくを減らして画質を向上させることが可能であり、従来より20%以上の被ばく低減を達成しております。

Philips社製Brilliance iCT(256slice MDCT)

Philips社製Brilliance 64(64 slice MDCT)

頭部3DCTA画像

全大動脈~下肢の3DCTA画像とMIP画像

心臓3DCTA画像

冠動脈3DCTA画像

Philips社製Brilliance iCTを用いた、心臓(Coronary)CT検査は、心拍数100を超える高心拍の方に対しても、心拍・血圧を低下させるβブロッカーを使うことなく実施することが可能です。

冠動脈解析画像

冠動脈バイパス術後画像

MR検査 Magnetic Resonance (磁気共鳴)

身体の各組織に分布している水素の原子核がもっている磁気の共鳴現象を利用します。 もう少し説明を加えますと、高い磁場環境におかれた人体に、水素原子核が共鳴する電磁波をあて、その後に人体から出てくる電磁波を検出器で捕え、コンピュータで計算し画像を作ります。CT画像とよく似ていますが、原理が全く違うために得られる画像は似て否なるものです。MRは脳や脊椎の病変の診断に優れています。検査は、大きな筒の中に入って、数10~15分間で終わります。大きな音がしますがヘッドホンをつけていただきます。 当院では3T 1台、1.5T 2台が稼働しており、多くの皆様に診断価値の高い画像を提供出来ることを願っております。

SIEMENS社製 3T MR装置

頭部MRA

頭部MR

頭頸部MRA

腰椎MR

MRCP

肩関節MR

聴器MR

血管造影検査

血管造影検査とは

血管造影検査とは一般的にカテーテル検査などとも言われる検査です。通常のX線透視や撮影では血管を描出する事が困難なため、X線に写る造影剤という薬剤を用います。まず、手首や肘,足の付け根などからカテーテルと呼ばれる細い管を血管に挿入し、目的とする血管まで進めてカテーテルより造影剤を注入します。それにより、目的の血管を描出する事ができます。血管造影検査では、このように血管を描出するだけではなく、血管が狭くなり血液の流れが悪くなった部位を、カテーテル先端に風船(バルーン)が装備された特殊なカテーテルを用いて、その風船を膨らませ,血管を拡げる治療(経皮的冠動脈形成術:PCI、経皮的肺動脈形成術:BPAと経皮的血管形成術:PTA)や消化管出血や外傷による腹腔内出血などの止血(血管塞栓術)を行う治療も行っています。さらに、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対して、コイルと呼ばれるプラチナ製の糸状の金属を用いて動脈瘤を詰める治療(コイル塞栓術)や、癌細胞へ流れる血液(動脈)を塞ぐ事により、癌細胞を兵糧攻めにして死滅させる治療(動脈塞栓術)など、当院ではカテーテルを用いた血管内治療は数多く行われています。
平成26年9月に、2台の血管撮影装置が更新され、心臓領域用としてPHILIPS社製 Allura Xper FD10/10 、頭部、腹部、大血管領域としてPHILIPS社製 Allura Xper FD20/20が導入されました。

Philips社製Allura Xper FD10/10

Philips社製Allura Xper FD20/20

今回、導入した装置は検出器(X線を可視化する部分)にFPD(フラットパネルディテクタ)が搭載されています。その最大の特徴は,高画質を得ることができることです。今回導入した装置はFPDを2器搭載(バイプレーン)しており、同時に2方向からの透視、撮影が可能で、検査時間短縮、使用造影剤の減量にも貢献できることです。さらに,PHILIPSの被ばく低減アルゴリズム(AlluraClarity)が搭載されているため、従来に比べて大幅な被ばく低減が実現できる様になり、より安全安心にカテーテル検査や血管内治療が行えるようになりました。

アイソトープ(RI)検査

アイソトープ検査とは

放射性同位元素を含む薬品(微量のガンマ線を放出する)を注射または錠剤タイプのものを飲むことにより、特定の臓器又は組織に取り込まれた薬品をガンマカメラ(SPECT装置)という装置で捕らえ、コンピュータ処理をすることにより画像を作成します。目的に応じて様々ですが、この放射性同位元素を含んだ薬品は、検査の骨、脳、甲状腺、肺、心臓、肝臓、腎臓、などの状態(機能)を調べることができます。

