国立病院総合医学会





フットセンター外来

フットセンター外来の受診を希望される皆様へ糖尿病と足についてのよくある質問糖尿病足病変について

フットセンター外来の受診を希望される皆様へ

6. 受診に関するよくある質問

Q1. どのような患者さんを対象としていますか?
Q2. 糖尿病ではないのですが、診察してもらえますか?
Q3. 糖尿病ではないのに、なぜ糖尿病センターを受診するのですか?
Q4. セカンドオピニオンを伺いたい場合の受診手順は?
Q5. 靴を作ってもらうためには、どのように受診すればいいですか?
Q6. 診察時に持参した方がよいものはありますか?

ライン


Q1. どのような患者さんを対象としていますか?
A1. 主に糖尿病による足の問題が起こった患者さんを対象としていますが、皮膚科、血管外科、形成外科、整形外科など幅広い専門科と連携していますので、糖尿病でなくとも足に気になる症状がある方すべてを対象としています。特に、足に症状があるけれども、どの科を受診したらよいか分からないような場合には、当外来で診察し、症状に見合った担当科にご紹介します。

Q2. 糖尿病ではないのですが、診察してもらえますか?
A2. はい。足に関係の深い皮膚科、血管外科、形成外科、整形外科など幅広い専門科と連携していますので、フットセンター外来から、症状に適した診療科をご紹介します。

Q3. 糖尿病ではないのに、なぜ糖尿病センターを受診するのですか?
A3. 当院のフットセンター外来の窓口が糖尿病センターにあるためです。そのため、糖尿病でなくとも、最初の診察では糖尿病センター内のフットセンター外来を受診頂くシステムとなっています。ご紹介状などから、どの専門医が最も適切であるかが容易に判断されるような場合では、皮膚科、血管外科、形成外科、整形外科などを直接、受診頂く場合もありますので、まずは初診受付までご来院ください。

Q4. セカンドオピニオンを伺いたい場合の受診手順は?
A4. 現在のかかりつけの医療機関から紹介状、および、かかりつけ医からの各種検査結果を持参のうえ、通常どおり、初診受付をすませ、糖尿病センターにお越しください。かかりつけの医療機関から、本院の予約を取れる場合があります。詳しくは、当院のホームページをご参照下さい。

Q5. 靴を作ってもらいたいのですが、いつ受診すればいいですか?
A5. 靴または中敷きの作製は、木曜日午後のフットウェア外来にて行っておりますが、まずは火曜日午後のフットセンター外来か月曜日の糖尿病フットケア外来を受診ください。靴・中敷きは、医療的に必要と判断された場合にのみ、作製します。そのため、まずはフットセンター外来かフットケア外来で診察を行い、医療的に靴・中敷が必要と判断された方に対し、木曜日午後のフットウェア外来の予約をおとりする、というシステムになっています。

Q6. 診察時に持参した方がよいものはありますか?
A6. 別の医療機関で行った検査結果、レントゲン、MRI、CTなどがありましたら、検査の重複を避けるためにもぜひお持ちください。また、履物についての質問や問題について受診する場合は、普段、履いている靴をお持ち頂けますと、診察の助けとなる場合もありますので、お持ちください。