ガンマカメラ

ガンマカメラ(SPECT-CT)GE社製

当センターでは、平成24年4月に新しいガンマカメラ(Infinia3 Hawkeye4 GE社製)が導入されました。従来のガンマカメラにCT装置を組み合わせ一体型にしたものでSPECT-CT装置と呼ばれています。体内に取り込まれた放射性医薬品が身体の深部にある場合は、そのガンマ線が体内で吸収・減弱されることにより正確な情報としてガンマカメラで捕らえることができない場合があります。同一部位をCT撮影することにより、ガンマ線の吸収を補正することができ質の高い画像が提供できます。また、ガンマカメラの機能画像(SPECT画像)とCTの形態画像を重ね合わせて表示することもできるので、正常または異常部位の同定が容易になります。

吸収補正なし

吸収補正あり

SPECTとCTの融合画像

脳血流シンチ

脳血流画像

脳に流れる血液の状態を画像化し、血流障害を受けている部位が分かるほか、血流分布から認知症の診断にも使用されます。

負荷心筋血流シンチ

心臓の検査では、心臓を動かす筋肉(心筋)の障害の程度や広がりが分かります。心電図同期SPECTが可能となり心機能画像も得ることができます。その他、CTにより得られた冠動脈3D画像とSPECT画像を重ねることで、血流が低下している部位の責任血管が把握できます。

心電図同期SPECT画像

冠動脈3D画像とSPECTの融合画像

骨シンチ

全身の骨病変や転移検索、骨折の有無などを調べることができます。全身MIP画像も撮影できるため、あらゆる方向から診断することが可能となりました。

全身の骨シンチ画像

骨シンチMIP画像

PET-CT検査

当センターは、平成26年7月よりがんの早期発見・早期治療を行うためPET-CT装置を導入しました。
PET(Positron Emission Tomography)とは、ポジトロン(陽電子)という放射線を出す 「薬:FDG」を注射して、その薬の体内分布を画像化する検査法です。このPET装置にCTを組み合わせたものがPET-CTと呼ばれています。

PET-CT装置 GE社製

PET-CTの構造

脳血流画像

このFDGとは、フルオロデオキシグルコース というグルコース(ブドウ糖)に似た薬です。
がん細胞は、正常な細胞に比べて活動が活発な ため、3~8倍のブドウ糖を取り込むという特徴 があります。この性質を利用し、がん細胞を画像 上に黒く表示させます。

PETは、体内の細胞活動を画像化できますが、体内のどの位置に存在するのかおおよその場所しかわかりません。そこで体内の形を画像化するCTを撮影し、PET画像と重ね合わせることによりがん細胞の位置がより分かりやすくなります。

放射線治療

高精度放射線治療棟

令和2年3月より運用を開始した高精度放射線治療棟は落ち着いた雰囲気のデザインで、患者さんにリラックスしていただける空間となっています。
医師、診療放射線技師、看護師がチーム一丸となって放射線治療を受ける患者さんをサポートします。

放射線治療装置
True Beam STx(Varian社)

放射線治療装置
Vital Beam(Varian社)

治療計画用CT装置
Aquilion LB(Canon社)

当院の高精度放射線治療棟では2台の最新鋭放射線治療装置と、治療計画専用のCT装置を使用しています。

高性能な装置が可能にする高精度な放射線治療

IGRT(画像誘導放射線治療)

IGRTとは、2方向以上の二次元画像、三次元画像、または三次元患者体表面情報に基づいて、治療時の患者位置変位量を三次元的に計測、修正し、治療計画で決定した照射位置を可能な限り再現する照合技術です。

三次元画像を用いたIGRT

事前に撮影した治療計画CTの画像に、治療直前に撮影したCT画像(黄枠)を重ね合わせ誤差を修正する。

二次元画像を用いたIGRT

治療計画装置で作成した画像に、治療直前に撮影した画像(黄枠)を重ね合わせ誤差を修正する。

IMRT(強度変調放射線治療)

IMRTは、空間的、時間的に不均一な放射線強度を持つビームを多方向から照射することにより、病巣部に最適な線量分布を得る放射線治療法です。

IMRT(強度変調放射線治療)

がん診療における連携

治療成績の同等な疾患は、手術・化学放射線治療など両方の選択肢を提示しなければなりません。また、高齢者や合併症が理由で根治手術が受けられない患者でも放射線治療で治癒する場合が多数あります。手術拒否の場合も遜色ない治療成績が見込める場合は、放射線治療をおすすめします。
よい医療というのは、患者の病状、状態に応じた治療法として、根治治療から緩和治療の適切な選択肢を提示し、臨床応用することと考えています。このようなことは、病診連携および病病連携の場でも、同様に当てはまります。

当院では、各科のカンファレンスを介して、治療方針の決定、治療選択肢の提示を行い、患者様の要望に応じ、内科系診療科・外科系診療科・腫瘍内科・放射線治療科を受診できるようにしています。

<放射線治療医が参加している臨床カンファレンス>
①耳鼻咽喉科 頭頸部腫瘍カンファレンス(月曜 PM5:00-5:45)
②婦人科腫瘍術前カンファレンス(水曜 AM8:30-10:00)
③消化器がんカンファレンス(水曜 PM5:30-6:30)
④乳がんカンファレンス(月一回水曜 PM5:00-5:30)
⑤泌尿器科カンファレンス(木曜 AM8:10-9:00)
⑥骨転移カンファレンス(隔週木曜 PM5:00-5:30)
⑦呼吸器科カンファレンス(金曜 PM3:30-4:30)
<院内外の教育・広報活動>

がんステップI 放射線治療 (年1回)、各診療科病棟看護師講義(不定期)、京都看護助産学校講義、伏見区癌医療連携の会、伏見区市民公開講座、国立病院機構近畿ブロック技師研修講師、PEACE緩和ケア講習会「放射線治療」担当、相楽綴喜医師会学術講演会、各種放射線治療講演会など。

<他院からの御紹介について>

放射線治療科の新患日は週4回(火水木金曜)完全予約制になっておりますので、地域連携室を介して予約していただいた上で御紹介いただけますようお願いいたします。
通院が困難な患者様の紹介は、放射線治療科では、病床を持たないため原則的に当該臓器の診療科を受診の上、放射線治療科を紹介いただいております。

<治療実績>

※ 2020.3末より新装置運用開始

JASTRO 分類201820192020
脳脊髄6623
頭頸部514944
食道152429
肺気管縦隔9688114
乳腺656162
肝胆膵7928
消化器291335
婦人科211531
泌尿器444885
血液・リンパ192716
皮膚・骨軟骨022
その他悪性腫瘍222
良性3310
合計358347481

※ 2020年度 高精度照射 (全体の35.6%)

定位照射 脳転移・脳腫瘍 18
24
19
その他 (オリゴ転移など) 6
合計 67
IMRT 11
頭頸部 20
食道 6
15
肛門 2
婦人科 6
前立腺 41
リンパ腫 3
合計 104

脳SRS

脳SRS
脳SRS
脳SRS
脳SRS

Ⅲ期肺がんVMAT

Ⅲ期肺がんVMAT
Ⅲ期肺がんVMAT
Ⅲ期肺がんVMAT
Ⅲ期肺がんVMAT
Ⅲ期肺がんVMAT
Ⅲ期肺がんVMAT

頭頸部がん VMAT

頭頸部がん VMAT
頭頸部がん VMAT
頭頸部がん VMAT
頭頸部がん VMAT

MRI, 4DCTを用いた治療計画とDVH比較での計画検討

MRI, 4DCTを用いた治療計画とDVH比較での計画検討
MRI, 4DCTを用いた治療計画とDVH比較での計画検討

肺、肝および骨転移に対する体幹部定位照射

肺、肝および骨転移に対する体幹部定位照射
肺、肝および骨転移に対する体幹部定位照射

腹部骨盤領域のIMRT

腹部骨盤領域のIMRT
腹部骨盤領域のIMRT

品質管理業務

品質管理業務

品質管理業務

品質管理業務

治療計画を忠実に再現できるよう 日々品質管理をしています

品質管理業務

品質管理業務

品質管理業務

X線骨密度測定

骨粗鬆症とは・・・?

☆骨量が低下し、骨組織の微細構造が変化し、そのために骨が脆くなり骨折しやすくなった病態です。☆日本では約1100万人の患者がいると推測されています。

X線骨密度測定装置

加齢による変化のイメージ

測定結果

乳房撮影(マンモグラフィ)

マンモグラフィとは、乳がんの早期発見に有効な検査のひとつで、専用の装置を用いて乳房を挟むように圧迫して撮影します。
乳がんの罹患率は急速に増加しており、我が国においては、現在11人に1人が乳がんになると言われています。特に40~50歳代の女性では、がん死亡原因のトップになっています。幸いにも乳がんは早期に発見すれば治癒率が高い疾患です。そのため40歳を過ぎたら、2年に1度マンモグラフィを受けることが推奨されています。

ディジタルマンモグラフィ装置 富士フイルムメディカル株式会社 AMULET Innovality

2018年12月に装置が新しくなり、以前よりも低被ばくで解像度の高い画像が得られるようになりました。また、新たにトモシンセシスという断層撮影もできるようになり、乳腺の重なりによって発見が難しかった病変の診断に役立っています。

当院には、日本乳がん検診精度管理中央機構の認定読影医と女性技師が常勤しており、検診から精密検査まで幅広く対応していますので、安心して検査を受けていただけます。

電話番号0756419161 救命救急|24時間365日対応

アクセス
アクセス